自律神経失調症には色々な種類があるのですか?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

自律神経失調症には色々な種類があるのですか?

クリニックブログ

2017.10.05

自律神経失調症には色々な種類があるのですか?

●どんな人が自律神経失調症になりやすいのですか?

 ⇒自律神経失調症はどちらかといえば女性の方がなりやすいと言われています。それは女性には生理・妊娠・更年期といったホルモン量が大幅に変化する機会が多く、その分バランスを崩しやすくなると考えられているからです。また男女共に性格としてはまじめ、几帳面、完璧主義といった方がなりやすく、うつ病になりやすいと考えられているのと同じような人が自律神経失調症にもなりやすいと考えられています。

●自律神経失調症にも色々な種類があるのですか?

 ⇒大きく分けると4つあると言われています。

1つ目の「本態性自律神経失調症」は自律神経の調節機能が元々乱れやすい体質の方に起こりやすいものです。虚弱体質や低血圧の人に多いと言われていて、検査をしても異常が見つからないですし、トリガーとなるような日常生活のストレスは他のタイプほど関与しません。

2つ目は「神経症型自律神経失調症」で心理的な影響が多く、ほんの少しの精神的ストレスでも敏感となって体調を崩してしまいます。感受性豊かなタイプが多いです。

3つ目は「心身症型自律神経失調症」で最も多いタイプです。日常生活のストレスから、心と体の両面に症状があらわれます。几帳面・真面目といった性格の人が当てはまると言われています。

4つ目は「抑うつ型自律神経失調症」で先ほどの心身症型自律神経失調症がさらに進行したものです。うつ症状や身体症状がみられるのですが、身体症状を改善する対症療法しか受けられないと長期間にわたって苦しむこととなります。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30