自律神経失調症の治療とはどのようにおこなうのですか?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

自律神経失調症の治療とはどのようにおこなうのですか?

クリニックブログ

2017.10.06

自律神経失調症の治療とはどのようにおこなうのですか?

●自律神経失調症の治療とはどのようにおこなうのですか?

 ⇒どのタイプの自律神経失調症によっても変わってきますが、生活面でのストレスや生活リズムを整えることで改善、発症を抑える、軽症化すると考えられています。その他には行動療法で睡眠リズムを整えるといった事も行われます。また薬物療法としてホルモン補充を行ったり、様々な漢方薬を組み合わせて処方したりすることもあります。その他にもベンゾジアゼピン系の抗不安薬や睡眠薬、抗うつ薬を少量使用することで、精神症状を和らげる手助けを行うこともあります。

時としてはマッサージやカウンセリングといったものも効くことがありますが、自律神経失調症にも様々な対応がありますし、他の合併症が潜んでいるケースがありますので、一度医師に相談することをお勧め致します。

●自律神経失調症は治りますか?

 ⇒原因となるのはストレスであることが多いのですので、ご自分でストレスをうまくコントロールしたり、生活リズムを整えたりすることによって、十分に元の状態に戻る事が可能です。

ただ、自律神経失調症で現れる身体症状・精神症状はうつ病・うつ状態の患者さんに見られるものと非常に似通っております。ですので、お互いに合併しているケースもあれば、自律神経失調症だと思っていたら実はうつ病であるという可能性もあります。ですので、気分の落ち込みがなかなか改善しない場合や消化器症状や頭痛、めまいなどが長期間続く場合は、様々な病気の可能性を考慮して、受診していただければと思います。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30