当院の患者様の治療例の一部をご紹介いたします。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

当院の患者様の治療例の一部をご紹介いたします。

治療例紹介

病名で絞り込む

認知症

食事をしたことなどを忘れてしまったり、最近物忘れが多くなり受診された患者様

患者様情報:女性 病名 : 認知症

  • 相談内容

    食事した事を忘れたり、何度も繰り返し説明しても忘れてしまう。外出すると自分の家がどこかわからなくなってしまうことが多くなり受診された患者様

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察および検査により、認知症と診断しました。認知症の多くの方は本人ではなく、家族につれられて受診されることが多いです。食事の内容を忘れるというよりは、食事したこと自体を忘れてしまうなどが特徴であり、周囲の介助者を大きく悩ませることも多いです。当院では、長谷川式簡易知能評価スケールやMMSEの認知症検査だけではなく、早期の認知症の診断も可能なADAS-cogやMoCA-Jなどの検査や地域連携MRI撮影も利用して、早期認知症診断に努めております。早期の認知症と診断された場合には、症状の進行を遅らせるお薬治療などもございますのでご相談ください。

認知症について詳しく見る

最近性格が大きく変わった気がする

患者様情報:女性 病名 : 認知症

  • 相談内容

    物忘れの進行とともに、それまでになかったイライラ・怒りっぽくなった性格の変化が出現しており、介助者が困って来院した。

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察および検査により、認知症と診断しました。認知症の方多くに、物忘れだけではなく、性格の変化を認めるとされております。若い頃にはなかった、強い怒りっぽさなど、大きな性格の変化を伴うことも多く、介助者を悩ませることも多いと考えられます。当院では性格変化ある認知症の患者様には、認知症のお薬だけではなく、気持ちの調整を目的とした、抗うつ薬や抗精神病薬などの検討もご相談・提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

認知症について詳しく見る

脳梗塞治療後から急に物忘れが強くなった

患者様情報:男性 病名 : 認知症

  • 相談内容

    脳梗塞の治療後から急に物忘れが進行した患者様

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察および検査により、認知症と診断しました。脳梗塞のような血管障害の進行の為に、脳の血管や機能の働きが低下してしまう、脳血管性認知症の場合には、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣から引き起こされる要素も強いので、それらの生活習慣病のコントロールも必要になります。なお、必ずしも脳梗塞のはっきりした症状が先行するわけではないので、脳のMRIなどの判断も併用して診断を行います。

認知症について詳しく見る

脳梗塞治療後から急に物忘れが強くなった

患者様情報:男性 病名 : 認知症

  • 相談内容

    脳梗塞の治療後から急に物忘れが進行した患者様

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察および検査により、認知症と診断しました。脳梗塞のような血管障害の進行の為に、脳の血管や機能の働きが低下してしまう、脳血管性認知症の場合には、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣から引き起こされる要素も強いので、それらの生活習慣病のコントロールも必要になります。なお、必ずしも脳梗塞のはっきりした症状が先行するわけではないので、脳のMRIなどの判断も併用して診断を行います。

認知症について詳しく見る

最近性格が大きく変わった気がする

患者様情報:女性 病名 : 認知症

  • 相談内容

    物忘れの進行とともに、それまでになかったイライラ・怒りっぽくなった性格の変化が出現しており、介助者が困って来院した。

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察および検査により、認知症と診断しました。認知症の方多くに、物忘れだけではなく、性格の変化を認めるとされております。若い頃にはなかった、強い怒りっぽさなど、大きな性格の変化を伴うことも多く、介助者を悩ませることも多いと考えられます。当院では性格変化ある認知症の患者様には、認知症のお薬だけではなく、気持ちの調整を目的とした、抗うつ薬や抗精神病薬などの検討もご相談・提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

認知症について詳しく見る

食事をしたことなどを忘れてしまったり、最近物忘れが多くなり受診された患者様

患者様情報:女性 病名 : 認知症

  • 相談内容

    食事した事を忘れたり、何度も繰り返し説明しても忘れてしまう。外出すると自分の家がどこかわからなくなってしまうことが多くなり受診された患者様

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察および検査により、認知症と診断しました。認知症の多くの方は本人ではなく、家族につれられて受診されることが多いです。食事の内容を忘れるというよりは、食事したこと自体を忘れてしまうなどが特徴であり、周囲の介助者を大きく悩ませることも多いです。当院では、長谷川式簡易知能評価スケールやMMSEの認知症検査だけではなく、早期の認知症の診断も可能なADAS-cogやMoCA-Jなどの検査や地域連携MRI撮影も利用して、早期認知症診断に努めております。早期の認知症と診断された場合には、症状の進行を遅らせるお薬治療などもございますのでご相談ください。

認知症について詳しく見る

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30