治療例紹介

治療例紹介

もしかしたら自分は重大な病気かもしれない、自分がとる行動すべてが相手を傷つけているのではないかと不安になる

もしかしたら自分は重大な病気かもしれない、自分がとる行動すべてが相手を傷つけているのではないかと不安になる

  • 相談内容

    ふとした瞬間に自分は重大な病気かもしれないと不安になり、日常生活がうまく送れない。自動車の運転や、歩行時の物音や物の移動など、自分の行動が相手を傷つけているのではないかと何度も不安になってしまう症状で受診されました。

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    治療内容は患者様によって異なります

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、不安障害と診断しました。日常の多くの行動が不安の症状が強く出てしまい、本人も心と体も共に強い疲労となり、外出ができず自宅に引きこもるようになってしまいました。また。不安な気持ちと合わせて、抑うつ症状が強く出ており、うつ病の併発も診断されましたので、抗不安薬や抗うつ薬の併用を開始し、少しづつ気持ちが楽になることで、外出や勤務もできるようになりました。

不安神経症・強迫性障害について詳しく見る

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間