栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院
栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院

名古屋市栄でうつ病治療なら、カウンセリングや漢方治療も提案する心療内科・メンタルクリニック・精神科のひだまりこころクリニック栄院へ

052-971-0900

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は24時間受付

052-971-0900

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は24時間受付

クリニックブログ

2019.08.12

栄でうつ病治療なら、ひだまりこころクリニック栄院へ

うつ病でお困りではありませんか?うつ病はただの落ち込みではありません

うつ病は憂鬱な気持ちが継続してしまう疾患です。ですが、ただの落ち込みと異なって、憂鬱な気持ちが、必要以上に継続してしまったり、憂鬱な気持ちが長く出てしまうために、朝起きれなくなったり、会社に行けなくなったりと社会生活にも支障を来してしまいます。

また、家事が手につかなくなってしまうことや、食事や睡眠などもリズムが崩れてしまい、社会生活以外にも日常生活にまで支障を来してしまう程、抑うつ症状が出てしまうのが「うつ病」の特徴なのです。

 

普段と比べて”なんだか違う落ち込みだな”と思われた方は、我慢しすぎずにご相談くださいませ

“落ち込んでいるだけにしてはちょっと違う”、“なんだかいつもより落ち込み方が変だな”、と【普段よりちょっと違和感を感じている】方はいませんか?

うつ病は早期に治療を開始することで治療期間が短縮でき、投薬量も減量できたり、カウンセリング治療のみで回復される方もみえますので、我慢しすぎて大きく悪化してしまう前に、一度心療内科・メンタルクリニック・精神科までご相談されることをお勧めいたします。

 

うつ病になると慢性的な体調の悪さで、適切な判断がしづらくなってしまいます
周囲の人たちからの体調の心配にも関わらず、うつ病のご本人は「まだ大丈夫」と言ってしまうことも

うつ病にかかられる方の特徴として、「無理しすぎてしまう」「周囲の人たちと上手に振舞おうとしてしまう」「完璧主義」「過敏である」等々の特徴が指摘をされております。

もちろん、特徴が一つも当てはまらない方も、うつ病と診断される方も多くみえますので、自己判断は禁物です。

特に、仕事や家庭での責任感が強い人はうつ病に多く、ご自身のうつ病で治療や療養のために、周りの人たちに迷惑をかけてしまうかもしれないと懸念して、うつ病の症状を我慢して無理しすぎてしまう人たちも多いという点には、注意が必要です。

 

うつ病の治療には、適切な薬物療法や、カウンセリング・心理療法と適度な休息が重要です。

うつ病の原因としては、多くは心身を疲弊させるストレスだといわれております。抗うつ薬を主体とした、薬物療法はうつ病の標準的な治療ですが、適度な休息も併用することで心身の疲労の回復を早く促すことができます。

また、カウンセリングや心理療法で、ぐるぐるとネガティブ思考になってしまっている考え方のクセの見直しや、「無理しすぎてしまう」などのストレスを抱えこみやすくなってしまう考え方のクセの見直しなどを心理療法の治療の目標とすることがあります。

もちろん、患者様お一人お一人の症状に応じて、治療法をご提案させていただきますので、お気軽にご相談下さいませ。

また、うつ病の症状によっては、カウンセリング治療のみでのご提案や、保険診療の漢方治療などをご提案させていただいております。

 

名古屋市栄の心療内科・メンタルクリニックの「ひだまりこころクリニック栄院」までお気軽にご相談くださいませ

ひだまりこころクリニック栄院は名古屋市栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックです。名古屋市から多くの患者様が来院されており、複数名の常勤医師と心理士さらには精神保健福祉士が力を合わせて、診療に携わっております。

精神保健福祉士の協力の元、名古屋市などでリワークや訪問看護、自立支援医療制度などの医療制度のご案内やサポートなどの連携の実績も多数ありますので、お気軽にご相談ください。

当院は、医師を筆頭に、医療専門職が協力をして診療しているので、カウンセリング治療や社会福祉サービスや、医療福祉サービスなどのご提案や連携も行って、最小限の薬と最大限の効果を目指した薬に頼りすぎない治療をご提案しております。

 

詳しいうつ病の説明はこちら

トップページ