栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院
栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院

サンシャイン栄内にあるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

052-971-0900

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は24時間受付

052-971-0900

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は24時間受付

診療科目

当クリニックでは、このような病気で来院される患者様が多くいらっしゃいます。
その他にも何か気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

  • うつ病

    “寝ても疲れが取れない“”ずっと落ち込んで体がだるい” それってうつ病の始まりかもしれません

    うつ病の症状とは,ほぼ 1 日中の気分の落ち込みだけでなく,楽しいはずのことが楽しめなくなったり,自分に無価値感を抱いたり,過剰あるいは不適切な罪悪感をもったりしてしまいます。 憂鬱な気分だけではなく、不眠やだるさなどの体の不調を伴ったり、心身に関連したいくつかの症状が今までに経験したことがないほど重くのしかかり、それが途切れることなく 1 ⽇中持続し、2週間以上たっても改善が⾒られないような状態がうつ病なのです。

    詳しく見る
  • 適応障害

    適応障害で悩まれていませんか?

    適応障害はストレス負荷が大きいために、心身へと症状が出てしまっている状況です。憂鬱な気持ちや不安心配の気持ちが強くなってしまうなどの抑うつ状態や不安状態も強く出るので、日常生活や社会生活に影響も及ぼしやすいです。適応障害でお悩みの方は心療内科・精神科へご相談くださいませ

    詳しく見る
  • 新型うつ病

    新型うつ病・非定型うつ病とは何でしょうか?

    新型うつ病・非定型うつ病は経過が慢性化しやすいといわれておりますが、適切な治療と専門職のサポートによる生活リズムの調整や復職プログラムが回復にとても重要な疾患です 特に、生活リズムの調整や復職に向けての準備はご自身だけで行うには負担が大きい事もございますので是非ご利用くださいませ。

    詳しく見る
  • 女性のうつ病

    うつ病でお悩みの女性の方へ

    月経などのホルモンのバランスだけではなく、女性特有の体の変調とは様々です。現在、多くのストレス環境は、そのような体の変調に絡んでより身体面や精神面を不安定にさせやすくしているかもしれません。 女性のうつ病は、早期に適切な治療を開始するのが望ましいので、我慢しすぎず心療内科・精神科までご相談くださいませ。

    詳しく見る
  • 仮面うつ病

    「仮面うつ病」と「うつ病」の違いは何でしょうか?

    仮面うつ病は、落ち込みの精神症状よりも、肩こりや頭痛、倦怠感、体が動きにくいなどの身体症状が比較的強く出ているうつ病です。うつ病の治療で、仮面うつ病にも治療効果がありますのでお気軽にご相談くださいませ

    詳しく見る
  • 不眠症・睡眠障害

    眠れない毎日からサヨウナラ

    睡眠障害は、「眠れない」という苦痛だけではありません。日中に襲われる眠気や、だるさ、集中力が続かないなど、心と体にさまざまな影響を及ぼします。専門医の指導のもと適切な治療を行えば、毎晩ぐっすり眠れるようになります。

    詳しく見る
  • 不安神経症・強迫性障害

    「考えすぎ」や「心配性」と思い込まないで

    不安障害というのは、不安や恐怖の感情が、普段の状態とは異なって過剰に付きまとってしまい、日常生活に支障をきたしてしまうことです。過度のストレスや疲れなどをきっかけとして、感情のバランスが崩れてしまい、理由に不釣り合いな不安と恐怖が出つづけてきてしまうのです。

    詳しく見る
  • 自律神経失調症

    「慢性的なだるさなどで困っている」 「病院では検査して異常はないと言われた」 そんなあなたも、私たちと共に日常を取り戻してみませんか?

    自律神経失調症とは、自律神経がバランスを崩してしまったことです。「自律神経」というのは、脳・胸・腹、筋肉・皮膚を含む、ほとんどすべての全身に分布している神経であり、多くは心臓の循環や呼吸・排泄などをつかさどり、その役割も昼と夜で少しづつ異なっており、私たちの生活のリズムには欠かせない存在が「自律神経」といわれております。

    詳しく見る
  • 大人の発達障害・ADHD

    うまくいかない、周りと違和感をずっと感じている。もしかして“ADHDかも?“と思ったら

    ADHDとは注意や行動を“場に応じてコントロールすることが苦手”な状態のために様々な症状やミスや不注意などの症状が出てきてしまいます。 原因としては活動を整える脳の働きが生まれつき偏ってしまっているのではないかと言われていますが、まだはっきりした原因は分かっていません。

    詳しく見る
  • パニック障害

    動悸や息切れでもう悩まないで

    パニック障害は「パニック発作」と「予期不安」という症状があり、100人に2〜3人が発作すると言われています。 突然起こる激しい動悸発作、頻脈やこのままでは死んでしまうというような強い不安に襲われる病気です。また、この発作が度々起きることで、発作がまた出るのではないかという予期不安を体験することがあります。

    詳しく見る
  • ADHD・注意欠陥多動性障害

    落ち着きがないといわれる、やんちゃ、ミスが多いなどなど、、、ADHDの症状かもしれないとお困りではありませんか?

    不注意や衝動や落ち着きの無さなどの症状は、周りからも「しつけの問題」、「ちゃんとしていない」等の指摘を受けてしまったり、周りよりも怒られる回数が増えてしまうことがある為に、自己肯定感が低く、自信が低下している事が多いです。ADHD・注意欠陥多動性障害の治療には不注意や衝動の症状に対する服薬治療だけではなく、行動療法や環境調整などの心理療法、カウンセリングなどもあります。

    詳しく見る
  • 強迫性障害

    繰り返し不要と分かっているのに、止められない

    強迫性障害は、ご自身でも症状を止めたい、繰り返していることをばかばかしいと感じてしまうために、余計に「恥ずかしい」「変だと思われたらどうしよう」という想いが強く、ご自身で我慢をしたりしてしまうことも多いのです。強迫性障害はカウンセリング治療も行うことができる症状ですので是非ご相談くださいませ

    詳しく見る
  • 不安障害

    不安障害とは

    不安障害かともお悩みではありませんか?不安障害は、パニック障害や全般性不安障害・社交不安障害屋、その他の恐怖症などを含んだ概念です。不釣り合いな程の不安がおそってくるために、身体症状や精神症状が強く影響を受けてしまい、心身共に疲弊しやすいのです。薬物療法だけではなく、認知行動療法を主体とした心理療法もございますのでお気軽にご相談くださいませ。

    詳しく見る
  • 社交不安障害

    人前でのあがり症状でお悩みではありませんか?

    社交不安障害は人前のあがり症状が主となる疾患ですが、実はあがり症状が強かったり、またその様な症状の為に周りから評価を得られなくなってしまったりなどするために、自信の喪失や、人前での行動を極端に避けて過ごさないといけない程に生活の影響が出てしまうことがあるのです

    詳しく見る
  • 全般性不安障害

    全般性不安障害ではあらゆる事に対して不安の感情が出てしまうのです

    全般性不安障害は、「歩いていると誰かにぶつかって怪我をさせてしまうかもしれない」、「天気が悪いのは何か不吉な事が起こるのかもしれない」、「自分が何か大きな病気になっているかもしれないと不安が止まらない」、といった普段の日常の出来事からどんどんと不安感情が出てきてしまうのです。不安が継続するたために、同時に緊張感を伴いやすい為、頭痛などの身体症状を併発してしまっている場合もあります

    詳しく見る
  • 認知症

    物忘れが増えた..と
    心配ではありませんか?

    「認知症」とは老いにともない、脳の働きが衰えて記憶・判断力の障害などが起こり、意識障害はないものの社会生活や対人関係に支障が出ている状態をいいます。認知症は原因により、アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などに分類され、それぞれに治療法や対処法が異なります。

    詳しく見る
  • 統合失調症

    治りにくいといったイメージを捨てて、 まずは日常生活を取り戻してみませんか?

    統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。「コミュニケーションが取れなくなる」「治りにくい」と誤ったイメージがありますが、心の働きの多くは保たれ、日常生活に復帰するまで回復可能です。考えや行動・感情を1つの目的に沿ってまとめていく能力(統合能力)が長期間にわたって低下し、その経過中に幻覚や妄想、まとまりのない行動がみられる病気です。

    詳しく見る
  • 双極性障害(躁うつ病)

    急に調子が良くなって活発になったり、落ち込んで何も手につかなくなったり。そのような気分の上がり下がりでお悩みではありませんか??

    気分の調子が下がることが継続していたり、過活動的になったり等の症状でお困りではありませんか?症状が一旦良くなっても、躁うつ病は波をまた経ることがある為に、継続的に通院することが大切です。また、その様な症状の為に、人間関係や就労環境になじむことができなかったりすることもありますので、専門職のサポートでまずは日常生活のリズムや、復職支援の取り組みに参加してみると社会性の低下にもつながりにくいです。

    詳しく見る
  • むずむず脚症候群(RLS:レストレスレッグス症候群)

    むずむず脚症候群でお悩みではありませんか?

    夜になったり、じっとしていると足がムズムズした感覚が出てきて落ち着かないし、睡眠も十分にとれないとお悩みではありませんか?薬物治療だけではなく、生活環境調整も症状には有効といわれておりますので是非ご相談ください。

    詳しく見る