栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院
栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院

限局性恐怖症,Specific phobia,SPに関する疾患について名古屋市栄の心療内科,精神科,メンタルクリニックが詳説しております

052-971-0900

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は24時間受付

052-971-0900

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は24時間受付

限局性恐怖症

限局性恐怖症とは

限局性恐怖症の診断・治療は心療内科 ひだまりこころクリニック栄院

限局性恐怖症は特定の状況や物に対して不安や恐怖を強く感じてしまう疾患です

限局性恐怖症(Specific phobia:SP)は個別的恐怖症や特異的恐怖症とも呼ばれ、特定の状況下や対象物に対して強い恐怖や不安が生じてしまう状況を指しています。

比較的幼少期から発症しているにも関わらず、何十年と慢性的に経過しやすい事、更にはパニック発作やパニック障害不安症など、他の精神疾患も合併しやすい点にも、注意が必要です。

限局性恐怖症とは何ですか?

個別的恐怖症や特異的恐怖症とも言われている恐怖症の一種です

限局性恐怖症とは、恐怖症の中でも特定の状況や物、場所で強い恐怖を感じてしまう疾患です。

 

強い恐怖や不安の為に、パニック発作を呈してしまったりするだけではなく、パニック障害うつ病不安障害を合併してしまう事もあります。

 

また、そのような発作や恐怖が高ぶりやすい状況を避けて生活を送らざるを得ない人達も多いのが特徴です。

限局性恐怖症の診断や治療なら心療内科へご相談ください

限局性恐怖症の症状の特徴とは何でしょうか?

特定の状況や対象物いついてはとても個人差が大きいのが特徴です。

限局性恐怖症の特徴は、クモやヘビ、ムカデやゴキブリ、更には犬や馬、などの植物や動物で症状が誘発される人もいます。

また、高所や閉所、更には暗闇、公衆トイレ、飛行機、エレベーター、船などの場所や空間での恐怖症

水や雷、嵐などへの恐怖症

血液やケガ、刃物や注射器(などの先端)に対する恐怖症

伝染病や性病(特にエイズ)、放射線に対する恐怖症

など、様々な症状があります。もちろんこれ以外にも特徴とした恐怖症は沢山ありますのでお気軽にご相談くださいませ。

名古屋市栄の心療内科メンタルクリニックのひだまりこころクリニック栄院名古屋市金山の心療内科メンタルクリニックのひだまりこころクリニック金山院あま市の心療内科メンタルクリニック,精神科のひだまりこころクリニック

限局性恐怖症について
もっと詳しく知りましょう

日常生活の中で
現れやすいサイン

  • 恐怖や不安が強くなる場所を避けて行動をしようとする
  • そのような物や場所を想像するだけで、恐怖や不安が増幅されてしまう

限局性恐怖症の症状

精神面の症状
身体面の症状
  • 不安感
  • 恐怖感
  • 嫌悪感
  • ずっと頭の中から離れない感じ
  • 思考が停止する感覚
  • 蒼白感
  • 憂うつ感
  • 発汗
  • 失神感
  • 震え
  • ふらつき
  • 悲鳴
  • 涙が出る
  • 叫ぶ
上記のような症状が出た結果…
  • 1生活で避けるようになってしまう

    特定の恐怖に触れないように、生活や職業を制限して行動・選択せざるを得なくなる

  • 2抑うつ気分や不安感が継続してしまう

    うつ病や不安障害などの他のメンタル疾患を合併してしまう事もある

限局性恐怖症について

限局性恐怖症の診断とは?

限局性恐怖症の診断には5つの重要な要素があります

【要素①】特定の状況や物・場所に対する強い恐怖や不安の存在

【要素②】その状況下に置かれると、すぐに恐怖や不安が出現する

【要素③】そのような状況下を避けて行動(回避行動)を継続してしまっている

【要素④】症状が原則6か月以上継続している

【要素⑤】そのような恐怖や不安の症状、更には回避行動の為に社会や職業上で支障や障害を生んでいる

上記は診断基準を要約した内容になっております。特に、恐怖症は他の疾患とも症状が重なるように見えることもあります。

例えば、心身症や強迫性障害全般性不安障害や、社交不安障害などとの恐怖症状の鑑別は医師の診察をお受けになることをおすすめいたします。もしお困りの症状がありましたら自己判断なさらずに医療機関までご相談くださいませ。

限局性恐怖症の辛い症状でお困りの方は心療内科までご相談ください

限局性恐怖症の対象や状況とは?

限局性恐怖症の対象や状況についてはとても多くの種類が存在しています。

【場所】閉所や高所、飛行機や船、エレベーター、公衆トイレなど

【動物や昆虫】馬やイヌ、ネコ、クモやヘビ、ゴキブリ、ムカデなど

【自然】水場、海や湖、川、雷、嵐など

【血液・ケガ】血液、ケガ、刃物や注射器、先端のとがった物など

【疾病】性感染症、疫病、エイズなど

【その他】窒息するかもしれない、嘔吐をするかもしれない場所、大きな音など

頻度の多いものから頻度の少ないものまで、様々な状況や対象物が挙げられます。

名古屋市の心療内科ひだまりこころクリニック栄院へ限局性恐怖症もご相談ください

限局性恐怖症の頻度とは?

限局性恐怖症は、男性よりも女性の方が1.5倍から2倍程度なりやすいと言われております。

また、米国では最も多く見られる精神疾患の一つとされており、人口の5~10%程度の人たちがこの障害で苦しんでいると報告されています。

また、日本での生涯有病率は約3.4%であり、男性と女性割合は1:2と女性の方が割合が多いと言われております。

限局性恐怖症の注意事項とは?

【注意事項①】合併症の多さ

限局性恐怖症は不安症うつ病双極性障害などの気分障害との合併が多いと言われており、限局性恐怖症の50~80%の方に合併症の存在について報告がなされています。

また、限局性恐怖症の1/3の人たちにうつ病の合併が認められると報告もなされています

【注意事項②】成人まで症状を有していると医療介入が必要に

また、他の不安障害や疾患と比較して、限局性恐怖症は10歳以前の幼少期から発症しやすいと言われています

そして、症状は悪化・軽快を繰り返しながらも継続しやすく、自然寛解例もみられるものの、成人まで症状を呈している方は自然寛解が難しいと言われております

心療内科ひだまりこころクリニック栄院へ限局性恐怖症も相談ください

限局性恐怖症の原因とは?

扁桃体の過活動や、前頭前皮質の機能不全が原因でないかと考えられています。また、”否定的な考え”の傾向を持っている気質要因や、過保護や離別等の環境要因などが挙げられています。

親に限局性恐怖症を持つ人になりやすいといった遺伝的要因の存在も指摘がなされています。

名古屋市栄の心療内科メンタルクリニックのひだまりこころクリニック栄院名古屋市金山の心療内科メンタルクリニックのひだまりこころクリニック金山院あま市の心療内科メンタルクリニック,精神科のひだまりこころクリニック

野村紀夫 監修

ひだまりこころクリニック 理事長 / 名古屋大学医学部卒業

保有資格 / 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医、日本精神神経学会 指導医、認知症サポート医など

所属学会 / 日本精神神経学会、日本心療内科学会、日本うつ病学会、日本認知症学会など

治療について

限局性恐怖症の治療とは

限局性恐怖症の治療には、カウンセリング・心理療法や薬物療法が有効です

また、これらの治療の取り組みは、患者さん自身が、自分の症状や状況に対して十分に理解しており、問題が明確にされている状況がとても重要です。

限局性恐怖症の診断と治療なら名古屋市栄の心療内科ひだまりこころクリニック栄院へ

治療法1
カウンセリング・心理療法

恐怖や不安に対する認知面の修正を目的とした、行動療法や暴露療法が有効です。 比較的恐怖や不安の程度が低いものから始めて、不安や恐怖を克服できるといった実体験を重ねて、対象物や状況から感じられる不安や恐怖は克服しうるものであるという実績を積み重ねていく手法です。 特に、絵や写真・パソコンなど、模擬画や被写体を用いて最初は取り組むなど、段階的な克服への取り組みや、心理士との連携や信頼関係も大切です 時に、抗不安薬などを併用しながら、高ぶる不安・恐怖感が緩和し乗り越えられ得るものであるといった体験の為に併用することもあります。

治療法2
薬物療法

抗不安薬などの不安や恐怖を緩和させるための治療薬として使用されます。 職業や生活面から、どうしても避けて通れない場面で対処療法的に使用するだけではなくカウンセリングや心理療法、更には外来での心理教育と併用して、認知面の修正の為に一緒に用いられることも多い治療薬です。

対応の仕方

限局性恐怖症は「大げさ」などではありません

限局性恐怖症は扁桃体の過活動や皮質の機能不全などの影響が原因ではないかと考えられており「大げさ」「わざとらしい」のではなく、病状の為に、そのような恐怖や不安感が強く体験されてしまうのです。 周囲の方達からの理解や、通院に対するサポートなども大切です。

診療科目一覧