七宝町・大治町・清須市・稲沢市・津島市・愛西市から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
つらい時、悩んでいる時、いつでも気軽に相談できるひだまりこころクリニック
つらい時、悩んでいる時、いつでも気軽に相談できるひだまりこころクリニック
つらい時、悩んでいる時、いつでも気軽に相談できるひだまりこころクリニック
つらい時、悩んでいる時、いつでも気軽に相談できるひだまりこころクリニック

七宝町・大治町・清須市・稲沢市・津島市・愛西市から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

つらい時、悩んでいる時、
いつでも気軽に相談できるクリニック

ひだまりこころクリニック特徴

11月25日(土)診療日です

初診は毎日受付しております。
本日あと初診4名受付が可能です。
お気軽にお電話ください。

クリニックからのご案内

10月12日(木)にホームページをリニューアルしました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ひだまりこころクリニックスタッフ

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:052-441-0800タップで電話をかける

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

point
クリニックの特徴

  1. 初診は毎日受付、日曜も診察なんでも相談してください

    1初診は毎日受付、日曜も診察
    つらい時にすぐ
    ご相談いただけます!

    ひだまりこころクリニックでは、初診を毎日受け付けております。それは、「つらいから少しでも早く診てほしい...」「今日なら病院に行けそうな気分」など、患者さまは受診したいと思った時に、すぐにご相談いただけるようにとの思いから。すぐに診てほしいのに初診は数週間待ち、なんてことはありませんので、いつでもお気軽にお越しください。

    詳しく見る

  2. 60名以上の医師やスタッフが在籍

    260名以上の医師やスタッフが在籍
    相性の合う先生が見つかりやすい!

    当院では総勢60名以上の医師やスタッフで診療を行っています。
    治療には医師との相性も大きく影響してきます。当院では、医師も多く、女性医師も在籍していますので、きっとあなたと相性の合う先生が見つかります。

    詳しく見る

  3. 月間3000人以上が来院多くの患者様にご来店いただご来店いただいています

    3月間3000人以上が来院
    圧倒的な症例数で幅広い症状に
    対応します!

    現在、当院は月間3000名以上の患者さまに来院いただいております(2017年6月現在)。
    受診いただいた多くの方から「受診しやすかった」「雰囲気も明るくて良かった」というお声をたくさんいただいています。

    詳しく見る

下記の症状で
1つでも当てはまる方は、
一人で悩まずに、
まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、このような症状で来院されています。
上記以外にも、「こんなことで受診していいのかな・・・」と迷ったらまずは一度お電話ください。

tel:052-441-0800タップで電話をかけるお電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで
ひだまりこころクリニック看護師

ひだまりこころクリニック看護師

  • 症状チェック

    夜中に何度も目が覚める

    寝つきが悪くなったり、
    夜中に何度も目が覚める

  • 症状チェック

    物忘れが増えた気がする

    物忘れが増えた気がする

  • 症状チェック

    突然の動悸や息苦しさを感じる

    突然の動悸や息苦しさを
    感じる
    のに、
    体の異常はないと
    言われた

  • 症状チェック

    感情が抑えにくくなった

    気分の波が
    大きくなり
    感情が抑えにくく
    なった

  • 症状チェック

    気分が落ち込んで何もする気が起きず、元気がなくなった

    気分が落ち込んで何もする気が起きず
    元気がなくなった

  • 症状チェック

    不安で何度も確認してしまう

    鍵を閉めたか、
    火を消したか
    不安で何度も
    確認してしまう

  • 症状チェック

    会社に行けなくなったり、家事ができなくなった

    会社に行けなくなったり、
    家事ができなく
    なった

  • 症状チェック

    気が散ったり、ミスが目立つようになった

    気が散ったり、
    ミスが目立つ

    ように
    なった

患者様の治療例ひだまりこころクリニックスタッフ

患者様の治療例ひだまりこころクリニックスタッフ

voice
患者様の声

当院では来院された患者さんの多くが
“来て良かった!”と答えています

ひだまりこころクリニックスタッフ 患者様からいただいたメッセージ

ひだまりこころクリニックスタッフ 患者様からいただいたメッセージ

  • 患者様 女性 30代/女性

    一人で悩んでいた時間がもったいなかったです。もっと早く相談すればよかった!

    仕事の人間関係で悩み、憂鬱な気分が強くなって仕事が行けなくなった時に、このクリニックを見つけました。メンタルクリニックは...

    続きを読む

    続きを読む

  • 患者様 女性 20代/女性

    病院の雰囲気がよかった。明るい感じで、スタッフもたくさんいて安心できました。

    はじめての病院で不安でしたが、病院の雰囲気は明るくて、かわいらしい感じで入りやすかったです。院内もスタッフが沢山いて、対...

    続きを読む

    続きを読む

  • 患者様 男性 10代/男性

    毎日診察しているのはとても助かります。

    初診も毎日診察しているので、突然の症状でも当日受診できたのはありがたかった。また、土日も診察してくれるので、仕事を継続し...

    続きを読む

    続きを読む

  • 患者様 女性 20代/女性

    先生に女性医師もいて、安心しました。

    病院に来て驚いたのは、沢山の先生が診察している事でした。先生に女性医師もいて、安心しました。

    続きを読む

    続きを読む

speciality
診療科目

ひだまりこころクリニックでは以下の病気の診察ができます。
その他にも数多くの病気の治療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

ひだまりこころクリニックスタッフ

  • うつ病

    健康な人でも強いストレスや不安を感じると気分が沈みます。しかし、その憂うつな気分や無気力な状態が2週間以上続き、日常生活...

    詳しく見る

  • 認知症

    「認知症」とは老いにともない、脳の働きが衰えて記憶・判断力の障害などが起こり、意識障害はないものの社会生活や対人関係に支...

    詳しく見る

  • 不眠症・睡眠障害

    睡眠障害は、「眠れない」という苦痛だけではありません。日中に襲われる眠気や、だるさ、集中力が続かないなど、心と体にさまざ...

    詳しく見る

  • 不安神経症・強迫性障害

    不安障害というのは、不安や恐怖の感情が、普段の状態とは異なって過剰に付きまとってしまい、日常生活に支障をきたしてしまうこ...

    詳しく見る

  • 自律神経失調症

    自律神経失調症とは、自律神経がバランスを崩してしまったことです。「自律神経」というのは、脳・胸・腹、筋肉・皮膚を含む、ほ...

    詳しく見る

  • 統合失調症

    統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。「コミュニケーションが取れなくなる」「治りにくい」と誤ったイメ...

    詳しく見る

  • ADHD・大人の発達障害

    ADHDとは注意や行動を“場に応じてコントロールすることが苦手”な状態のために様々な症状やミスや不注意などの症状が出てき...

    詳しく見る

  • パニック障害

    パニック障害は「パニック発作」と「予期不安」という症状があり、100人に2〜3人が発作すると言われています。 突然起こる...

    詳しく見る

こんな時もご安心ください

こんな時もご安心ください

当院は患者様の健康を
何よりも願っております。

気になること・不安なことは
なんでもお尋ねください。

  • 予約を忘れてしまっても心配はいりません。
    気にせず改めてご来院ください!
  • 久しぶりの病院で不安がある...
    など、お気軽にお電話ください

column
クリニックブログ

  • パニック障害の治療はどのようなものですか?

    2017.11.24

    パニック障害の治療はどのようなものですか?

  • パニック障害とは何ですか?

    2017.11.23

    パニック障害とは何ですか?

  • 強迫性障害(OCD)の診断はどのようにしますか?

    2017.11.14

    強迫性障害(OCD)の診断はどのようにしますか?

  • 強迫性障害(OCD)に気づいたらどうすれば良いですか?

    2017.11.13

    強迫性障害(OCD)に気づいたらどうすれば良いですか?

  • スタッフ募集中
  • 医師募集中

メディア紹介

メディア紹介

message
精神科受診・心療内科が
初めての方へ

心療内科と精神科ってどんなところ?心療内科と精神科ってどんなところ?小児科や内科はわかるけど、心療内科と精神科ってどんなところ?

小児科や内科はわかるけど、心療内科と精神科ってどんなところ?

こんにちは。私は、愛知県あま市にて、「ひだまりこころクリニック」という、心療内科・精神科のクリニックをひらいている医師の野村です。

突然ですが、あなたは「心療内科・精神科にかかったことはありますか?」

「ワクチン予防接種・検診等で生後から病院に連れていってもらった。」という記憶は忘れてしまっていても、「熱や風邪をひいたら小児科にかかる」「歯が痛ければ歯医者さんにかかる」、と物心つく頃にはそう判断していたのは私だけではないはず。と思うのですがあなたはどうでしょうか?

そうして、私は体の成長に応じて内科にかかるようになりました。じゃあ「心療内科や精神科はいったいどんなところ?」 大学で医学を学ぶまでは心療内科や精神科がどういった場所なのかははっきり言って、私もとても漠然としたイメージを持っていました。実際に心療内科・精神科医師になって分かったことは小児科や内科や歯科と何ら変わらないということです。 つまりは「わが子に熱が出たから小児科へ連れて行かなきゃ」「風邪ひいたから今から診察してもらおう」「虫歯がないか心配」と同じで、「つらい気持ちが続いているから、診てもらいたい」「つらい気持ちがあり、仕事に行けなくなった」「症状について相談したい」など、生活の中で気付くあなたの症状についてお気軽に相談いただける場所が心療内科・精神科だと考えております。

私の考えとしては、ストレスや環境の変化によって気持ちのバランスが崩れると、不安になったり・イライラしたり・落ち込んだりなどのつらい気持ちが継続しやすくなり、体の症状や生活へも影響が出始めると考えております。もちろん、症状の強さや継続に応じて、うつ病などの病名が診断されることもありますし、うつ病の手前の状態と診断されることもあります。これは風邪と診断されても、その後の病状が悪化すると気管支炎や肺炎という診断となるのと同様です。

じゃあ昨今の日本の風潮である、つらい気持ちは「あなたが弱いからだ」と言われたり、あなた自身で「自分が弱いからだ」と思い込んだりすることはありませんか?たとえば、あなたが風邪を引いて仕事を休んだとしても、「風邪をひいたのはあなたが弱いからだ」と非難されたりしますか?もしかしたら胃腸炎、癌や事故に遭ったとしてもそのような事を言われてしまうでしょうか?

インフルエンザや盲腸を経験した人にしか、あのつらい症状が理解できないのと同様で、気持ちのつらさも、「弱さ」などで測れるものではないと考えておりますし、困っている・つらいと悩んでいる悩みに対して、「少しでもよくなりたい」「改善したい」と思うのはあなたの素直な気持ちだと感じております。もちろん、ひだまりこころクリニックはあなたのその気持ちを大切にしたいです。

実際にひだまりこころクリニックに受診されました患者様は、そもそも「心療内科や精神科としてかかったのが初めて」とおっしゃられる方が非常に多く、実際に受診されて「相談できてよかった。」「我慢せずにもっと早くかかればよかった」とおっしゃる多くのお声を頂いております。

実はこの事は、他の内科・小児科の医師ですら十分に理解されていないことが多い気がします。おそらく風邪や胃腸炎と異なり、心療内科・精神科の疾患はゆっくり進んでいくということが、風邪や胃腸炎と印象が大きく異なる為なのでしょうか。

我慢せず、ご自身でご判断せず、まずはご相談していただけたら幸いです。
当院では、患者様の「つらい気持ち」に耳を傾け、いつでも相談しやすいメンタルクリニックを目指しております。

続きを読む

「つらい症状や悩みをすぐに診てもらいたい」と思っていませんか?「つらい症状や悩みをすぐに診てもらいたい」と思っていませんか?「つらい症状や悩みをすぐに診てもらいたい」と思っていませんか?

「つらい症状や悩みをすぐに診てもらいたい」と思っていませんか?

ひだまりこころクリニックでは、あなたのつらい症状をすぐに相談していただけるように、土曜日・日曜日も診察を行っております。また、初めて受診される初診の方も、すぐに受診していただけるように当日の診療受付も可能です。まずはお気軽にお電話ください。

前述の
「小児科や内科はわかるけど、心療内科と精神科ってどんなところ?」でも繰り返しとなりますが、
「つらい気持ちが続いているから、診てもらいたい」「つらい気持ちがあり、仕事に行けなくなった」「症状について相談したい」そのような目的をもって受診される方は、ひだまりこころクリニックにはたくさんいらっしゃいます。

多くの方が、「つらい症状が継続していて困っている」「つらい症状が悪化していて困っている」とお話されて受診されるのです。

お仕事をされている方も多くみえて、つらい症状のために突然お仕事に行けなくなる方もいらっしゃいます。実際に患者様にお話を伺っていますと、受診できる病院を探していても多くの病院では1か月待ちなど、予約日までにだいぶ期間が開いてしまうことが多く、それではつらい症状をすぐに診てもらえないとお話されます。

実際に、ひだまりこころクリニックは名古屋市と隣接しているので名古屋市で働いている方の受診も多く、一宮市や稲沢市・津島市、清州市、愛西市、西春町の近隣の工業地帯とも近接しているので、同市の方からも大勢通院いただいております。
ひだまりこころクリニックでは、土曜日・日曜日も診察を行っているので通院しやすいとご意見を頂いております。初めて受診される初診の方も、当日受診の受付が可能です。まずはお気軽にお電話ください。
あなたも、つらい時すぐにかかれる心療内科・精神科に相談してみませんか?
あま市のひだまりこころクリニックは内科や歯科のようにつらい時にすぐに相談できる、心療内科・精神科を目指しております。

続きを読む

心療内科・精神科って暗い雰囲気で先生怖い?心療内科・精神科って暗い雰囲気で先生怖い?心療内科・精神科って暗い雰囲気で先生怖い?

心療内科・精神科って暗い雰囲気で先生怖い?

あなたは心療内科・精神科って聞いてどんな印象を持たれますか?暗い雰囲気?先生は怖い?でしょうか。
ひだまりこころクリニックでは、医師20名、カウンセラー・看護師・ソーシャルワーカー含め総勢60名で毎日診療を行っております。もちろん女性医師や女性カウンセラーも診療しております。

なんとなく心療内科・精神科って聞くと、暗い雰囲気や先生が怖い雰囲気などのイメージを持たれるのではないでしょうか?はっきり言っておきますが私も医師を志す前はそう思っていました(笑)。
今も、テレビやドラマなどの設定を見ていますと世間のイメージを感じることができます。

もちろん心療内科・精神科という特性上、手術や触診や多くの検査がないために、他の内科と比べて心療内科・精神科では人と人の関わり合いがより重要となっているかと思われます。

つまり、初めはいろいろなイメージに対する不安も大きいかと思われますが、実際に受診してみると、先生の雰囲気や相性・実際のクリニックの雰囲気が重要であることに気づかれる事があるかもしれません。

ひだまりこころクリニックはあなたのそのような不安が少しでも軽減されるように、女性医師や女性カウンセラーを含めて相性の合う先生が見つかりやすいように、多数の医師やカウンセラーが診察しております。

また、ひだまりこころクリニックはあま市内のクリニックの中でも、有数の大きさと広さを誇るクリニックです。清州市にある地元の設計士さんが一生懸命考えて作っていただいたクリニックであり、明るさや雰囲気・照明にも職人のこだわりがあります。毎日、スタッフ一同でクリニック内も掃除して、ピカピカになるよう努めておりますので、是非雰囲気を感じて頂けましたら幸いです。
あま市のひだまりこころクリニックはあなたの受診してみようかなという気持ちを大切にしたいと考えております。

続きを読む

お悩みを専門の医師に相談してみたいと思っていませんか?お悩みを専門の医師に相談してみたいと思っていませんか?お悩みを専門の医師に相談してみたいと思っていませんか?

お悩みを専門の医師に相談してみたいと思っていませんか?

ひだまりこころクリニックでは、私含め名古屋大学医学部の精神科医局在籍歴のある医師が多く診療しております。また、精神科専門医や精神科指導医の医師もいます。

皆さんは専門の医師と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

実はいうと専門の医師というのは医学界では表現が非常に曖昧であり、よく混乱を招く原因であるとされております。

通常、医師は6年間の医科大学を卒業後、2年間の初期研修を実施し、その後自身の目的・方向性や特性に応じて自分の専門科を決定していく事が多いです。
もちろん時代の流れにもより変化はありますが、私も津島市民病院で初期研修時代を過ごしまして、手術や検査とは異なる、「診察」という手技に特化して患者様の症状を改善していく、精神科に感動を覚えたものです。

つまりは、人生を通して専門的に従事していく科を最終的に決めるわけですが、その時点で精神科の専門医としていることも多いかと思います。また、その後4-5年してから受験できる日本精神神経学会の精神科専門医制度の専門医試験に合格してから専門医とするのかは正直、明らかな取り決めがないのが実情でないかと私個人は考えております。

私も、日本精神神経学会の専門医・指導医は両方持っていますが、実際に日本精神神経学会専門医および指導医の登録者は約1万人程度しかおらず(日本精神神経学会ホームページでの公開人数です)、なかなかハードルや規制が高いために資格の取得が浸透していないのが実情です。

ひだまりこころクリニックでは、私含めて名古屋大学医学部の精神科医局在籍歴のある医師が多く診療しております。また、精神科専門医や精神科指導医の医師も多数います。
まずはお気軽にご相談くださいね。
あま市のひだまりこころクリニックはあなたのニーズに合わせた医療を考えております。まずはお気軽にお電話ください。

続きを読む

精神科というところは薬がたくさん出されるのでしょうか?依存は大丈夫ですか?精神科というところは薬がたくさん出されるのでしょうか?依存は大丈夫ですか?精神科というところは薬がたくさん出されるのでしょうか?
依存は大丈夫ですか?

精神科というところは薬がたくさん出されるのでしょうか?
依存は大丈夫ですか?

ひだまりこころクリニックでは漢方治療やカウンセリング治療も重視しております。
あなたは、なるべく必要最小限の薬で治療したいと考えていませんか?
例えば、風邪であれば熱などの体温・喉の赤さなど、自分で症状を伝えられない幼児でも診断に至ることができ、抗生剤などの薬で炎症を抑えたりすることで、改善を図ることができます。

心療内科や精神科というのはその人の見た目や体の検査で病名や程度をはっきりと診断できないのが特徴であり、患者様も時にはその状態をはっきりと病名にしてほしいと思われることもあるのではないでしょうか?

原因としては多くはストレスや環境の変化によって気持ちのバランスが崩れたために、不安になったり・イライラしたり・落ち込んだりなどのつらい気持ちが継続しやすくなり、体の症状や生活へも影響が出始めると考えております。
治療としてはもちろん気持ちのバランスを整えるお薬を飲む方法もありますが、当院では漢方も扱っており、漢方を併用することにより症状の改善を図る取り組みも行っています。

もちろん、症状の強さは個人差がありますので、すべての人に漢方のみで治療できるとは限りません。
ですが、心療内科や精神科は他の内科と大きく異なって、カウンセリングという治療法があります。そこが身体疾患でない精神科領域のとても興味深い点であると考えます。

カウンセリングのように、つらい症状や気持ちを整理し向き合うことによって、あなたの中にある、「治そうとする考え方や気持ち」を最大限に引き出して、症状を改善方向に導く方法です。それがカウンセリングであり、カウンセリングがうまくいくと、薬を減らすこともできます。
もちろん、薬を使うこと自体が依存ではなくて、薬を使う上で一番重要なのは、「症状に応じて必要な量だけ薬を使用して、症状が安定したらゆっくり減らすこと」が重要と思われます。是非ご相談くださいね。
あま市のひだまりこころクリニックはカウンセリングや漢方も併用して最小限の薬での治療を目指します。まずはお気軽にお電話ください。

続きを読む

「こんな症状でもかかっていいのでしょうか?」「こんな症状でもかかっていいのでしょうか?」「こんな症状でもかかっていいのでしょうか?」

「こんな症状でもかかっていいのでしょうか?」

「このような症状でかかってもいいのでしょうか?」と不安になることはありませんか?
当院では「不安な気持ちが強い」「元気がなくなり落ち込む」「イライラする」「気分の波が大きくなった」「睡眠がとれなくなった」「こだわりや発作的な症状が強くなってきた」「集中力が下がって、記憶力が悪くなったような気がする」「身体的な症状があるが、異常はなしと言われた」上記の症状で悩まれている方は、是非お気軽にご相談して頂けましたらと思います。

「小児科や内科はわかるけど、心療内科と精神科ってどんなところ?」でも記載させて頂きましたように、これらの症状があなたの困っている症状であれば、「気のせいや」・「あなたの弱さ」ではありません。あなたの悩みに対して「よくなりたい」を思う素直な気持ちを、ひだまりこころクリニックは大切にしたいと考えております。

症状の強さによっては、うつ病やパニック障害・社交不安障害・強迫性障害・適応障害・双極性障害・統合失調症・認知症のいずれかの診断がつく場合もありますが、症状の程度によってはこれら病気の手前・なりかけと診断される場合も実際には多いのです。
病気のなりかけや手前ということは治療をしなくてもいいということでしょうか?

多くの症状は継続しながらも少しづつ悪化進行することが多いため、早めの治療をお勧めします。つらい症状が強くなりすぎない内に、心療内科や精神科を受診され治療をすることで大きな悪化を防ぐことができる場合も多く、総治療期間も短かくなることもあります。また症状が軽い方はカウンセリングや漢方のみで治療がうまくいくことも多いですので、つらい症状でも我慢せずに遠慮なくご相談くださいね。
あま市のひだまりこころクリニックはあなたのつらい症状にしっかりと耳を傾け患者様と相談しながら治療するクリニックです。まずはお気軽にご相談ください。

続きを読む

「ひだまりこころクリニックはどこにあるのでしょうか?」「ひだまりこころクリニックはどこにあるのでしょうか?」「ひだまりこころクリニックはどこにあるのでしょうか?」

「ひだまりこころクリニックはどこにあるのでしょうか?」

ひだまりこころクリニックは通いやすい場所にあるのでしょうか?
最近は多くの方がひだまりこころクリニックに興味を持たれて、たくさんのお電話をいただき誠にありがとうございます。

以前のホームページが分かりづらい部分もありご不便をおかけしてしまい、誠に申し訳ありませんでした。
あま市のひだまりこころクリニックは名古屋駅から名鉄電車に乗っていただき約12分。甚目寺駅にて下車。甚目寺駅から徒歩2分です。甚目寺駅から道路沿いにはたくさんの看板を出してひだまりこころクリニックへご案内をしておりますが、わかりにくい場合には遠慮なくお電話くださいね。

ひだまりこころクリニックは幹線道路のそばで、高速のICにも近く、車でのアクセスも良好です。当院は25台の駐車場を完備しておりまして、車いすの方にも利用しやすいようにバリアフリーを施しております。

お車で一宮市・稲沢市・清州市・津島市・愛西市・西春町から見える方もたくさんいらっしゃいますので、ひだまりこころクリニックでは車でお越しの方にもわかりやすいように、オレンジ色の大きな看板をクリニックの道路に設置しておりますので、わかりにくい場合には遠慮なくお電話くださいね。

なお、調剤薬局さんは当院の隣にありますので、雨の日も濡れずに、ひだまりこころクリニックから、隣の調剤薬局さんにかかっていただけるように工夫もしております。

またひだまりこころクリニックの近くには、大きなスーパーマーケットがありますので、家事の合間に受診していただく事も可能です。
あま市のひだまりこころクリニックはあなたの日常生活に寄り添ったかかりやすい心療内科・精神科クリニックを目指しています。

続きを読む

ひだまりこころクリニック診療時間休診日:祝日 ◎の診療時間は9:00-16:30

 

ひだまりこころクリニックロゴ

ご予約・
お問い合わせ
tel:052-441-0800

診療科目 心療内科・老年心療内科・精神科
住所 〒490-1111
愛知県あま市甚目寺五位田156
アクセス 名鉄 甚目寺駅から徒歩2分
駐車場40台完備
受付時間 平日: 9:00-12:30/15:30-19:00
土:9:00-16:30
日:9:00-12:30
休診日 祝日