栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院
栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院 栄の心療内科・精神科・メンタルクリニックならひだまりこころクリニックサンシャイン栄院

不安障害の治療なら名古屋市栄の心療内科・精神科のひだまりこころクリニック栄院へ。栄駅直結、久屋大通からも5分です

052-971-0900

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は24時間受付

052-971-0900

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は24時間受付

不安障害

不安障害とは

不安障害とは

不安障害かもとお悩みではございませんか?不安障害はまれな疾患ではありません。

 

不安という感情が、場にそぐわないほど強く出たり、不釣り合いが状況で出続けてしまう不安感情が出てしまうと、どうしていいのか分からず恐怖になってしまったり、そのような不安感情が出やすい状況を避けてしまったり、また不安の感情で困っていることを周囲に上手に分かってもらえずに、気分が落ち込んで悩んでしまって、うつ病などの症状を併発してしまうこともあります。

 

このような不安障害の症状のために、普段行えていた会社の通勤や、日常での睡眠や食事、外出行為などがしづらくなってしまう、生活の質を大きく損なってしまうのが不安障害の特徴でもあります。

 

不安障害というのは以前は不安神経症ともいわれており、現在は社交不安障害や、全般性不安障害、パニック障害などを含んでおります。

 

社交不安障害は、以前はあがり症ともいわれていたが、複数名がいる人前での会話や発表、複数名ではなくても、上司や取引先などの相手との会話での極度の不安と緊張症状が出てしまうのです。

不安の内容としては例えば、「評価されているかもしれない」「自分がちゃんとできるかどうか心配」などといった、他者からどう見えるかといった点を緊張や不安のあまり強く意識しすぎて、大量発汗や赤面、身体の震えや、声の出しづらさや裏返り、会話ができなくなってしまう等の症状が出てしまうのです。このような症状が出てしまうために、更に「恥をかいた」「笑われるかもしれない」「二度とあのような症状に出くわしたくない」「自分に自信を無くしてしまった」などの想いを抱いてしまい、発表や会話の場を避けるようになってしまう回避行動や、またあの症状が出てしまうのではないかと予期不安を感じてしまうのです。【社交不安障害】はこちらから

 

パニック障害は、身体症状が強く出て、「死んでしまうのではないか」という不安や恐怖が強く起きることが特徴です。動機や息切れだけではなく、息が詰まる感じ、吸えない・吐けない、嘔吐や失神感などの症状が短時間で押し寄せてくるのです。症状のピークは5分前後で30分以内に消失することが多いのですが、そのパニック症状の強さは本人に衝撃的で、また起きてしまうのではないかといった予期不安や、パニック症状が出たら逃げられないような電車やトンネル、助けを求められないような広場などを避けてしまう広場恐怖があり、外出や閉塞的な環境を極端の避けて行動をしてしまうような回避行動を起こしてしまうのです。【パニック障害】はこちらから

 

全般性不安障害は、身体症状や不安症状の原因となる状況が特に明確ではないことが特徴です。全般性不安障害では日常のありとあらゆることが不安を誘発するような可能性が浮かんできてしまい不安の感情が慢性的に継続してしまう状況なのです。天気が悪いことや、身の回りの出来事を不健康や何か不吉なことが起きるきっかけなのではないかと不安が消えず、絶えず心配で日常に手がつかなくなってしまうこともあるのです。

全般性不安障害の方たちはそのような不安の理由や感情の整理やコントロールが難しくなってしまっているために、心配事の多くは状況から不釣り合いである場合も多く、現状から最も予想される結末ではないにも関わらず不安感情を抱いてしまい、周囲に相談しても、その気持ちを理解されずにいるのです。全般性不安障害の方たちは心配や不安がどんどん広がっていってしまうのをどうしようもできず、本人も常に不安と緊張感が抜けず、不眠や肩こり、頭痛やこわばりなどの症状やうつ病なども併発してしまうこともまれではないのです。【全般性不安障害】はこちらから

 

不安障害にかかりやすい方の特徴として、神経質であったり、完璧主義、過敏症などの特性があることが多いといわれております。そのために、症状が出ても「気にしすぎ」とか「性格」と判断してしまうことも多いために、心療内科や精神科への受診が遅くなってしまうこともあります。

 

不安障害の治療は抗うつ薬や抗不安薬をはじめとした薬物療法だけではなく、認知行動療法やエクスポージャー法などの心理療法も効果があるといわれています。

 

特に、不安障害の方たちには、不安感情の強さと身体症状の関りで困っている方も多く、知らないうちに不安の感情を自分の中で増幅させすぎてしまっていることや、その増幅された感情やストレスを身体症状に代償してサイクル化してしまっている人もいます。もちろん症状には個人差もあったり、考え方のクセなども影響していることもありますので、エクスポージャー法や時には森田療法、リラクゼーション法などを併せながら取り組んでおりますのでお気軽にご相談ください。

診療科目一覧