診療科目/不安障害

不安障害、不安症治療は稲沢市,津島市,清須市,愛西市からも通院できる心療内科・精神科へご相談を

診療科目/不安障害

不安障害とは?不安障害とは?

不安障害と心配性はどう違うの?

不安障害・不安症とは以前は不安神経症と分類がされていた病気のことを指しています。不安障害は主にはパニック障害、社交不安障害、全般性不安障害やその他の恐怖症などを含んでいて、特定の事象に対する不安感情の有無や、その不安感情が自分でコントロールできないなどの継続性、そのために、社会生活・日常生活に支障が出てきてしまうなどの特徴を持っています。

不安障害は、不安という誰しもが持ちうる感情であり、またその不安感情は周囲の外敵やストレスから身を守るために必要であり、そのような感情があるために危険からの回避行動へと結びつけることができる必要な感情なのです。

その不安感情がひとたび、強く出すぎてしまったり、必要のない時にも不安の感情が継続してしまうことは、その人を強く疲れさせてしまい、そのような不安感情を強く感じなくても過ごせるような状況を好んで行動するようになってしまいます。そのような不安感情の出る場所を避ける状態を不安障害では回避行動といったり、不安感情が強く出て身体症状が出てしまうかもしれないと不安になることを予期不安、そのような身体症状が出てしまっても誰も助けてもらえないかもしれない、逃げ出せないかもしれないと不安に思う広場恐怖などが出現してしまうのです。

特にパニック障害に関しては、身体症状としては呼吸ができない・動悸がする・苦しい・発汗・震えるなどの症状が急遽押し寄せてくるために、パニック障害本人にとって非常に苦痛な症状であり、再度このような症状が起きてしまったらどうしようとととても不安や恐怖になってしまいます。また、そのような症状が出ることに対して落ち込んだりうつ病や不眠症などの他の精神疾患を併発しやすいと言えます。「パニック障害」についてはこちら

社交不安障害では、特定の状況で不安症状を呈してしまいます。特に人前での発表など、人に見られているかもしれないと思う状況で、強く緊張したり、不安の症状が出てしまうのです。人前に出ることにより、「誰かに評価されているかもしれない」「うまく話せないかもしれない」などの不安が極度に強くなってしまい、赤面や大量の発汗、手足の震えや声の出しづらさなどが出てしまうのです。

そのような状況は、他者から「ストレスに弱いやつ」などとと評価されてしまうこともあり、社交不安障害の本人も「また恥をかくかもしれない」「笑われるかもしれない」などの感情が出てしまって、人前に立つことや相手と話をすることを避けるようになってしまったり、そのような症状がきっかけで会社に行くのが辛くなったりして、うつ病などを呈してしまうこともあるのです。「社交不安障害」についてはこちら

全般性不安障害は、日常のあらゆることに不安な感情を抱いてしまいます。自分が犯罪を犯してしまったらどうしよう、自分が不健康になったらどうしようなど、現時点でそのような状況があまり考えにくい状況でも、現実的に可能性が低い負の状況をつよく意識して悩んでしまう症状なのです。周囲からも「考えすぎだ」「心配性だ」「また心配している」などど、相手にされなくなることも多く、全般性不安障害の本人は自分の中で抱え込んでしまうことも少なくありません。特に、不安な感情が一日継続するということは、体も常に緊張を継続していることも多いために、疲れやすさだだるさ、頭痛や肩こりなどの自律神経失調症の身体症状も強く出やすいといわれております。「全般性不安障害」はこちら

不安障害は、症状の初期には本人の病識も乏しいだけではなく、周囲からも「心配性」「気にしすぎ」などどいった扱いを受けることがあるために、不安障害患者自身も「自分は気にしすぎ」なのだとして、周囲に相談するのを遠慮したり、自分の中で不安の症状を我慢したり葛藤をしたりなどを繰り返して、医療機関への受診が遅れてしまうことはよくあります。

また、不安な気持ちが強い、心配が過ぎるといった内容で、心療内科や精神科受診を行ってもいいものであるのかはばかられるといった想いや、「恥ずかしい」といった考えが出てしまうために、受診のしづらさもあるのかもしれません。しかし、症状が長引いてしまうと、かいしゃに行けなくなってしまったりなどの社会生活だけではなく、外出すらできなくなってしまうといった日常生活へも影響が出てしまうので、お早めにご相談くださいませ。

もちろん、不安障害の治療は薬物治療だけではなく、カウンセリングなどの心理療法の治療方法もあるので、ご自身で我慢せずにご相談いただけましたらと思います。

 

不安障害と心配性はどう違うの?

特に不安障害は病気と「心配性」、「不安障害の手前の状況」というのは医師でないと判断が非常につきづらいことも多く、御来院された患者様の中にも実際には不安障害の診断までに至らないほどの症状のケースもございます。しかしカウンセリングは、不安障害の方にも、不安障害の手前の方にも行える、不安感情のコントロールや行動の見直しを図れる改善方法です。

つまりは薬物治療は医療機関へ受診し相談された人すべてに行うわけではありません。考え方のクセの見直しもできるカウンセリング治療は、不安症状でお悩みの方にご利用いただくことも可能な、改善方法なのです。

もし「心配症」で困っているとお悩みの方はカウンセリングや心理療法の相談も受け付けておりますし、心配性と不安障害の区別をご自身で判断なさらずに心療内科や精神科などの医療機関へのご相談をお勧めいたします。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。