自律神経失調症でお悩みの方は、名古屋市金山の心療内科・メンタルクリニック・精神科へご相談くださいませ

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-321-0300タップで電話をかける

心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
診療科目/自律神経失調症

自律神経失調症でお悩みの方は、名古屋市金山の心療内科・メンタルクリニック・精神科へご相談くださいませ

診療科目/自律神経失調症

自律神経失調症とは?自律神経失調症とは?

「慢性的にだるい症状が続いている」「病院では検査して異常はないと言われたけどつらい」などお困りではありませんか?自律神経失調症は心と体の不調から起きる場合もあります、心と体の体調を整えてみませんか?

自律神経失調症で困っていませんか?内科の検査や整形外科で特に病変を認めないにも関わらず体のあちこちに、辛い症状が出て生活が思うように過ごせなかったりしていませんか?

自律神経失調症の症状は、慢性的に症状が継続したり、日によって症状の出方が異なることも多いために、その人の生活の質を大きく下げてしまうこともあるのです。

それではなぜ、毎日症状が出てしまったり、体調に応じて症状の強弱が出てしまうのでしょうか??

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れてしまっている状態を指していますが、自律神経は「交感神経」といわれる体の“アクセル役”と、「副交感神経」といわれる体の“ブレーキ役”があります

自律神経はそれぞれ、発汗などの体温調整、呼吸・心臓の心拍、腸の運動や、皮膚や筋肉のあらゆる体の調整をつかさどっております。これらの神経の調節は私たちの意思でコントロールできるものではなく、睡眠時間も含めて生活している時間中は私たちの中でずっと働いている神経なのです。

 

自律神経失調症の原因とは

ストレスや体調不良で、疲れ切ってしまうとこれらの神経のバランスが上手に働かず、どちらかが強くなりすぎたり、働きが弱くなってしまったりなどの変動を呈してしまうために、自律神経失調症の症状が毎日不安定になったり、症状が至る所に出現してしまうのです。

 

そのような普段生きていくために、必要な神経の調整が狂うと、人は不快を感じたり、逆につらい症状として感じてしまうのです。このような状況が自律神経失調症の特徴です。

 

自律神経失調症の症状は多岐にわたります

 

特定の症状が診断に必要である必要はなく、症状や経緯また身体疾患の除外などを経て診断をされることがあります。

 

カラダの症状

・毎日倦怠感が強い/または/何となく怠い状態がある

・疲れやすい

・ドキドキ動悸がある

・熱っぽい/微熱

・ほてりがある

・顔が熱い

・手が震えてしまう

・手汗や足汗が強い

・知覚過敏がある/あるいは痛みがある

・下痢や便秘がある

・腹痛や腹鳴が強い

・息が切れる感じがする

・耳鳴りや耳が詰まる感じがする

・めまいやふらつきがある

・不眠の症状がある

・頭痛/肩こりなどがある

 

ココロの症状

・イライラや怒りっぽくなった

・落ち込みや不安が強くなった

・集中できずミスが増えた

・楽しめていたものが楽しめなくなった

・涙が出やすい

・感情の変動が激しくなった

・何をする気が起きずぼうっとしてしまう

・眠気が強く、意欲がわかない

 

等がありますが、症状は一例となっております。

このほかの症状でお困りの方はお気軽にご相談くださいませ。

 

自律神経失調症の治療には、“つらい症状の緩和”と、“心身のバランスを整える治療”の2つが大切です

 

自律神経失調症の治療に関しては、ココロとカラダの両面からの治療が必要となります。

自律神経失調症の症状のために、毎日がつらく、落ち込みや不安が強くなってしまっている場合もありますので、うつ病不安障害不安神経症不眠症などの合併にも注意が必要です。

 ただ、自律神経失調症の症状はとても個人差が大きく、複数の症状が重なって疲弊してしまっている方も多いのです。

自律神経失調のかたは、特に症状のつらさと、落ち込みや、辛い症状のために生活が制限されている事があり、そのために自信の喪失してしまっているなど、ココロへの影響やカラダへの影響がさらに悪化してしまっている負の循環を招いていることが多いのです。そのために、まずは症状の緩和を図りながら、その負の循環を止めることが必要となります。

 

例えば、疼痛に対しては、鎮痛剤を注意深く使用したり、下痢や便秘の症状に対しては整腸薬を併用しながら、自律神経失調の症状の緩和に努めるといった、自律神経失調症の症状そのものを緩和する治療を同時に行うということは自律神経失調の初期治療ではとても重要なのです。

その対応と同時に、自律神経失調の原因となっているストレスとココロの不調を紐解きながら、自律神経失調の治療を行います。具体的には、ストレスに対する心的負荷や身体的負荷に対する心身のバランスを回復させるための、カウンセリング・心理療法や薬物療法を併用することが望ましいとされています。

ただ、心身のバランスを整えるための治療方法は、治療効果が認められるまでに個人差で数週間から数か月と、少し時間がかかる場合があるので、自律神経失調症の症状が悪化して更に生活の質を落としてしまわないように、症状緩和する治療と併用しながら治療開始するのが望ましいのです。

 

 

自律神経失調症で悩まれている方へ

 

特に自律神経失調症の症状は、症状が多岐に渡るために、身の周りの人たちだけではなく、内科などの病院にかかっても、辛い症状が理解してもらえないといったことも多くあるかもしれません。

その結果として、一人で抱え込んでしまって悩んでしまったり、もっと自分のせいではないかと責めてしまったりなど、更に症状が悪化してから受診される方も多いのが特徴です。

自律神経失調症の症状は悪化してしまうと生活に大きな影響を及ぼしてしまう疾患なので、もし自律神経失調症かもとお悩みの方は、おひとりで悩みすぎず、お気軽に心療内科・メンタルクリニック・精神科までご相談していただけましたらと思います。

 

野村紀夫 監修

ひだまりこころクリニック 理事長 / 名古屋大学医学部卒業

保有資格 / 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医、日本精神神経学会 指導医、認知症サポート医など

所属学会 / 日本精神神経学会、日本心療内科学会、日本うつ病学会、日本認知症学会など

自律神経失調症について、
もっと詳しく知りましょう

 

よくあるご質問よくあるご質問疑問にお答えします

Q自律神経失調症って気づいたらどこの科にかかったらよいのでしょうか?

自律神経失調症は心療内科などでの診察がふさわしいと言われております。ですが、自律神経失調症とは、内臓や脳などに器質的な病気・病巣が調べても認められないことが前提となりますので、当院でも診察時の患者様の症状やご様子によっては内科や耳鼻科などの受診も併せてお願いさせていただく場合もあります。医師の診察に基づいてしっかりと判断をさせて頂いておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

Q内科の検査では何も異常はないと言われました。それでも症状は出るのですか?

自律神経とは体のあらゆる場所や臓器の、活動やリラックスのバランスを整える神経で、いわば「アクセル」と「ブレーキ」の調整役割を担っているのです。「アクセル」と「ブレーキ」そのものが動かなくなったような特別な神経疾患の事を指すのではなく、体や心の神経が日々、「アクセル」が踏みすぎる時があったり、「ブレーキ」が効きすぎたりしてしまう時もあるために、その結果として体や心の症状が出やすくなる状態になることを指すのです。

Q自律神経失調症の原因は何でしょうか?

自律神経失調症は多くはストレスや生活習慣の乱れやホルモンの変化・環境の変化など様々です。ですが患者様の中には、それをストレスと感覚では思っていない程度のストレスであったとしても、体に症状が出やすい方もいますし、もともと虚弱体質の方だと出やすいなど、様々な要因が絡んで出現しやすい症状です。

一覧を見る

疑問にお答えします

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間