認知症かもとお悩みの方は、名古屋市金山の心療内科・精神科・メンタルクリニックへ診断・治療等お気軽にご相談くださいませ

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-321-0300タップで電話をかける

心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
診療科目/認知症

認知症かもとお悩みの方は、名古屋市金山の心療内科・精神科・メンタルクリニックへ診断・治療等お気軽にご相談くださいませ

診療科目/認知症

認知症とは?認知症とは?

最近、物忘れが増えた気がする、もの忘れを指摘されることが増えた..と心配ではありませんか?

「認知症」について:認知症には主な種類として4種類あります

①アルツハイマー型認知症

②脳血管性認知症

③前頭側頭型認知症

④レビー小体型認知症

の4つとなります。

脳のどの部分がどのような理由で影響を受けているのかという点が、それぞれ異なるために、結果として認知症の症状もそれぞれ異なります

以下に主な、症状について記載をしました。

アルツハイマー型認知症:物忘れや日にちや時間への記憶に影響が出やすい

脳血管性認知症:脳梗塞や脳出血をきっかけとして階段状にさまざまな認知機能が低下する

前頭側頭型認知症:言葉や会話の理解がしづらくなり、攻撃的になるなどの理性が失われることが多い

レビー小体型認知症:幻視でたり、初期には睡眠障害が起きやすい

代表的な認知症疾患として、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症についてご説明いたします。

 

アルツハイマー型認知症について

認知症の約4割の方が、アルツハイマー型認知症といわれており、アルツハイマー型認知症は血管性認知症と並んで代表的な認知症疾患です。

アルツハイマー型認知症では、日にちや時間・場所などを記憶したり認識したりすることが困難になってしまい、判断力も低下してしまいます。またその症状はゆっくりでありますが、進行性であり物忘れ症状による生活力の悪化と共に、知能の低下、そして人格の崩壊へと向かい、寝たきりになってしまう事があります。

 

アルツハイマー型認知症はどのようにして起きるのでしょうか?

アルツハイマー型認知症では、神経原線維変化やアミロイドβの沈着である⽼⼈斑の出現、さらには神経細胞の脱落が主体となって、脳全体が萎縮をしてしまっている状態です。
このような変化は加齢に伴う変化として、認識されていますが、生物学的にはアセチルコリンなどの神経伝達物質の欠乏が指摘をされていますが、はっきりとは分かっていません。

 

アルツハイマー型認知症は高齢者だけではありません

アルツハイマー型認知症は高齢者に多く、性差としては女性の方が多いといわれております。しかし、アルツハイマー型認知症は高齢者の病気だけではなく、約4~5%の割合で、65歳未満で発症の若年性アルツハイマー型認知症が認められています。

 

アルツハイマー型認知症で、性格が変わってしまった??

アルツハイマー型認知症には、中核症状といった時間や場所・日にちを認識する力が落ちてしまっている症状に加えて、周辺症状(BPSD)といった、ものとられ妄想、徘徊、被害意識、イライラ、暴力的な症状などが出てきてしまいます。

周辺症状(BPSD)とは、日にちや場所を認識する中核症状が出現してしまっているために、どこに物を置いたのか分からなくなったり、家族を認識することが困難になるなどして出現してしまう症状です。

特に周辺症状は、これまでの本人の性格からは想像もできないくらい、イライラして攻撃的になったり、暴言を吐いたり、更には不安や抑うつ症状も見られるために、性格が変わってしまったと周囲は感じてしまいやすくなります。また、このようなご本人の様子から、介助者の疲労感は強く、周囲の人たちを大きく困らせてしまうきっかけとなります。

また、周辺症状の抑うつ症状は、高齢者のうつ病との区別が難しいことがありますので医療機関でのご相談をおすすめいたします。

 

認知症の症状は進行性であるために、変化していきます

 

【初期】自立あるいは軽介助で生活できることが多いです。特に初期の症状では、ものの置き場所を忘れてしまったり、新しい出来事や、新しく知った名前などは忘れてしまう事があります。一方で、昔話や、同じ話を何度も繰り返して話すことや、急に悲観的になったり不安や抑うつ状態が出現することもあります。

周囲への関心が薄れて、身なりが崩れていたり、部屋が散らかっているなどの状態が出現しだすこともあります。

【中期】日常生活に介助を必要とするようになります。食事をしたことを忘れてしまったり、何をしようとしていたのか忘れて何度も聞き返してしまったり、購入したことを忘れて同じものを何度も買ってしまったり、味付けが極端にばらばらになってしまいます。また、外出すると自分の家が分からなくなったり道に迷うことが多く、日常的に介助者の手助けが必要となります。

ものとられ妄想や、家族や人物が正しく認識できなくなったり、自分が自宅にいることがわからずに「自分の家に帰りたい」と話をしたりすることがあります。会話の内容も、ポンポンと内容が飛ぶことがあり、その内容も繰り返し何度も出てきた内容であることが多いです。

【後期】食事・排泄などすべての日常生活で解除が必要になります。言葉の理解や発語が減って寝たきりの状態になります。意思の疎通も困難となり、問いかけに対する反応も乏しくなってしまいます。

 

アルツハイマー型認知症の診断について

・記憶や学習などの認知機能の低下がある

・ゆっくりではあるが進⾏していく認知機能の低下がある

・認知機能に影響を及ぼす、他の脳疾患や身体疾患、精神疾患の影響がない

上記3つを満たしている場合は、アルツハイマー型認知症の診断となります

ひだまりこころクリニック金山院では、脳の認知機能に影響を及ぼす可能性がある疾患を確認するために採血検査や心電図、病診連携などを通して脳のMRI検査を提案させていただく場合がございます。

 

アルツハイマー型認知症の薬物療法について

抗認知症薬は、中核症状の進行を遅らせる目的で使用されます。中核症状の進行がコントロールできることで、周辺症状の悪化を少なくできることが期待されます。

アリセプトやレミニールなどのアセチルコリンエステラーゼ阻害薬、メマリーなどのNMDA 型グルタミン酸受容体拮抗薬の大きく2種類があります。また、周辺症状としての、イライラや抑うつ症状、不眠などがある場合には、抗精神薬や睡眠薬・抗不安薬などのお薬を少量併用して、周辺症状に伴う大きな精神症状をコントロールすることがあります。この認知症患者様のもつ精神症状や、情緒面は時として介助者にぶつけられることが多いために、情緒のコントロールを図ることは本人の苦痛を緩和できるだけではなく、介助者の負担軽減にも関わることがあります。

 

脳血管性認知症とは

脳卒中といわれる、脳出血や脳梗塞などによって脳にダメージを受けてしまい、認知症症状がでてしまう疾患です。脳卒中の程度や部位・大きさによって、認知症症状に“むら”があります。

また、脳血管性認知症の症状の特徴的な点としても、日にちや時間・場所の記憶であっても部分的な記憶の低下であったり、疲れや体調不良によってその程度が強く出たりと日内でも変動することがあります。
記憶していた物の手順も、すっかり忘れているものから、覚えているものまで、記憶が低下している行為が部分的であるといった点も脳血管性認知症の特徴です。

 

脳血管性認知症の診断方法とは

脳梗塞や脳出血を画像診断する手順と重なりますが、主に頭部MRIや必要に応じて脳血流シンチグラフィーや頭部CTを用いて、脳に血流障害の影響がないかを確認することがあります

 

脳血管性認知症の治療方法

脳梗塞や脳出血を繰り返さないためにも特に血圧管理を中心とした、生活習慣病の管理が重要になります。
また、脳血管性認知症の原因となる、脳梗塞や脳出血では回復後のリハビリがとても重要です。脳卒中のリハビリは、脳血管の障害を受けていない部分が障害を受けている部分の脳をリカバリーして機能回復してくれる部分があるために、脳卒中の回復期リハビリをすることによって、その後の脳血管性認知症の程度を軽減させることが可能となります。

 

認知症は、うつ病様症状を呈する場合があるので注意が必要です

落ち込みなどのうつ病様症状を訴えて、医療機関をご受診される一部の方には、そのうつ病様症状から認知症から由来している場合があります。そのために、ご高齢の方の診察の場合はご本人からの生活歴だけではなく、家族からの様子を伺った上で本人の認知機能や精神面の状態を診察する必要があります。

反対に、認知症様の症状で受診された方が、物忘れではなく抑うつ状態による思考の制止と寡黙であったと分かり、うつ病と診断がつく方もみえます。

 

介助者やご家族の方たちへ

時として介助者は、認知症によるイライラや暴言を直接ぶつけられることもあり、介助者や家族は心を痛めることも多々あるかと思います。

介助者やご家族の負担は計り知れず、また家族であるために頑張りすぎてしまって、家族や介助者までも心身の疲労に陥ってしまう事も少なくありません。そのようなお互いに共倒れとなってしまわないように、医療福祉サービスや、介護サービスなどのサポートの利用や、心理的ケアは非常に重要です。

ひだまりこころクリニック金山院では、精神保健福祉士も複数名常勤勤務しておりますので、医師診療や薬物治療だけにとどまらず、介護制度や医療福祉サービスとの連携を提案・サポートしながら、認知症治療に従事しております。

土曜日・日曜日も診療をしております心療内科・精神科・メンタルクリニックですので、お気軽にご相談くださいませ。

 

トップページ

 

野村紀夫 監修

ひだまりこころクリニック 理事長 / 名古屋大学医学部卒業

保有資格 / 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医、日本精神神経学会 指導医、認知症サポート医など

所属学会 / 日本精神神経学会、日本心療内科学会、日本うつ病学会、日本認知症学会など

認知症について、
もっと詳しく知りましょう

 

よくあるご質問よくあるご質問疑問にお答えします

Q認知症を予防するための治療などは可能ですか?

完全ではありませんが予防は可能です
過去に生活習慣病を発症している方は、認知症になる可能性が高いと言われているので、高血圧や高脂血症などの治療が予防に役立つかもしれません。また、脳血管障害、ビタミン欠乏症、甲状腺機能低下症のような原因がはっきりしている認知症はある程度の予防は可能です。

Q高齢者ではなくても認知症になる可能性はありますか?

若年性認知症という病気もあります
認知症は脳の神経細胞が破壊され、脳の知的機能が低下し、日常生活を送ることが困難になる症状をいいます。
脳の神経細胞が破壊されてしまう原因については、病気も含めは複数あり、若くても発症する可能性があります。

Qイライラなどによる問題行動を抑えることはできますか?

はい、薬による治療で抑えることができます
現在、認知症を治せる薬はありませんが、進行を遅らせたり改善したりすることは可能と言われています。
認知症の周辺症状である、イライラなどによる問題行動、幻覚や妄想、興奮を抑える効果があるとされています。

Q認知症の分類で、それぞれどんな症状がありますか?

症状により、大きく分けて4つに分類することができます
<アルツハイマー病>
アルツハイマー病は全認知症の半分以上をしめる代表的な疾患です。 生活面では、「言いたい言葉が出てこない」、「やる気がない」、あるいは慎重さや注意不足が現れます。次の時期には記憶障害は明らかになり、他人の言う事を理解するのが難しくなります。

<血管性認知症>
脳の血管が詰まる脳梗塞、脳の血管が壊れる、くも膜下出血などの脳出血などの明らかな脳血管障害が起きたあと、 認知機能が低下した場合、血管性認知症といいます。脳の血管へのダメージは、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病と密接に関連しているといわれています。

<レビー小体型認知症>
レビー小体型認知症は、もの忘れのほか、時間や場所がわからなくなったり、だんだんと身の回りのことができなくなるなどの症状が見られる認知症です。

<前頭葉側頭葉変性症>
前頭側頭葉変性症は、脳の前頭葉や側頭葉の委縮がみられる症状が発症する認知症です。アルツハイマー型が頭頂葉や側頭葉・内側の委縮が起こるのに対して、前頭側頭葉変性症は前頭葉や側頭葉に委縮が現れます。

一覧を見る

疑問にお答えします

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間