ひだまりこころクリニック金山院の患者様の治療例をご紹介しています。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-321-0300タップで電話をかける

心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

ひだまりこころクリニック金山院の患者様の治療例をご紹介しています。

治療例紹介

病名で絞り込む

すべての症例

気分が落ち込み、何もやる気が起きなくなってしまった患者様

患者様情報:男性 病名 : うつ病

  • 相談内容

    営業職の患者様。勤続年数が上がるにつれて、営業成績のプレッシャーや後輩指導などの仕事内容の増加傾向にあり。先日、仕事上のミスを上司より指摘されてから、上司の言動が気になり仕事に集中できない。またミスを起こすのではないかと不安と気分の落ち込みで仕事に手がつかなくなくなり来院されました。

  • 治療内容

    患者様との経緯の聴取や問診・診察により、うつ病と診断しました。気分の落ち込みが強かったため、少量の抗うつ薬を併用した治療を提案し、仕事を継続しながら症状の回復傾向を認めた患者様です。うつ病とは脳の機能の低下に伴う、気分のバランスの崩れで、気分が落ち込んでしまう症状です。少量のSSRI(選択的セトロニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)などのお薬は少量・適切な量から開始することを目指していますので、安心して治療に取り組んでいただけます。

うつ病について詳しく見る

昇進がきっかけで激務となり、会社に行くのが困難になってしまった患者様

患者様情報:女性 病名 : うつ病

  • 相談内容

    最近職場の部署内で昇進された患者様。昇進に伴い、残業や業務量が増え、帰宅時間が遅くなってしまい睡眠不足が続いております。毎朝起きると体がだるく、気分の落ち込みがあっても、それまでは何とか会社には通っていました。しかし最近はさらに症状がつらく、体が思うように動かずに仕事も休みがちになり受診されました。

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、うつ病と診断しました。抑うつの症状の強さや、その他不眠や食欲低下など体の症状も強く出ており、定期的な通勤は難しい状況でした。職場の昇進に伴うプレッシャーや業務量増加に伴う、心と体のバランスの崩れが予想されましたので、まずは自宅療養を中心とした生活習慣を提案させていただきました。なお、漢方などの治療もご希望がございましたので、漢方治療を中心とした、不眠や不安・抑うつ症状の治療を開始し、回復傾向にあり外出や仕事への復帰へ向けた環境調整を実施しました。

うつ病について詳しく見る

うつ病と以前に診断され、治療されたことがある患者様、再度症状の出現あり受診

患者様情報:女性 病名 : うつ病

  • 相談内容

    学生の時や、就職直後の時に、うつ病と診断され治療歴がある患者様。症状はいったん良くなったものの、職場の人間関係でなどで、再度落ち込みや、不安症状が強くなり受診した。以前の薬は現在飲んでおらず、当時の薬は覚えていないけど、再度治療を希望されて来院

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、うつ病と診断しました。うつ病は生涯の再発率も高く60%と言われております。いったん症状が完全に良くなって時間が経過しても、環境の変化やストレスの再出現に伴い、再燃のリスクが上がるとされているからです。当院では、問診や経緯の確認を行いながら、患者様の症状に合わせたお薬治療の提案だけでなく最低限のお薬と最大量の治療効果を目標に治療を行っておりますので、紹介状がなくても受診できますので、まずはお気軽にご相談ください。

うつ病について詳しく見る

出産後、子育て中の、気分の落ち込みやふとした時に涙が流れてしまい受診された患者様

患者様情報:女性 病名 : うつ病

  • 相談内容

    出産後、育児や家事に追われて、なかなかや睡眠や体の休まる時がない状況。この状況が続くのかと思うと先が見えない不安に、家事なども体と心が追い付かず、ふとした時に涙が流れてしまい受診された患者様。

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、うつ病と診断しました。マタニティーブルーズといわれる産後の気分の情緒不安定などを含めて60%の方が産後の気分障害で悩まれていると言われております。気分の不調が、子育てやお子様への接し方への影響なども出てきてしまいますので、お早目のご相談をお勧めします。マタニティーブルーズの症状でお困りの方も、漢方治療を提案させていただけます。もちろんうつ病と診断される症状かどうかは診察の上で判断となりますし、お子さんへの授乳などの影響を考慮して、漢方などの治療や授乳への配慮を行ったお薬などの提案も当院では取り組んでおりますので、まずはお気軽にご相談ください。

うつ病について詳しく見る

なかなか寝つけなくてお困りの患者さま

患者様情報:女性 病名 : 不眠症・睡眠障害

  • 相談内容

    寝付くのに時間がかかるとのことで、来院された患者様

  • 治療内容

    次の日に仕事があるのに、寝床についても眠りになかなかつけない症状は、不眠症・入眠困難と判断されますので、睡眠薬などの睡眠のリズムを整える工夫も提案の中の1つとなります。当患者様も睡眠薬の内服にて睡眠のリズムが整い、その後睡眠の症状に合わせてお薬を減らすことができました。もちろん、スマホや飲酒などの、環境調整が 必要な場合も多いですので、患者様とご相談の上、生活指導だけではなく、ごく少量の睡眠薬の提案や、漢方治療もご提案できますので、まずはお気軽にご相談ください。

不眠症・睡眠障害について詳しく見る

寝ていても途中で起きてしまい、熟睡感がない患者様

患者様情報:男性 病名 : 不眠症・睡眠障害

  • 相談内容

    疲れているのに、夜寝ても途中で起きてしまい、熟睡感がない為に受診された患者様。

  • 治療内容

    夜起きてしまい、熟睡感がない症状は、不眠症・中途覚醒と判断されます。途中で起きてしまう原因としては頻尿など内臓的な要素も絡んでいる場合もございますので、まずは診察とご相談の上で、ス民約の検討なども提案させていただいております。ご相談の上、漢方のご希望に応じて漢方の処方をさせて頂き、症状の回復を認めました。また、朝に残りにくい睡眠薬などもありますので、お気軽にご相談ください。

不眠症・睡眠障害について詳しく見る

朝の朝礼や会議での過度の緊張や人前で発表することが恐怖となってしまった患者様

患者様情報:女性 病名 : パニック障害

  • 相談内容

    朝の朝礼や会議で「うまく会話できるか」、「ちゃんと伝えられることができるか」どうか不安になってしまい、汗や動悸が強くなってしまった患者様。

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、パニック障害と診断しました。人前で話したりなど緊張や不安が高ぶる状況下で、過呼吸や動悸、汗、息のしづらさといった体の症状がとても強く出てしまう疾患です。多くの方は「失敗するかもしれない恐怖」や、「相手からの評価が下がるのではないか」という不安が大きくなりすぎて症状が出やすくなるとされておりますが、原因がはっきりしないこともあります。もちろん、発作が出てしまうのではないかという「予期不安」の症状も強く関係してきます。不安に対する考え方の癖などの見直しを経て、症状が軽くなり体の症状が落ち着いてきました。

パニック障害について詳しく見る

電車に乗ると、過呼吸などの症状が出てしまい会社に通勤が困難になり受診された患者様

患者様情報:男性 病名 : パニック障害

  • 相談内容

    朝の会社通勤で、電車に乗車すると呼吸ができない症状と動悸が強く出てしまい、徐々に通勤が困難となってしまい受診されました。

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、パニック障害と診断しました。電車に乗ると閉鎖空間の為に、「ここから出られなくなるかもしれない」「トイレに行けない」それ以外にも、「この電車の中で発作が出たらどうしよう」と予期不安と強い緊張・不安を強くする状況のためにパニック発作が出やすくなります。患者様とご相談の上、不安に対する感情のコントロールを目的とした少量の抗不安薬などのお薬治療の治療の提案をさせて頂きました、お薬治療というと、副作用などの心配を感じられるかもしれませんが、当院は少量の適切な量のお薬を目指しておりますのでご安心ください。パニック障害は治療が遅くなると、症状の強さの進行から社会生活の大きな制限につながったり、外出が困難になったりと日常生活まで支障をきたすようになりますので、お早めの御相談をお勧めいたします。

パニック障害について詳しく見る

お仕事の昼休憩や、夜自宅に帰った時に、動機や息切れ、息のしづらさが出てしまう患者様

患者様情報:女性 病名 : パニック障害

  • 相談内容

    仕事が増えてきてここ最近残業や睡眠不足が継続している。仕事はとても忙しく、昼休憩や夜自宅で、息切れや呼吸困難感、動悸などの症状が継続する為当院を受診されました。

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、パニック障害と診断しました。パニック障害は、緊張や不安の感情が強い時だけではなく、疲れていて体調がよくない時や、緊張感から解放されてほっとした時にも症状の誘発がされやすくなります。パニック障害の症状は、驚くほど強い症状が出現する為に、「このまま死んでしまうのではないか」と強い恐怖に襲われますので、どんどんと心の休まる期間が短くなり、うつ病やその他の心の不調を誘発されやすくなりますので、注意が必要となります。心と体のバランスの乱れに伴う、不安と緊張の増加と症状の出現が考えられましたので、患者様と府ご相談の上、抗うつ薬と抗不安薬の併用を少量から提案させていただきました。

パニック障害について詳しく見る

誰かに監視されている様子が見えたり、盗聴されているという考えが浮かんで不安になり、外出や日常生活がうまく行えない

患者様情報:女性 病名 : 統合失調症

  • 相談内容

    誰かに監視されている様子が見えたり、盗聴されているという考えが浮かんで不安になり、外出や日常生活がうまく行えない

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、統合失調症と診断しました。現実味を帯びた幻覚や、幻聴・妄想(陽性症状)が大きくなり、精神的に不安定になってしまう状況が出やすくなります。治療としては、抗精神病薬などお薬治療が中心となります。症状が大きくなりすぎる前に、早期の治療が必要とされている疾患であり、患者様もお薬治療を経て幻覚・幻聴・妄想の症状が軽快傾向となりました。

統合失調症について詳しく見る

気分が落ち込み、何もやる気が起きなくなってしまった患者様

患者様情報:男性 病名 : うつ病

  • 相談内容

    営業職の患者様。勤続年数が上がるにつれて、営業成績のプレッシャーや後輩指導などの仕事内容の増加傾向にあり。先日、仕事上のミスを上司より指摘されてから、上司の言動が気になり仕事に集中できない。またミスを起こすのではないかと不安と気分の落ち込みで仕事に手がつかなくなくなり来院されました。

  • 治療内容

    患者様との経緯の聴取や問診・診察により、うつ病と診断しました。気分の落ち込みが強かったため、少量の抗うつ薬を併用した治療を提案し、仕事を継続しながら症状の回復傾向を認めた患者様です。うつ病とは脳の機能の低下に伴う、気分のバランスの崩れで、気分が落ち込んでしまう症状です。少量のSSRI(選択的セトロニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)などのお薬は少量・適切な量から開始することを目指していますので、安心して治療に取り組んでいただけます。

うつ病について詳しく見る

昇進がきっかけで激務となり、会社に行くのが困難になってしまった患者様

患者様情報:女性 病名 : うつ病

  • 相談内容

    最近職場の部署内で昇進された患者様。昇進に伴い、残業や業務量が増え、帰宅時間が遅くなってしまい睡眠不足が続いております。毎朝起きると体がだるく、気分の落ち込みがあっても、それまでは何とか会社には通っていました。しかし最近はさらに症状がつらく、体が思うように動かずに仕事も休みがちになり受診されました。

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、うつ病と診断しました。抑うつの症状の強さや、その他不眠や食欲低下など体の症状も強く出ており、定期的な通勤は難しい状況でした。職場の昇進に伴うプレッシャーや業務量増加に伴う、心と体のバランスの崩れが予想されましたので、まずは自宅療養を中心とした生活習慣を提案させていただきました。なお、漢方などの治療もご希望がございましたので、漢方治療を中心とした、不眠や不安・抑うつ症状の治療を開始し、回復傾向にあり外出や仕事への復帰へ向けた環境調整を実施しました。

うつ病について詳しく見る

うつ病と以前に診断され、治療されたことがある患者様、再度症状の出現あり受診

患者様情報:女性 病名 : うつ病

  • 相談内容

    学生の時や、就職直後の時に、うつ病と診断され治療歴がある患者様。症状はいったん良くなったものの、職場の人間関係でなどで、再度落ち込みや、不安症状が強くなり受診した。以前の薬は現在飲んでおらず、当時の薬は覚えていないけど、再度治療を希望されて来院

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、うつ病と診断しました。うつ病は生涯の再発率も高く60%と言われております。いったん症状が完全に良くなって時間が経過しても、環境の変化やストレスの再出現に伴い、再燃のリスクが上がるとされているからです。当院では、問診や経緯の確認を行いながら、患者様の症状に合わせたお薬治療の提案だけでなく最低限のお薬と最大量の治療効果を目標に治療を行っておりますので、紹介状がなくても受診できますので、まずはお気軽にご相談ください。

うつ病について詳しく見る

出産後、子育て中の、気分の落ち込みやふとした時に涙が流れてしまい受診された患者様

患者様情報:女性 病名 : うつ病

  • 相談内容

    出産後、育児や家事に追われて、なかなかや睡眠や体の休まる時がない状況。この状況が続くのかと思うと先が見えない不安に、家事なども体と心が追い付かず、ふとした時に涙が流れてしまい受診された患者様。

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、うつ病と診断しました。マタニティーブルーズといわれる産後の気分の情緒不安定などを含めて60%の方が産後の気分障害で悩まれていると言われております。気分の不調が、子育てやお子様への接し方への影響なども出てきてしまいますので、お早目のご相談をお勧めします。マタニティーブルーズの症状でお困りの方も、漢方治療を提案させていただけます。もちろんうつ病と診断される症状かどうかは診察の上で判断となりますし、お子さんへの授乳などの影響を考慮して、漢方などの治療や授乳への配慮を行ったお薬などの提案も当院では取り組んでおりますので、まずはお気軽にご相談ください。

うつ病について詳しく見る

なかなか寝つけなくてお困りの患者さま

患者様情報:女性 病名 : 不眠症・睡眠障害

  • 相談内容

    寝付くのに時間がかかるとのことで、来院された患者様

  • 治療内容

    次の日に仕事があるのに、寝床についても眠りになかなかつけない症状は、不眠症・入眠困難と判断されますので、睡眠薬などの睡眠のリズムを整える工夫も提案の中の1つとなります。当患者様も睡眠薬の内服にて睡眠のリズムが整い、その後睡眠の症状に合わせてお薬を減らすことができました。もちろん、スマホや飲酒などの、環境調整が 必要な場合も多いですので、患者様とご相談の上、生活指導だけではなく、ごく少量の睡眠薬の提案や、漢方治療もご提案できますので、まずはお気軽にご相談ください。

不眠症・睡眠障害について詳しく見る

寝ていても途中で起きてしまい、熟睡感がない患者様

患者様情報:男性 病名 : 不眠症・睡眠障害

  • 相談内容

    疲れているのに、夜寝ても途中で起きてしまい、熟睡感がない為に受診された患者様。

  • 治療内容

    夜起きてしまい、熟睡感がない症状は、不眠症・中途覚醒と判断されます。途中で起きてしまう原因としては頻尿など内臓的な要素も絡んでいる場合もございますので、まずは診察とご相談の上で、ス民約の検討なども提案させていただいております。ご相談の上、漢方のご希望に応じて漢方の処方をさせて頂き、症状の回復を認めました。また、朝に残りにくい睡眠薬などもありますので、お気軽にご相談ください。

不眠症・睡眠障害について詳しく見る

朝の朝礼や会議での過度の緊張や人前で発表することが恐怖となってしまった患者様

患者様情報:女性 病名 : パニック障害

  • 相談内容

    朝の朝礼や会議で「うまく会話できるか」、「ちゃんと伝えられることができるか」どうか不安になってしまい、汗や動悸が強くなってしまった患者様。

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、パニック障害と診断しました。人前で話したりなど緊張や不安が高ぶる状況下で、過呼吸や動悸、汗、息のしづらさといった体の症状がとても強く出てしまう疾患です。多くの方は「失敗するかもしれない恐怖」や、「相手からの評価が下がるのではないか」という不安が大きくなりすぎて症状が出やすくなるとされておりますが、原因がはっきりしないこともあります。もちろん、発作が出てしまうのではないかという「予期不安」の症状も強く関係してきます。不安に対する考え方の癖などの見直しを経て、症状が軽くなり体の症状が落ち着いてきました。

パニック障害について詳しく見る

電車に乗ると、過呼吸などの症状が出てしまい会社に通勤が困難になり受診された患者様

患者様情報:男性 病名 : パニック障害

  • 相談内容

    朝の会社通勤で、電車に乗車すると呼吸ができない症状と動悸が強く出てしまい、徐々に通勤が困難となってしまい受診されました。

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、パニック障害と診断しました。電車に乗ると閉鎖空間の為に、「ここから出られなくなるかもしれない」「トイレに行けない」それ以外にも、「この電車の中で発作が出たらどうしよう」と予期不安と強い緊張・不安を強くする状況のためにパニック発作が出やすくなります。患者様とご相談の上、不安に対する感情のコントロールを目的とした少量の抗不安薬などのお薬治療の治療の提案をさせて頂きました、お薬治療というと、副作用などの心配を感じられるかもしれませんが、当院は少量の適切な量のお薬を目指しておりますのでご安心ください。パニック障害は治療が遅くなると、症状の強さの進行から社会生活の大きな制限につながったり、外出が困難になったりと日常生活まで支障をきたすようになりますので、お早めの御相談をお勧めいたします。

パニック障害について詳しく見る

お仕事の昼休憩や、夜自宅に帰った時に、動機や息切れ、息のしづらさが出てしまう患者様

患者様情報:女性 病名 : パニック障害

  • 相談内容

    仕事が増えてきてここ最近残業や睡眠不足が継続している。仕事はとても忙しく、昼休憩や夜自宅で、息切れや呼吸困難感、動悸などの症状が継続する為当院を受診されました。

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、パニック障害と診断しました。パニック障害は、緊張や不安の感情が強い時だけではなく、疲れていて体調がよくない時や、緊張感から解放されてほっとした時にも症状の誘発がされやすくなります。パニック障害の症状は、驚くほど強い症状が出現する為に、「このまま死んでしまうのではないか」と強い恐怖に襲われますので、どんどんと心の休まる期間が短くなり、うつ病やその他の心の不調を誘発されやすくなりますので、注意が必要となります。心と体のバランスの乱れに伴う、不安と緊張の増加と症状の出現が考えられましたので、患者様と府ご相談の上、抗うつ薬と抗不安薬の併用を少量から提案させていただきました。

パニック障害について詳しく見る

誰かに監視されている様子が見えたり、盗聴されているという考えが浮かんで不安になり、外出や日常生活がうまく行えない

患者様情報:女性 病名 : 統合失調症

  • 相談内容

    誰かに監視されている様子が見えたり、盗聴されているという考えが浮かんで不安になり、外出や日常生活がうまく行えない

  • 治療内容

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、統合失調症と診断しました。現実味を帯びた幻覚や、幻聴・妄想(陽性症状)が大きくなり、精神的に不安定になってしまう状況が出やすくなります。治療としては、抗精神病薬などお薬治療が中心となります。症状が大きくなりすぎる前に、早期の治療が必要とされている疾患であり、患者様もお薬治療を経て幻覚・幻聴・妄想の症状が軽快傾向となりました。

統合失調症について詳しく見る

もっと見る(1/2)

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)