診療科目/社交不安障害

社交不安障害の症状でお悩みの方は名古屋市金山の不安障害に対する心理療法も充実しているメンタルクリニック・心療内科・精神科へご相談ください

診療科目/社交不安障害

社交不安障害とは?社交不安障害とは?

「本番に弱い」「あがりやすい性格」として、社交不安障害の症状を我慢したり見過ごしてはいませんか?

社交不安障害

社交不安障害とは、人前で過度の緊張や、その強い緊張に伴う身体症状が出てしまう病気です。朝礼や、会議などの発表だけにとどまらず、会社の上司や、目上の人など、普段話すのとは異なる状況と、緊張を伴う場面で強くあがってしまうのです。

あがってしまって、赤面してしまったり、汗が沢山でてしまったり、言葉に詰まって何も話をできなくなってしまったり、どもってしまうなどの症状が出てしまいます。そのために、社交不安障害でお困りの方たちは発表する内容よりも、そのような身体症状が出現することや、大衆の面前で恥をかいてしまうかもしれないなどといった状況を極端に恐れ、避けるようになってしまうのです。

決して、発表する内容が不十分であったり、質疑応答で困ったりなどの状況ではなく、みんなに見られているかもしれない恐怖や、みんなの前で失敗をしてしまうかもしれない恐怖が強いのが、社交不安障害の特徴なのです。

そのような社交不安障害の症状のために、発表する場を避けるような職場選びをしたり、また発表する人を代理で頼んだり、上司の前で上手に喋ることができずに、社会的には不釣り合いなほどの低評価をされている場合も少なくないのです。

社交不安障害の本人自身も、人前が苦手であるということを強く自覚しており、他の人たちよりも明らかにあがり症状が強いにも関わらず、そのような上がり症状は慢性経過を経ながら徐々に悪化してきているために、自分でも気が付かず「そのような性格」「本番に弱い」などどいった自己判断を下してしまっている場合が多いのです。

また、そのような性格を自己判断してしまっているがために、より自分に対する自信を失い、抑うつ症状や不眠などの症状を来してしまうこともあるのが社交不安障害の特徴なのです。

社交不安障害の症状の特徴や恐怖症としては

・他者からの評価されているかもしれない状況や見られているかもしれないという状況で特に不安や心配が出現してしまう対人恐怖症

・朝礼や会議などのみんなの前で発表するときなど特定の場面で、緊張して声がうまく出せなかったり震えてしまう等の症状が出てしまう場面恐怖症(気心知れた相手ではそのような症状は出現しない)

・緊張のために過度に発汗をしてしまうために、発汗する状況を不安に思ったり、その姿を見られたり笑われることを不安に思い、タオル・ハンカチなどを持っていないと安心できない発汗恐怖症

・皆の前に立つことにより、赤面をしてしまいその様子を指摘されたり、見られたりからかわれるかもしれない赤面恐怖症

などが挙げられます

いずれも、発症時期は10代から20代が多いといわれていますが、多くの社交不安障害の方たちは、そのようなあがり症を性格や苦手として考えていることが多く、病識は乏しいことが多いのです。

このように、何とか我慢をしながらあがり症や社交不安症状が慢性経過しているわけですが、一方で、年齢が上がっていくにつれて、周囲の環境が大きく変わって、社会的立場の上昇や、責任の大きさ、また周囲と自分との評価と比較がなされる頻度が増えてくる場面が多くなる状況が社会で増えてきてしまうのも事実なのです。

社交不安障害の人にとって、そのような社会立場の変化は非常に苦痛になり、会社に行く事や仕事をすることが極端にストレスになり、心身のバランスを崩してうつ病やそのほかの不安障害とされるパニック障害を併発してしまったり、会社に行くと身体症状が出てしまって、自律神経失調症を併発することも増えてしまうのです。

社交不安障害の治療としては薬物療法だけではなく、認知行動療法やエクスポージャー法、森田療法など様々な手法を症状に応じて組み合わせることができる心理療法などで治療する方法もありますので、社交不安障害の症状やあがり症状でお困りの方は、我慢しすぎずメンタルクリニックや心療内科や精神科などの医療機関へご相談ください

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間