診療科目/仮面うつ病

仮面うつ病の治療は稲沢市,津島市,愛西市,清須市から受診しやすいあま市甚目寺の心療内科,精神科へ

診療科目/仮面うつ病

仮面うつ病とは?仮面うつ病とは?

仮面うつ病とうつ病について

仮面うつ病とは、「気のせい」ではありません。うつ病の特徴である、落ち込みの症状よりも、身体的な症状が気づきやすく、痛みや倦怠感、凝りなどの症状が特に辛いと感じてしまっていることが多いうつ病なのです。

 

基本的に仮面うつ病は、うつ病の一種と考えられています。

但し仮面うつ病ではうつ病に特徴的な落ち込み症状が本人の自覚としてもそこまで強くなく、病院受診時にも身体的症状の訴えの方が優先されていることが多いのです。

そのために、うつ病と診断に至るのにいろいろな診療科の受診を経ていて時間がかかってしまっていたり、また心療内科・精神科においても、患者さんのこれまでの経緯や症状などの様々な背景を元に総合的な診断が求められる疾患が仮面うつ病・うつ病です。

特に、身体疾患の多くは、日常生活の質を下げてしまう程ひどく、うつ病に自律神経失調症の合併なども考えられることもあるために、採血や心電図などの検査設備もある心療内科や精神科の受診が特にお勧めです。

 

なぜ、仮面うつ病は心の症状に気が付きにくいのでしょうか?

 

本人の抑うつ症状や落ち込みの自覚が弱かったりすることは、実は仮面うつ病の方に多いとされている、「自分に対して厳しい」「我慢強い」「完璧主義」「周囲との体裁を特に整えようとする」といった意識が働いた傾向が多いと考えられます。

そのために、自分の心の中の気持ちに対して、「落ち込みややる気の低下は、気のせいだ」「そういう考えは疲れているだけだ」「別に困っているほどの強さの気持ちの症状ではない」などど、自己判断や我慢、更には無自覚のうちに病状と判断しない部分が関わっているとも考えられます。

そのために、本人の病識が得られるのには少し時間がかかるだけではなく、日常のストレス負荷に対しても、耐え忍ぼうとしてしまうために、知らないうちに仮面うつ病・うつ病が悪化しすぎてしまうこともあるのです。

 

仮面うつ病と診断されたらどうしたらよいのでしょうか?

 

特に仮面うつ病は、うつ病と同じ治療法に効果があり、心理療法やカウンセリング、また必要に応じて薬物療法である抗うつ薬・SSRIなどが治療法として挙げられます。

 

もし、うつ病と診断された場合は、治療介入が早ければ早いほど治療期間が短く、また薬物治療を開始している方は、服薬量も少なく治療をすることができますので、「もしかして、、仮面うつ病かも」とお思いの方は心療内科・精神科へご受診くださいませ。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。