診療科目

あま市の心療内科 ひだまりこころクリニックの診療科目(うつ病、不眠症、不安神経症、自律神経失調症、ADHD、パニック障害など)の紹介

診療科目

当クリニックでは、このような病気で来院される患者様が多くいらっしゃいます。その他にも何か気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

当クリニックでは、このような病気で来院される患者様が多くいらっしゃいます。その他にも何か気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

  • うつ病

    “たくさん寝てるのに疲れが取れない“
    それってうつ病の始まりかも

    健康な人でも強いストレスや不安を感じると気分が沈みます。しかし、その憂うつな気分や無気力な状態が2週間以上続き、日常生活に支障を来してしまう場合は、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。

    詳しく見る

  • 認知症

    物忘れが増えた..と心配ではありませんか?

    「認知症」とは老いにともない、脳の働きが衰えて記憶・判断力の障害などが起こり、意識障害はないものの社会生活や対人関係に支障が出ている状態をいいます。認知症は原因により、アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などに分類され、それぞれに治療法や対処法が異なります。

    詳しく見る

  • 不眠症・睡眠障害

    眠れない毎日からサヨウナラ

    不眠症・睡眠障害は、「眠れない」という苦痛だけではありません。日中に襲われる眠気や、だるさ、集中力が続かないなど、心と体にさまざまな影響を及ぼします。専門医の指導のもと適切な治療を行えば、毎晩ぐっすり眠れるようになります。

    詳しく見る

  • 不安神経症・強迫性障害

    「考えすぎ」や「心配性」と思い込まないで

    不安障害というのは、不安や恐怖の感情が、普段の状態とは異なって過剰に付きまとってしまい、日常生活に支障をきたしてしまうことです。過度のストレスや疲れなどをきっかけとして、感情のバランスが崩れてしまい、理由に不釣り合いな不安と恐怖が出つづけてきてしまうのです。

    詳しく見る

  • 自律神経失調症

    「慢性的なだるさなどで困っている」
    「病院では検査して異常はないと言われた」
    そんなあなたも、私たちと共に日常を取り戻してみませんか?

    自律神経失調症とは、自律神経がバランスを崩してしまったことです。「自律神経」というのは、脳・胸・腹、筋肉・皮膚を含む、ほとんどすべての全身に分布している神経であり、多くは心臓の循環や呼吸・排泄などをつかさどり、その役割も昼と夜で少しづつ異なっており、私たちの生活のリズムには欠かせない存在が「自律神経」といわれております。

    詳しく見る

  • 統合失調症

    治りにくいといったイメージを捨てて、
    まずは日常生活を取り戻してみませんか?

    統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。「コミュニケーションが取れなくなる」「治りにくい」と誤ったイメージがありますが、心の働きの多くは保たれ、日常生活に復帰するまで回復可能です。考えや行動・感情を1つの目的に沿ってまとめていく能力(統合能力)が長期間にわたって低下し、その経過中に幻覚や妄想、まとまりのない行動がみられる病気です。

    詳しく見る

  • 大人の発達障害・ADHD

    何をやってもうまくいかない、“もしかしてADHDの症状かも?“と思ったら

    ADHDとは注意や行動を“場に応じてコントロールすることが苦手”な状態のために様々な症状やミスや不注意などの症状が出てきてしまいます。
    原因としては活動を整える脳の働きが生まれつき偏ってしまっているのではないかと言われていますが、まだはっきりした原因は分かっていません。

    詳しく見る

  • パニック障害

    動悸や息切れでもう悩まないで

    パニック障害は「パニック発作」と「予期不安」という症状があり、100人に2〜3人が発作すると言われています。
    突然起こる激しい動悸発作、頻脈やこのままでは死んでしまうというような強い不安に襲われる病気です。また、このパニック発作が度々起きることで、発作がまた出るのではないかという予期不安を体験することで、自信を無くしたり、強い環境回避や抑うつ症状などが出現しやすくなります。

    詳しく見る

  • ADHD・注意欠陥多動性障害

    不注意やケアレスミスなどでずっと悩んでいる。そのために人間関係や仕事などいつも上手く行かず落ち込んでいる。そのようなお悩みの方は一度ご相談くださいませ

    ケアレスミスやじっとしていられない、落ち着きがないとずっと言われていた。周りとずっと違和感を感じて過ごしてきてつらい。もしかしたらADHD・注意欠陥多動性障害かも。とお悩みの方は、お気軽にひだまりこころクリニックまでご相談くださいませ。

    詳しく見る

  • 強迫性障害

    何か不吉なことが起こるかもしれないと思い、手洗いや、鍵の確認などの行動が止まらない

    強迫行為とはいずれも“わかってはいるけれどやめられない”ということを十分にご本人も自覚されているのが特徴です。自分で分かっているがゆえに、無意味な行動だと思って、誰にも相談できず葛藤やしんどさ・苦しさを抱えてしまっていませんか?

    詳しく見る

  • 双極性障害・躁うつ病

    ”ハイテンションになったり”一方で”急激に落ち込んで何も手につかない状況が続いたり”
    気分の変調に振り回されて、人間関係や自分の体調まで崩していませんか??

    双極性障害は、躁うつ病とも呼ばれてきました。
    急にハイテンションになって、多幸感が出たり、疲れ知らずな”ハイな状態”がある期間続いたかと思うと、やる気が出ないで一日中ふさぎ込んでしまう、そんな状況が繰り返されてしまう双極性障害。心理療法も含めた治療で感情の浮き沈みを整えていきませんか??

    詳しく見る

  • むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群:RLS)

    むずむず脚症候群とはどんな病気でしょうか?

    安静にしていると、症状がむずむずと強くなる、むずむず脚症候群。なかなか表現しづらい感覚であるために、我慢しすぎてしまったり、睡眠不足などの不眠症を呈していませんか?鉄欠乏などの他の原因から来ていることもあるので、我慢しすぎず、心療内科などの医療機関への受診をお勧めいたします。

    詳しく見る

case 治療例紹介

case
治療例紹介

当院に通院していただいた患者様の治療例の一部をご紹介いたします。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。