七宝町・大治町・清須市・稲沢市・津島市・愛西市から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

七宝町・大治町・清須市・稲沢市・津島市・愛西市から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

よくあるご質問

診療・治療法について

 

薬を一度飲み始めるとやめられなくなると聞いたのですが?

睡眠薬や抗不安薬などの一部の薬には依存性を認めますが、適切な量を適切な期間使用することで依存のリスクを最小限にすることができます。

抑うつや不安などの精神症状が重い場合は一定期間、睡眠薬や抗不安薬などを使用した方が早く回復することも事実です。

また、依存性の少ない薬もございますので、お気軽に診察時にご相談ください。

薬の副作用が怖いのですが?

安全性の高い薬を少しずつ増量することで、副作用が生じる可能性を最小限にするように心がけています。

軽い副作用であれば数日で自然に改善することがほとんどですが、予期しない副作用を認める場合はお問い合わせください。

心療内科や精神科の薬を飲むとボケたり、性格が変わってしまうのではないですか?

心療内科や精神科の薬(向精神薬といいます)で時に眠気などの副作用を認めることがあます。

ただし、薬を変えたり中止したりすることで速やかに改善し、薬が体に残ることはありません。

したがって向精神薬が原因でボケるということはありません。

多くの向精神薬には脳の神経細胞の働きを整え、調子を崩す前の本来の精神状態に戻す作用がありますが、向精神薬を内服することで性格が変わってしまうということはありません。

将来妊娠を希望しているのですが、薬を飲んでも大丈夫ですか?

現在授乳していたり、将来妊娠を希望している患者様には、漢方薬を除く薬はお勧めしていません。

なぜなら一部の薬では催奇形性などのリスクが研究で明らかになっているからです。

ただし、精神症状が重く、漢方薬のみでは効果が不十分な場合は一時的に薬を使用する場合もあります。

ご心配であれば診察時にお気軽にご相談ください。

家族の物忘れが気になるのですが、認知症の検査はできますか?

一般的な認知機能検査は初診時に可能です。

必要があれば臨床心理士による複雑な認知機能検査や、提携医療機関での頭部MRI等の画像検査を行うこともできます。

 

セカンドオピニオンに乗っていただけますか?

セカンドオピニオンご希望の方は、お薬手帳もしくは、現在飲んでいるお薬がわかるものをお持ちいただけると、より的確なアドバイスができると思いますので、ご準備いただけると幸いです。

もし可能なら、前医の診断名も教えていただけると助かります

病気の原因が身体的なものであった場合、該当する科の病院を紹介していただけますか?

総合病院や専門医にご紹介することが可能です。
からだの病気が疑われた場合、適切な医療機関を紹介させていただきます。

休職の申請への対応は可能ですか?

当院は産業医の資格を有する医師が診療を行っております。
職場との連携をとりながら対応いたしますのでご相談下さい。

ひだまりこころクリニックでは入院は可能ですか?

当院には入院設備はございませんので、入院が可能な施設にご紹介いたします。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30