七宝町・大治町・清須市・稲沢市・津島市・愛西市から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

七宝町・大治町・清須市・稲沢市・津島市・愛西市から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

よくあるご質問

頭痛について

 

緊張型頭痛や片頭痛で痛みどめを服用する時に注意することはありますか?

薬剤誘発性頭痛(薬剤乱用頭痛)とwithdrawal headache(鎮痛薬断薬頭痛)に注意が必要です。

鎮痛薬を予防目的などで10~15日/月以上服用し続けると、痛みの感受性の調節機能に混乱が生じ、以前より強い頭痛が絶え間なく続くようになります。このような頭痛を薬剤誘発性頭痛といいます。そして、その頭痛を止めるため、さらに鎮痛薬を服用し悪循環に陥ります。

また、withdrawal headache(鎮痛薬断薬頭痛)とは、鎮痛薬を長期間使用するとかえって痛みに対して敏感になり頭痛がとれなくなってしまい、その鎮痛薬を急に中止したときに起こる頭痛のことを言います。

痛みがなかなか消えない場合は自己判断で鎮痛薬を増やすのではなく、早めに相談にきてください。

片頭痛と緊張型頭痛は同時に起こることはあるのですか?

どちらも混在するような疾患は存在します。例えば慢性連日性頭痛というものは、緊張型頭痛・片頭痛の両方の要素を持っています。

この病態の定義は、一日に4時間以上の頭痛が1ヵ月に15日以上、3ヵ月を越えて続くものとされており、QOLへの影響が大きい、睡眠障害・うつ状態・薬物乱用などを伴う、人格障害を伴いやすい、心身の両面にわたるケアが必要といった特徴があります。

片頭痛の治療ではどのような薬を使いますか?

片頭痛の前兆があるとき、あるいは発作初期には、炎症を抑える消炎鎮痛薬や血管を収縮させるエルゴタミン製剤を、また発作後には効果が高く、血管収縮および痛みの原因物質の抑制作用があるトリプタン製剤を、そして、片頭痛発作が1ヵ月に2回以上あるときには、血管の収縮を抑え、それに続く血管の拡張をコントロールして頭痛を予防するカルシウム拮抗薬を使用します。

その他には抗不安薬や抗うつ薬などのストレスや不安症状に効果のある薬剤を使用する場合もあります。

片頭痛はどうしたら治りますか?

精神的ストレスが片頭痛の発症要因の中で比較的多いこと指摘されており、またうつや不安、パニック障害と片頭痛との関連を指摘する報告も多くあります。そのため患者さんの心理社会的背景を十分把握した上で治療を行なうことが必要です。ストレスに伴う片頭痛は、抗不安薬、生活指導、環境調整、心理療法、リラクゼーションによって治療を開始します。

ガイドラインでは片頭痛と診断されても治療効果が思わしくない場合には、他の疾患の存在を考えるように記載されています。

片頭痛について詳しく教えてください

片頭痛には何の前兆もなく起こるものと、なんらかの予兆や前兆のあるものとがあります。片頭痛の患者さんの約8割は前兆を感じるといいます。

予兆としては、あくび、眠気、むくみ、イライラ、空腹感などが、また前兆としては、閃輝暗点、手足のしびれ、脱力などの症状が現れます。

また、片頭痛がなぜ起こるのか、詳しい原因はまだわかっていませんが、主に3つの説が考えられています。

神経伝達物資であり発痛物資でもあるセロトニンにより血管壁に炎症が起こり頭痛が発生するとする「血管説」。

なんらかの原因により三叉神経から痛みの原因物質が放出され、血管の炎症を起こして頭痛になるとする「三叉神経血管説」。そして、脳の過剰反応によって頭痛が発生すると考える「神経説」があります。

緊張型頭痛について詳しく教えてください。

この頭痛では、痛み自体はじわっと持続的なもので日常生活に著しく支障をきたすということはあまりありません。多くの場合、肩や首筋のこりを伴って起こり、その他、目の疲れやめまいを伴ったり、何もしていないのに疲れるという症状があらわれることがあります。

原因としてはストレスによる筋肉の緊張が考えられています。例えば家庭内での問題や環境での問題などの精神的ストレスや、長時間のOA機器作業、デスクワーク、悪い姿勢などによる身体的ストレスによって、中枢・末梢での感受性の亢進、筋収縮が起こり、痛みを感じます。

痛みを感じる筋肉は、後頭筋、側頭筋、僧帽筋、などです

 

痛発生の原因はストレスによる筋肉の緊張であるため、ストレスに対する対策が治療の基本となります。

頭痛が起こるとすぐ頭痛薬を飲む人がいますが、緊張型頭痛の治療はまずストレスをコントロールし、その上で薬物療法を行ないます。

つまり、まず日常生活上での増悪因子(過労、睡眠不足、悪い姿勢)や歯科的異常を除去します。それでも効果のない場合、まず筋弛緩薬を処方します。頭痛に伴って不安・緊張が認められる場合は、抗不安薬を併用します。これらの薬剤で十分な効果が得られない場合は、薬剤の変更あるいは増量を行ないます。それでも効果が十分得られない場合、抗うつ薬を少量より開始し、経過に応じて増量します。

抗うつ薬を使用するのは、うつ病などの可能性が考えられるからですので、この場合にはしっかりとしたうつ病の治療を行う事が大切となります。

一次性頭痛について詳しく教えてください

一次性頭痛は原因が分からないまま繰り返していく慢性頭痛ですが、大きくわけると「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」があります。

患者さんからすると毎日の生活でよく起きることなので、「そういうものだ」と思い込んでなかなか受診でせず、急に症状が悪化した時に病院に駆け込むということが少なくありません。

緊張型頭痛とは、後頸筋等の持続緊張等により、頭が締め付けられるように痛む頭痛です。痛みは漫然と続いていきます。

片頭痛とは、女性に多く、拍動性、片側性の頭痛発作を繰り返す頭痛です。定期的に強い痛みが起こります。

群発頭痛とは、20~30代の男性に多く、片側の目の奥が激しく痛み、15~180分間(平均45分)持続します。片頭痛のような拍動する痛みはありません。発作時に、頭痛と同側の結膜充血、流涙、鼻汁、縮瞳などの自律神経症状を伴います。頭痛発作は通常1~2ヵ月間群発しておさまり、その後また再発するという周期性を示します。原因は解明されていませんが、目の奥を走る内頸動脈に炎症が起こるためと考えられています。

二次性頭痛を疑うべき時とはどのような時でしょうか?

次に挙げる項目に当てはまる場合は二次性頭痛である、くも膜下出血・慢性硬膜下血種・脳腫瘍の可能性があります。

そういった場合には神経内科や脳神経外科などを受診することをお勧めします。

1.今まで経験したことのない痛みがある

2.突然痛み始める

3.数週間~数ヵ月の間に次第に痛みがひどくなる

4.麻痺やしびれ、けいれん、意識障害などがある

5.物が二重に見える

6.高熱がある

7.身体の向き、力み、咳などで痛みが強くなる

二次性頭痛とは何ですか?

二次性頭痛には「くも膜下出血」「慢性硬膜下血種」「脳腫瘍」があります。

くも膜下出血(急性)では、脳動脈瘤の破裂によって、くも膜と軟膜の間に出血が広がります。バットで殴られたような突発する激しい頭痛を訴えます。吐き気や嘔吐・意識障害・項部硬直などを伴うことがあります。発症後、数時間以内に適切な処置を受け、再出血を防ぐことが命を救うカギになります。

また、慢性硬膜下血種では、軽い頭部外傷によって硬膜下腔に徐々に血種ができ、数ヵ月後に頭痛・痴呆・麻痺・軽い言語障害などがおきます。高齢者や飲酒による転倒後などによく見られます。

脳腫瘍では、腫瘍のため鈍い痛みが持続し、腫瘍が大きくなるに従い徐々に痛みが強くなります。1日のうち、脳内圧が高くなる早朝に頭痛が起こることが多く、腫瘍の場所によっては、吐き気や嘔吐・方麻痺・けいれん・言語障害を伴うこともあります

頭痛にも種類があると聞いたのですが、本当ですか?

頭痛は古代からある歴史の長い疾患であり、ありふれた疾患です。

一言で頭痛といっても色々な種類があり、国際頭痛学会(IHS)の分類(ICHD-II)では「一次性(機能性)頭痛」、「二次性(症候性)頭痛」、「頭部神経痛、中枢性顔頭痛とその他の頭痛」の3つに大きく分けられています。

一次性頭痛は原因が明らかでないまま繰返し起こる慢性頭痛のことをいい、「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の3つに分けられます。

また二次性頭痛は、急性・亜急性のことが多く、特に生命に危険のある重大疾患が含まれることがあり注意が必要です。

最近増えているのが精神的ストレスによる緊張型頭痛や片頭痛で、心身症としての対応が求められています。

頭痛の約半分は緊張型頭痛であり、次いで片頭痛となっています。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30