あま市、清須市、津島市、稲沢市、愛西市から通える心療内科・精神科。うつ、パニック、不眠治療なら専門医へ。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-321-0300タップで電話をかける

心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

クリニックブログ

2021.05.16

アカシジアについて

【アカシジア】今回は精神科領域で使用されるお薬の副作用について解説していきたいと思います

お薬の副作用のなかには、もともとの病気の症状が悪化したのではないかと錯覚させるようなものがあります。例えば、うつ病と診断されお薬を飲んでいる場合で考えてみましょう。実際は抗うつ薬の副作用で落ち着かない状態が生じている場合であっても、患者さんにはうつ病の症状と見分けがつきません。

そこで心配な点は、「病状が悪化した」「薬が効いていない」と思いこみ、自己判断でお薬の量を増やしてしまうこと。そうすると、本来の病状が良くならないだけでなく、副作用が悪化し、あまりの苦しさに自分を傷つける行為に及んでしまうことがあります。

今回ご紹介するのは、お薬の副作用のひとつである「アカシジア」。どのような症状なのか、くわしく見ていきましょう。

●アカシジア概要

アカシジアは、「静座不能症」と訳される字の通り、座ったままでじっとしていられなくなる症状で、本人にとって大変不快なものです。ほとんどがお薬の副作用によって生じると言われています。原因薬となるのは抗精神病薬が多いとされていますが、抗うつ薬や、一部の胃腸薬などによっても引き起こされることがあるので注意が必要です。アカシジアの分類としては、お薬の開始・増量からおよそ4週間以内(多くは数日以内)に発症する「急性アカシジア」と、3か月以上たって発症する「遅発性アカシジア」、原因薬の中断により6週間以内に発症する「離脱性アカシジア」があります。

●アカシジアの症状

アカシジアの主な症状は以下の通りです。

  • ・体や足のそわそわ感、むずむず感、灼熱感
  • ・座ったままでいられず、歩き回りたくなる
  • ・じっとしていられず、脚を小刻みに動かしたくなる
  • ・姿勢を頻繁に変えたくなる

いずれも歩行や運動によって軽減されることが特徴のひとつです。また、気分のソワソワ感より身体のソワソワ感が強いことも特徴だと言われています。

アカシジアの原因や治療・症状についての解説

●アカシジアの原因

アカシジアが生じる仕組みは、脳内のドパミンの働きが抗精神病薬などによって過度に遮断されることが一因だと考えられています。しかし、最近では、ドパミン遮断作用のないお薬の副作用として生じる例も報告されており、十分には解明されていません。

●アカシジアの治療

お薬の副作用によるアカシジアには、主に以下の対処法がとられます。

原因となっているお薬の減薬、変更

第一にとられる対処法です。原因となっているお薬の量を減らしたり、別のお薬に変更して様子を見ます。ほとんどのケースではこうした対処で改善がみられると言われています。

抗コリン薬やベンゾジアゼピン系薬剤の併用

原因薬の減量や変更が難しいときや症状が強いときは、アカシジアを和らげる別のお薬を内服や注射で投与します。アカシジアの症状が重篤な場合も、これらの対処法で速やかに症状を軽減することができると言われています。

今回は、お薬の副作用―アカシジア―についてご紹介しました。アカシジアは減量や変薬で解消しやすい副作用だと言われています。突然の症状に不安になることもあるかと思いますが、お薬の増減や中止は絶対に自己判断でせず、主治医にご相談くださいね。

参考資料:
厚生労働省(2010)『重篤副作用疾患別対応マニュアル アカシジア』
井上猛ら(編)(2018)『こころの治療薬ハンドブック第11版』星和書店

名古屋駅直結の心療内科,精神科,メンタルクリニックの名駅エスカ院です名古屋市栄の心療内科メンタルクリニックのひだまりこころクリニック栄院名古屋市金山の心療内科メンタルクリニックのひだまりこころクリニック金山院あま市の心療内科メンタルクリニック,精神科のひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間