あま市、清須市、津島市、稲沢市、愛西市から通える心療内科・精神科。うつ、パニック、不眠治療なら専門医へ。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-321-0300タップで電話をかける

心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
クリニックブログ

クリニックブログ

2020.05.13

コロナストレスで太ってしまった!?【コロナ太りを防ぐ方法】

外出自粛のストレスから、つい甘いものを食べたりしていませんか?「なんか服がきついな」と思って余計に悩んでふさぎ込んでしまう方もみえるかもしれません。

実は、コロナストレスで体重が増えたという声は多いです。この記事では、コロナストレスで太るメカニズムと、コロナ太りを阻止する方法についてお話しします。

実は3月中旬には「#コロナ太り」がツイッターにあがっていた

いつ「#コロナ太り」という言葉が出始めたと思いますか?

3月25日の小池百合子東京都知事による緊急記者会見後に、渋谷の外出人数が前の月上旬の半分と比べてガクッと減ったと言われています。外出自粛が一気に進んだのはそのぐらいなので、4月ぐらいかなと思われる人が多いかもしれません。しかし、3月18日のウェブニュースの記事では既に「#コロナ太り」がニュースにあがっていました。

心療内科ひだまりこころクリニック金山院ではコロナストレスの相談受診も承っております

【コロナ太りの原因】運動不足以外にも「ストレス」が原因

外出自粛による運動不足がコロナ太りの大きな原因と考えられています。もちろん、運動不足は体重増加の大きな原因であることは否定できません。しかし3月18日の時点では、確かにスポーツイベントの自粛はありましたが、大手スポーツクラブは3月中旬から休業しているところが多く、今ほど運動も行えないというわけではありませんでした。

ということは、他の要因もコロナ太りには関わっていると考えられます。そのコロナ太りの要因の1つにストレスがあると考えられます。

なぜストレスで太ってしまうのか

ストレスが溜まっている人ほど太りやすいというのは、実は科学的に証明されています。

ストレスを受けるとコルチゾールというストレスに対抗するためのホルモンが分泌されます。コルチゾールが分泌されると、俗にいう幸せホルモンのセロトニンが減ってしまいます。セロトニンには食欲を抑える働きもあります。そのセロトニンが減ってしまうので、食欲が増してしまうのです。

また、コルチゾールには成長ホルモンの分泌を抑える作用があります。成長ホルモンは子どもだけではなく大人にとっても大事なものです。成長ホルモンには運動後に傷ついた筋肉を回復・強化してくれる働きがあります。筋肉が作れなくなるため、代謝が低下してしまうことも太ってしまうことに繋がります。

コロナストレスの対処方法について解説しております

コロナ太りを阻止する方法

緊急事態宣言でなかなか外やジムで運動できない人にもできるコロナ太りを阻止する方法を3つご紹介します。ストレスの発散を食行動といった方法に置き換えてしまっている方はぜひご覧ください。

【コロナ太りの予防方法①】週に2回以上体重をチェックする

ダイエットには有効なのは、セルフモニタリングによる「自制」と「成果」の確認と言われています。セルフモニタリングとは、簡単にいえば自分の行動や活動を記録することや、自分の状態を把握することです。ただ記録することですが、例えば「昨日はお菓子を我慢したから0.4kgも体重が減った」というように、自分の「自制」が「成果」につながっていることが確認できるので、やる気を上げることができます。

株式会社リンクアンドコミュニケーションが企業向け健康経営支援アプリ「カラダかわるNavi」のユーザーに2020年2~3月の身体状況・健康行動の変化についての調査を行いました。その結果、アプリへの体重入力が週に1回以下の人は2回以上入力する人と比べ、3月後半から顕著に体重が増加していることが分かりました。それほど、体重チェックが今回のコロナ太り対策では重要と考えられます。

【コロナ太りの予防方法②】泣ける映画や物語、笑える番組を見る

ストレスの発散方法としてつい甘いものを食べてしまうという人には、他のストレス発散手段として泣ける映画や物語を見る方法をおすすめします。涙を流すことで、セロトニンが分泌され、怒りや悲しみなどの不快な感情が和らぐとも言われています。

また、コロナによる自粛モードでは笑ったりといった感情表現も減ってしまっています。感情を押さえたり、感情が乏しい生活はストレスを感じやすいです。ストレスの発散という意味では、泣ける映画や笑える番組で「思いっきり泣く、思いっきり笑う」というように自分の感情を発散してあげることもストレスの発散につながります。

心療内科と精神科のひだまりこころクリニック金山院です

【コロナ太りの予防方法③】どうしても食べたくなったらしっかりと咀嚼が促されるものを(ナッツ類など)

運動があまりできないとなると、ダイエットはなかなか進みません。

外出もできなくて気分もなかなか晴れない、ダイエットしているのに体重がなかなか減らないと、ストレスがさらに溜まってしまいます。そのためどうしても何か食べたくなったら、甘いお菓子ばかりではなく、噛み応えのあるものや、カロリーの低いものや食物繊維を多く含んだ食品を選ぶことも大切です。ナッツ類なども良いかもしれません。

アメリカで行われた研究によると、ナッツは肥満の危険度を46%も下げたという報告もあります。また、噛む回数が増えると腹持ちがよくなりますので、ナッツを食べるときはよく噛むようにするとよいです。

まとめ

この記事ではなぜコロナ太りするのかや、コロナ太りを阻止する方法をご紹介しました。

肥満は糖尿病に結びつきやすいだけではなく、実はうつ病にも結び付きやすいです。太っている人はそうではない人と比べ1.5倍もうつ病になりやすいと言われているほどです。ストレスが溜まってついお菓子を食べてしまいがちな方は予防方法を取り組んでみませんか?。

ストレスが強かったり、心の不調でお困りの方は、遠慮なさらず医療機関までご相談くださいませ。

名古屋市金山の心療内科・メンタルクリニックのひだまりこころクリニック金山院

【新型コロナ感染症に関連した記事はこちらから】

コロナ不安【不安と葛藤を解消する方法】

コロナストレス|お金や家庭・夫婦・子育てなど間接的なストレスにご注意

感染対策の強化について【アクリル板の設置】

コロナ自粛で【メンタル不調が改善する人とは】

コロナ離婚やコロナ危機の夫婦関係のストレスなら、ひだまりこころクリニック金山院までご相談くださいませ

新型コロナの予防対策についてご紹介(金山院Ver)

「コロナうつ」「コロナ不安」、コロナの疲労やストレスに関連する不調とは

コロナ自粛、コロナストレスに負けない過ごし方とは

1枚10円でマスク販売/飛沫感染予防の強化のために

医療機関の受診がご心配な方へ、当院の新型コロナウイルス感染症対策について

名古屋市金山の心療内科ひだまりこころクリニック金山院栄の心療内科・メンタルクリニックのひだまりこころクリニック栄院あま市の心療内科メンタルクリニックひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間