クリニックブログ

クリニックブログ

2019.12.03

パニック障害は芸能人にも多い!早めの治療が大切です

身体に特に異常はないのに、電車や閉鎖的な空間、エレベータ、トンネル、高速道路、美容院などで急に息が苦しく感じたり、ドキドキ心臓が早くなったり、吐き気や叫びたくなるような辛さが急に襲ってきてしまう事はありませんか?

パニック障害の誘発される状況や症状は皆様それぞれ異なります

パニック障害の症状はお一人お一人異なります。他のパニック障害で抱えている方と同じエピソードやすべての状況や症状が合致する必要はないのです

パニック障害の症状は、皆さん、誘発される症状や状況は様々であるために、あれ?もしひょっとしてパニック障害かも、、、とお一人で悩まれている方も多いのではないでしょうか?パニック障害は、お一人で我慢したり悩まれたりされている方も多い疾患です。まずは心療内科やメンタルクリニックなどの医療機関へ相談をしてみませんか?

パニック障害は芸能人にも多く、最近は取り上げられることも増えてきました

実は芸能人にもパニック障害で悩まれている方は多いのです。舞台やテレビ、営業先で動悸や息切れ、発汗や震えなど、実は華やかに見える芸能界にもパニック障害で悩まれている方、それにより仕事をセーブしたり、仕事への影響が出現してしまっている方は実は多く、症状や体調に応じては活動休止を選択せざるを得ない芸能人もいらっしゃいます。

このように昨今では、テレビや芸能ニュースなどでもパニック障害やその症状で苦しんでいる人たちに関して取り上げられることも最近は増えてきております。そのために、パニック障害は決して稀な病気ではなく、パニック障害によりつらい症状を抱えて日常生活や社会生活で苦しんでしまう事があるという認識が、周囲の人たちにも広く理解をされつつあるという傾向が、パニック障害にはあると考えられます。

パニック障害はどうして私たちに起きるのでしょうか?

パニック障害はストレスや疲れがたまることにより、心身の疲労や、ストレスホルモンのバランスの崩れを招き、身体的な症状や発作として出現してしまうのがパニック障害でないかと考えられております。

現代では、人との関わり方や仕事の取り組み方等非常に多様性を極めてきました。そのために、人間関係を構築することの困難さ、更には価値観の違う人たちの中で自分という自分像を求めていく事の困難さが相対的に大きくなり、人間関係や会社関係・家庭関係で大きくぶつかったり悩んだりすることが非常に多くなりました。このような状況下で、ストレスが大きくなってくると、不安や緊張などが不釣り合いに大きくなってしまって、身体的にも反応して、震えや、息苦しさ、のどの詰まる感じ、汗をかいてしまうなどの過剰な身体反応(パニック症状)を呈してしまうのが、パニック障害なのです。

パニック発作は本当に耐え難い、つらい症状なのです

特にパニック障害は、本人にとっては非常に耐え難い身体症状であるために、“二度とこのような身体症状(パニック症状)を経験したくない”、“またあの身体症状が起きたらどうしよう”と怖くなったり不安に感じるために、パニック症状が誘発されやすい状況を避けたり、助けを求めにくい閉鎖空間や大勢が集う場所などを極度に避けて(広場恐怖)、行動をせざるを得なくなってしまうのがパニック障害なのです。

このようなパニック発作のために、日常生活や社会生活への影響はとても大きく、また周囲のパニック障害への理解が進んできたとはいえ、つらくしんどい病気であるという認識や共感を得ることが困難である場合もあり、本人が一人抱え込んで悩んでしまう事もあります。パニック障害は心療内科やメンタルクリニックへの早めの受診や治療を行うことで、治療期間が短くなったり生活への影響なども最小限に抑えることが目指せます。また、パニック障害の方の50%程度の方にうつ病の合併などの指摘も報告されておりますので、自己判断しすぎず医療機関までご相談いただけましたらと思います。

名古屋金山の心療内科・メンタルクリニック

パニック障害の詳しい説明についてはこちらから

パニック障害の治療例

ひだまりこころクリニック金山院

 

野村紀夫 監修
ひだまりこころクリニック 理事長 / 名古屋大学医学部卒業
保有資格 / 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医、日本精神神経学会 指導医、認知症サポート医など
所属学会 / 日本精神神経学会、日本心療内科学会、日本うつ病学会、日本認知症学会など

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間