クリニックブログ

クリニックブログ

2019.08.13

【名古屋・金山の心療内科】うつ病の急性期とは?ご家族のサポートについて

うつ病の急性期とは何でしょうか?

うつ病の急性期というのは、うつ病の症状で最も症状が辛く重い時期で、抑うつ症状や不安症状、イライラや落ち込みといったうつ病症状が強く時期や、心療内科の通院を始めてから間もなくのうつ病の症状を改善していく時期も含まれています。

うつ病にかかってしまった人だけでなく、その周囲の人たちとの関わりもとても重要な意味を持つのが、うつ病の治療なのです。

うつ病は昨今、生涯うつ病にかかる人の割合は、10人に1人から3人うつ病にかかるとも指摘をされており、決してまれな疾患ではありません。
うつ病の急性期には、ご本人さんの人格が変わってしまったのかと思うくらいに、“ネガティブな考え方であったり”、“自分の自信のなさ”が強く出てしまっています。

うつ病にかかると、「自分が悪いから、みんなに迷惑をかけてしまうのだ」「自分がこうなったのは自分が弱いからだ」と思い込んでしまいます。

うつ病にかかってしまうと、必要以上に、自身に対して否定的で、自分の自信も低下してしまっているのです。

また、「自分がダメなのは、自分にあるから治療を受けても治るものではない」と、一番症状がつらく、治療を要している時期に、このような考えを持ちがちで、かつ心身共に疲労感が辛いことが重なって、治療や通院に消極的になり、より医療から遠ざかってしまいがちなのがこのうつ病の急性期の時期なのです。

うつ病で悩む方の周囲の人たちは、うつ病という病状の為に、普段とは大きく異なり“否定的”で“ネガティブ”な考え方に陥っているという点を十分に理解して、うつ病の患者さんが抱えている辛い悩みや想いに共感しつつも、体調が悪いにも関わらず、「辛いのは心の病気だから通院しても、治療しても無駄だ」と思ってしまう、考え方に巻き込まれないことが重要です。

 

うつ病の急性期には十分な休息も必要です

うつ病の急性期には、否定的な考えが起きがちというだけではなく、脳が機能不全になってしまっており、判断を誤ってしまったり、否定的な考えでより悪い結果を招いてしまったりしてしまいます。

脳が疲れ切ってしまって、十分に処理ができない事から招かれるこのような脳の機能不全は、抗うつ薬を主体とした薬物治療だけではなく、適切な休息を併せることにより治療効果が高まります。

ですが、うつ病の患者様は休息をとることを「怠けられない」「休むなんてみんなに迷惑がかかるだけ」「休む自分はダメな人」だと考えて、治療として必要とされる休息を受け入れることができない方がみえます。

ですので、ご家族や周囲の方たちは、ご本人さんに、「つらい時には休んで、体調を整えることも重要だよ」と語りかけてあげることで、本人は安心することができます。

 

うつ病治療なら、名古屋・金山の心療内科・メンタルクリニックのひだまりこころクリニック金山院へご相談くださいませ

うつ病でお困りではありませんか?うつ病治療には、早期受診と早期治療が重要です。症状がつらくなりすぎる前に受診することで、休職や自宅療養期間などの家庭や社会活動への影響をできうる限り少なくすることができます。

名古屋・金山の心療内科・メンタルクリニック・精神科のひだまりこころクリニック金山院は、うつ病でお困りの患者様も大勢受診されているクリニックです。薬物療法だけではなく、心理療法・カウンセリングや、症状に応じて漢方治療を提案するだけではなく、精神保健福祉士とも連携をして、適切な医療サポートや医療福祉サービスのご案内もしております。

土曜日・日曜日も診療している、名古屋市金山駅直結、金山総合駅構内のメンタルクリニック・心療内科ですのでお気軽にご相談くださいませ。

 

うつ病の詳しい説明はこちら

トップページ

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間