治療例紹介

当院の患者様の治療例の一部をご紹介いたします。

治療例紹介

病名で絞り込む

当クリニックの症例の一部をご紹介します。

不眠症・睡眠障害

当クリニックの症例の一部をご紹介します。

なかなか寝つけなくてお困りの患者さま

女性

患者様情報:女性 病名 : 不眠症・睡眠障害

不眠症・睡眠障害について詳しく見る

寝ていても途中で起きてしまい、熟睡感がない患者様

男性

患者様情報:男性 病名 : 不眠症・睡眠障害

  • 相談内容

    疲れているのに、夜寝ても途中で起きてしまい、熟睡感がない為に受診された患者様。

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    夜起きてしまい、熟睡感がない症状は、不眠症・中途覚醒と判断されます。途中で起きてしまう原因としては頻尿など内臓的な要素も絡んでいる場合もございますので、まずは診察とご相談の上で、ス民約の検討なども提案させていただいております。ご相談の上、漢方のご希望に応じて漢方の処方をさせて頂き、症状の回復を認めました。また、朝に残りにくい睡眠薬などもありますので、お気軽にご相談ください。

不眠症・睡眠障害について詳しく見る

いびきと日中の眠気で困っている

男性

患者様情報:名古屋市/男性 病名 : 不眠症・睡眠障害

  • 相談内容

    いびきと日中の眠気がある方。パートナーからのいびきを指摘されていました

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    受診時の問診・診察より、睡眠時無呼吸検査の簡易検査を実施をいたしました。AHIが高く重度の睡眠時無呼吸症状群と診断をしました。不眠症の原因として、睡眠時のいびき様子や、日中の眠気といったエピソードから睡眠時無呼吸症候群による不眠症・睡眠障害と診断されることがあります。簡易検査のAHIの高さだけではなく、結果に応じてポリソムノグラフィーによる精密検査をお勧めさせていただくことがあります。睡眠時無呼吸症候群は、体重の減量だけではなく、マウスピースやCPAPといった夜間装着するマスクなどの治療が有効となります。睡眠時無呼吸検査が必要な方には、当院で行える簡易検査の実施だけではなく、周辺の医療機関と連携をしながら、睡眠時無呼吸検査・治療をご相談させていただいております。もちろん、睡眠時無呼吸症候群でなかったとしても、睡眠環境の見直しを含めた不眠症・睡眠障害の治療のご提案もさせていただいておりますので、お気軽にご相談くださいませ

不眠症・睡眠障害について詳しく見る

憂鬱な気持ちや不安があれこれ浮かんで眠れない

男性

患者様情報:名古屋市/男性 病名 : 不眠症・睡眠障害

  • 相談内容

    夜になると、次の日の会社の事など、不安事をいろいろと考えて気分も落ち込んでしまう。その様な心配事や考えがいろいろと止まらずに眠れない。

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    症状と経緯を診察し、不眠症・睡眠障害と判断をしました。不眠症の原因として、うつ病と診断されるほど、抑うつ症状や朝の起きづらさや、食欲の低下なども認めておりました。うつ病では、多くの方が不眠症や睡眠障害を併発されている方が多く、うつ病の抑うつ症状や不安症状がきっかけで思考がまとまらず眠れないといった経過を呈されている方も多いです。うつ病に伴う不眠症や睡眠障害では、うつ病の治療として抗うつ薬であるSSRIを主体とした治療を開始し、必要に応じて睡眠薬をご使用される事をお勧めしております。特にうつ病の治療を開始することにより、うつ症状である抑うつ症状や不安症状が落ち着く場合もあったり、またうつ病に対する自宅療養などの対応により、不眠症・睡眠障害が改善することが多いのです。もちろん睡眠薬を使用していたとしてもその後はうつ症状の改善に伴い、睡眠薬を減量できて離脱できている方も多いのがうつ病に伴う不眠症の特徴です。特に重要なのは、睡眠をしっかり取ることもまた、うつ病治療にとって症状改善に効果がありますので、睡眠薬の調整は自己判断なさらず医療機関への御受診とご相談をお勧めいたします

不眠症・睡眠障害について詳しく見る

憂鬱な気持ちや不安があれこれ浮かんで眠れない

男性

患者様情報:名古屋市/男性 病名 : 不眠症・睡眠障害

  • 相談内容

    夜になると、次の日の会社の事など、不安事をいろいろと考えて気分も落ち込んでしまう。その様な心配事や考えがいろいろと止まらずに眠れない。

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    症状と経緯を診察し、不眠症・睡眠障害と判断をしました。不眠症の原因として、うつ病と診断されるほど、抑うつ症状や朝の起きづらさや、食欲の低下なども認めておりました。うつ病では、多くの方が不眠症や睡眠障害を併発されている方が多く、うつ病の抑うつ症状や不安症状がきっかけで思考がまとまらず眠れないといった経過を呈されている方も多いです。うつ病に伴う不眠症や睡眠障害では、うつ病の治療として抗うつ薬であるSSRIを主体とした治療を開始し、必要に応じて睡眠薬をご使用される事をお勧めしております。特にうつ病の治療を開始することにより、うつ症状である抑うつ症状や不安症状が落ち着く場合もあったり、またうつ病に対する自宅療養などの対応により、不眠症・睡眠障害が改善することが多いのです。もちろん睡眠薬を使用していたとしてもその後はうつ症状の改善に伴い、睡眠薬を減量できて離脱できている方も多いのがうつ病に伴う不眠症の特徴です。特に重要なのは、睡眠をしっかり取ることもまた、うつ病治療にとって症状改善に効果がありますので、睡眠薬の調整は自己判断なさらず医療機関への御受診とご相談をお勧めいたします

不眠症・睡眠障害について詳しく見る

いびきと日中の眠気で困っている

男性

患者様情報:名古屋市/男性 病名 : 不眠症・睡眠障害

  • 相談内容

    いびきと日中の眠気がある方。パートナーからのいびきを指摘されていました

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    受診時の問診・診察より、睡眠時無呼吸検査の簡易検査を実施をいたしました。AHIが高く重度の睡眠時無呼吸症状群と診断をしました。不眠症の原因として、睡眠時のいびき様子や、日中の眠気といったエピソードから睡眠時無呼吸症候群による不眠症・睡眠障害と診断されることがあります。簡易検査のAHIの高さだけではなく、結果に応じてポリソムノグラフィーによる精密検査をお勧めさせていただくことがあります。睡眠時無呼吸症候群は、体重の減量だけではなく、マウスピースやCPAPといった夜間装着するマスクなどの治療が有効となります。睡眠時無呼吸検査が必要な方には、当院で行える簡易検査の実施だけではなく、周辺の医療機関と連携をしながら、睡眠時無呼吸検査・治療をご相談させていただいております。もちろん、睡眠時無呼吸症候群でなかったとしても、睡眠環境の見直しを含めた不眠症・睡眠障害の治療のご提案もさせていただいておりますので、お気軽にご相談くださいませ

不眠症・睡眠障害について詳しく見る

なかなか寝つけなくてお困りの患者さま

女性

患者様情報:女性 病名 : 不眠症・睡眠障害

不眠症・睡眠障害について詳しく見る

寝ていても途中で起きてしまい、熟睡感がない患者様

男性

患者様情報:男性 病名 : 不眠症・睡眠障害

  • 相談内容

    疲れているのに、夜寝ても途中で起きてしまい、熟睡感がない為に受診された患者様。

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    夜起きてしまい、熟睡感がない症状は、不眠症・中途覚醒と判断されます。途中で起きてしまう原因としては頻尿など内臓的な要素も絡んでいる場合もございますので、まずは診察とご相談の上で、ス民約の検討なども提案させていただいております。ご相談の上、漢方のご希望に応じて漢方の処方をさせて頂き、症状の回復を認めました。また、朝に残りにくい睡眠薬などもありますので、お気軽にご相談ください。

不眠症・睡眠障害について詳しく見る

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間