当院の患者様の治療例の一部をご紹介いたします。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-321-0300タップで電話をかける

心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
治療例紹介

当院の患者様の治療例の一部をご紹介いたします。

治療例紹介

病名で絞り込む

当クリニックの症例の一部をご紹介します。

社交不安障害

当クリニックの症例の一部をご紹介します。

朝の朝礼や会議での過度の緊張や人前で発表することが恐怖となってしまった患者様

  • 相談内容

    朝の朝礼や会議で「うまく会話できるか」、「ちゃんと伝えられることができるか」どうか不安になってしまい、汗や動悸が強くなってしまった患者様。

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、社交不安障害と診断しました。人前で話したりなど緊張や不安が高ぶる状況下で、動悸、汗、発語のしづらさといった体の症状がとても強く出てしまう疾患です。また、しっかりと診察・聴取してみると大勢のいる人の前に移動をすると、過呼吸や息のしづらさなどのパニック発作も併発していることが分かりました。

    多くの社交不安障害の方は「失敗するかもしれない恐怖」や、「相手からの評価が下がるのではないか」という不安が大きくなりすぎて症状が出やすくなるとされておりますが、原因がはっきりしないこともあります。もちろん、発作が出てしまうのではないかという「予期不安」の症状も強く関係してきます。特に社交不安障害では、発汗や動悸・赤面などの特徴的な身体症状以外にも、パニック発作を合併して症状を呈してしまっている方も見えるのが特徴です。不安に対する考え方の癖などの見直しを経て、症状が軽くなり体の症状が落ち着いてきました。
  • 経過・考察

    名古屋市金山のひだまりこころクリニック金山院は、パニック障害や社交不安障害の診断治療も行う心療内科・精神科です

    パニック障害は適切な治療を行えば症状のコントロールが図れる疾患ですのでお気軽にご相談くださいませ「パニック障害」はこちら

パニック障害について詳しく見る

社交不安障害について詳しく見る

発表などの場面で赤面して手足が震えて発表ができない

女性

患者様情報:女性 病名 : 社交不安障害

  • 相談内容

    ミーティングなどの発表で、赤面をしてしまったり手足が震える、声が震えてしまうなどの症状が出てしまい、うまく発言できない

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    症状の経緯や、問診・診察より不安障害の社交不安障害と診断をいたしました。社交不安障害は人前に出ることに対して強く不安が強くなってしまい、震えなどの身体症状も呈してしまいます。このような状況の中で、発表が上手にできなかったということが更に、本人に恐怖や緊張を与えてしまうきっかけになってしまい、「また失敗したらどうしよう」「笑われるかもしれない」「症状がまた出たらどうしよう」などの不安がどんどん吊り上がっていってしまうのです。このように不釣り合いな不安と緊張の症状が、社交不安障害であります。今回は、カウンセリングや心理療法を中心とした取り組みを行い、症状の軽快を認めました。

社交不安障害について詳しく見る

上司と話すときに、声ができなくなってしまったり、詰まってしまう

男性

患者様情報:男性 病名 : 社交不安障害

  • 相談内容

    上司と話すときだけ、どもってしまい、話が進めることができず、悩まれていました

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    症状の経緯や診察から、社交不安障害と診断をしました。社交不安障害では、上司や人前などの状況で、「評価されているかもしれない」などの症状のために、緊張と不安が高ぶりすぎてしまい、話せなくなってしまうなどの症状が起きるのです。特に、後輩や気心知れた相手とは会話はできるという点は特徴で、今回は特定の場面での緊張と不安の負荷が症状の誘発につながっていると考えられました。また、完璧主義たったり、周囲の反応に対して過敏であるなどの傾向もあるために、このような考え方のクセを見直すことも必要であると考えられます。当院はカウンセリングや心理療法などのお薬に頼らない治療も提案しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

社交不安障害について詳しく見る

上司と話すときに、声ができなくなってしまったり、詰まってしまう

男性

患者様情報:男性 病名 : 社交不安障害

  • 相談内容

    上司と話すときだけ、どもってしまい、話が進めることができず、悩まれていました

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    症状の経緯や診察から、社交不安障害と診断をしました。社交不安障害では、上司や人前などの状況で、「評価されているかもしれない」などの症状のために、緊張と不安が高ぶりすぎてしまい、話せなくなってしまうなどの症状が起きるのです。特に、後輩や気心知れた相手とは会話はできるという点は特徴で、今回は特定の場面での緊張と不安の負荷が症状の誘発につながっていると考えられました。また、完璧主義たったり、周囲の反応に対して過敏であるなどの傾向もあるために、このような考え方のクセを見直すことも必要であると考えられます。当院はカウンセリングや心理療法などのお薬に頼らない治療も提案しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

社交不安障害について詳しく見る

発表などの場面で赤面して手足が震えて発表ができない

女性

患者様情報:女性 病名 : 社交不安障害

  • 相談内容

    ミーティングなどの発表で、赤面をしてしまったり手足が震える、声が震えてしまうなどの症状が出てしまい、うまく発言できない

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    症状の経緯や、問診・診察より不安障害の社交不安障害と診断をいたしました。社交不安障害は人前に出ることに対して強く不安が強くなってしまい、震えなどの身体症状も呈してしまいます。このような状況の中で、発表が上手にできなかったということが更に、本人に恐怖や緊張を与えてしまうきっかけになってしまい、「また失敗したらどうしよう」「笑われるかもしれない」「症状がまた出たらどうしよう」などの不安がどんどん吊り上がっていってしまうのです。このように不釣り合いな不安と緊張の症状が、社交不安障害であります。今回は、カウンセリングや心理療法を中心とした取り組みを行い、症状の軽快を認めました。

社交不安障害について詳しく見る

朝の朝礼や会議での過度の緊張や人前で発表することが恐怖となってしまった患者様

  • 相談内容

    朝の朝礼や会議で「うまく会話できるか」、「ちゃんと伝えられることができるか」どうか不安になってしまい、汗や動悸が強くなってしまった患者様。

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    患者様の経緯の聴取や問診・診察により、社交不安障害と診断しました。人前で話したりなど緊張や不安が高ぶる状況下で、動悸、汗、発語のしづらさといった体の症状がとても強く出てしまう疾患です。また、しっかりと診察・聴取してみると大勢のいる人の前に移動をすると、過呼吸や息のしづらさなどのパニック発作も併発していることが分かりました。

    多くの社交不安障害の方は「失敗するかもしれない恐怖」や、「相手からの評価が下がるのではないか」という不安が大きくなりすぎて症状が出やすくなるとされておりますが、原因がはっきりしないこともあります。もちろん、発作が出てしまうのではないかという「予期不安」の症状も強く関係してきます。特に社交不安障害では、発汗や動悸・赤面などの特徴的な身体症状以外にも、パニック発作を合併して症状を呈してしまっている方も見えるのが特徴です。不安に対する考え方の癖などの見直しを経て、症状が軽くなり体の症状が落ち着いてきました。
  • 経過・考察

    名古屋市金山のひだまりこころクリニック金山院は、パニック障害や社交不安障害の診断治療も行う心療内科・精神科です

    パニック障害は適切な治療を行えば症状のコントロールが図れる疾患ですのでお気軽にご相談くださいませ「パニック障害」はこちら

パニック障害について詳しく見る

社交不安障害について詳しく見る

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間