当院の患者様の治療例の一部をご紹介いたします。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-321-0300タップで電話をかける

心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
治療例紹介

当院の患者様の治療例の一部をご紹介いたします。

治療例紹介

病名で絞り込む

当クリニックの症例の一部をご紹介します。

適応障害

当クリニックの症例の一部をご紹介します。

上司に叱責されて、また怒られるのではないかと不安が強い

女性

患者様情報:女性 病名 : 適応障害

  • 相談内容

    上司に叱責されてから、仕事をミスしてはいけないと焦ってしまったり、上司がそばを通るだけで、ドキドキと動悸がしてしまったり、不安な感情が強くなって仕事中でもふと涙が出てしまう

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    症状の経緯や問診、診察から適応障害と判断をしました。特に会社の場所や上司がそばを通ると、怒られる場面でなくても、動悸や手足の震え発汗などが起きてしまい、またミスをするかもしれないといった感情が強く働いてそればかりが頭をよぎるようになってしまい、仕事に手がつかない状況が出てしまっていました。ふとした瞬間に涙が出てしまったり、仕事中もぼうっとしてしまったりなどの症状も出てしまっていたために、自宅療養と薬物療法として抗うつ薬のSSRIを併用しながら治療を開始いたしました。
    また、完璧主義であったり、自己否定感の強さなどの面からも適応障害になりやすいともいわれております。当院はカウンセリングなどでこれらの考え方のクセの見直しも行うことが可能です。

適応障害について詳しく見る

営業先との大きなミスがきっかけで、体調を崩してしまった

男性

患者様情報:男性 病名 : 適応障害

  • 相談内容

    営業取引先との連絡の相違でミスを起こしてしまった方。仕事のことを考えると、涙が出てしまったり、仕事中にもぼうっとしてしまったり普段作らないようなミスをしてしまっていた

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    症状の経緯や、問診聴取と診断から適応障害と判断しました。適応障害はうつ病への移行もしやすいために、診断時ではうつ病ではなくても非常に注意が必要です。仕事のことを考えると落ち込みが強く、会社に関係した行動として、電車に乗ることや朝起きることが時間通りにできずに遅刻気味になりました。また、仕事中もパソコンに向かってずっとぼうっとしていることが多く、適応障害の治療として、抗うつ薬のSSRIの治療を併用して治療を開始していきました。落ち込みの症状が軽快していくとともに、職場の環境の見直しも行い、会社からの配置転換の手続きを経て復職を果たしました。

適応障害について詳しく見る

営業先との大きなミスがきっかけで、体調を崩してしまった

男性

患者様情報:男性 病名 : 適応障害

  • 相談内容

    営業取引先との連絡の相違でミスを起こしてしまった方。仕事のことを考えると、涙が出てしまったり、仕事中にもぼうっとしてしまったり普段作らないようなミスをしてしまっていた

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    症状の経緯や、問診聴取と診断から適応障害と判断しました。適応障害はうつ病への移行もしやすいために、診断時ではうつ病ではなくても非常に注意が必要です。仕事のことを考えると落ち込みが強く、会社に関係した行動として、電車に乗ることや朝起きることが時間通りにできずに遅刻気味になりました。また、仕事中もパソコンに向かってずっとぼうっとしていることが多く、適応障害の治療として、抗うつ薬のSSRIの治療を併用して治療を開始していきました。落ち込みの症状が軽快していくとともに、職場の環境の見直しも行い、会社からの配置転換の手続きを経て復職を果たしました。

適応障害について詳しく見る

上司に叱責されて、また怒られるのではないかと不安が強い

女性

患者様情報:女性 病名 : 適応障害

  • 相談内容

    上司に叱責されてから、仕事をミスしてはいけないと焦ってしまったり、上司がそばを通るだけで、ドキドキと動悸がしてしまったり、不安な感情が強くなって仕事中でもふと涙が出てしまう

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    症状の経緯や問診、診察から適応障害と判断をしました。特に会社の場所や上司がそばを通ると、怒られる場面でなくても、動悸や手足の震え発汗などが起きてしまい、またミスをするかもしれないといった感情が強く働いてそればかりが頭をよぎるようになってしまい、仕事に手がつかない状況が出てしまっていました。ふとした瞬間に涙が出てしまったり、仕事中もぼうっとしてしまったりなどの症状も出てしまっていたために、自宅療養と薬物療法として抗うつ薬のSSRIを併用しながら治療を開始いたしました。
    また、完璧主義であったり、自己否定感の強さなどの面からも適応障害になりやすいともいわれております。当院はカウンセリングなどでこれらの考え方のクセの見直しも行うことが可能です。

適応障害について詳しく見る

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間