治療例紹介

当院の患者様の治療例の一部をご紹介いたします。

治療例紹介

病名で絞り込む

当クリニックの症例の一部をご紹介します。

認知症

当クリニックの症例の一部をご紹介します。

食事をしたことを忘れたり、物忘れが最近多くなって困っている

女性

患者様情報:女性 病名 : 認知症

認知症について詳しく見る

性格が大きく変わった気がする

女性

患者様情報:女性 病名 : 認知症

  • 相談内容

    イライラ・怒りっぽくなった性格の変化が出現。また忘れっぽさや被害妄想な感情の部分も出てきてしまった。困った介助者に連れられて来院

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    経緯の聴取や診察および各種検査により、認知症と診断しました。
    認知症の方の多くに、性格の変化を認めるとされており、物忘れなどの症状が強く出ていない段階では介助者の困り度も大きくなることがあります。それまでは示さなかった、強い怒りっぽさやイライラなど、急に大きな性格の変化を伴うことも多く、また攻撃性を伴うこともあるために、介助者を悩ませることも多いと考えられます。また、本人もそのような感情に振り回されてしまうことに、いら立ちや違和感を強く感じて涙もろくなったりなどの反動的な感情の変化も出てきてしまいます。
    当院では性格変化の強く出ている認知症の患者様には、認知症のお薬だけではなく、気持ちの調整を目的とした、抗うつ薬や抗精神病薬などの検討もご相談・提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

認知症について詳しく見る

脳梗塞治療後、物忘れが強くなったり、集中力などが欠けてしまった

男性

患者様情報:男性 病名 : 認知症

  • 相談内容

    脳梗塞を発症した患者様。脳梗塞後から、急に物忘れが進み、仕事などでもミスをしやすくなってしまった

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    患者様の経緯の聴取や診察および各種検査により、脳血管性認知症と診断しました。脳梗塞のような血管障害のために、脳の機能の働きが大きく階段状に低下してしまうことが、脳血管性認知症の場合にはあるのです。そのために、認知や記憶、物忘れなどの症状が目立ってきたりなどの症状を呈されて受診される方も見えます。特に脳血管性認知症では再発予防のためにも、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病のコントロールも重要になります。
    ただし、脳血管性認知症は必ずしも脳梗塞の麻痺などのはっきりした身体症状が先行するわけではない、「隠れ脳梗塞」の方もみえるので、脳のMRI検査などの判断も併用して診断を行います。

認知症について詳しく見る

脳梗塞治療後、物忘れが強くなったり、集中力などが欠けてしまった

男性

患者様情報:男性 病名 : 認知症

  • 相談内容

    脳梗塞を発症した患者様。脳梗塞後から、急に物忘れが進み、仕事などでもミスをしやすくなってしまった

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    患者様の経緯の聴取や診察および各種検査により、脳血管性認知症と診断しました。脳梗塞のような血管障害のために、脳の機能の働きが大きく階段状に低下してしまうことが、脳血管性認知症の場合にはあるのです。そのために、認知や記憶、物忘れなどの症状が目立ってきたりなどの症状を呈されて受診される方も見えます。特に脳血管性認知症では再発予防のためにも、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病のコントロールも重要になります。
    ただし、脳血管性認知症は必ずしも脳梗塞の麻痺などのはっきりした身体症状が先行するわけではない、「隠れ脳梗塞」の方もみえるので、脳のMRI検査などの判断も併用して診断を行います。

認知症について詳しく見る

性格が大きく変わった気がする

女性

患者様情報:女性 病名 : 認知症

  • 相談内容

    イライラ・怒りっぽくなった性格の変化が出現。また忘れっぽさや被害妄想な感情の部分も出てきてしまった。困った介助者に連れられて来院

  • 治療内容

    治療内容は患者様によって異なります

    経緯の聴取や診察および各種検査により、認知症と診断しました。
    認知症の方の多くに、性格の変化を認めるとされており、物忘れなどの症状が強く出ていない段階では介助者の困り度も大きくなることがあります。それまでは示さなかった、強い怒りっぽさやイライラなど、急に大きな性格の変化を伴うことも多く、また攻撃性を伴うこともあるために、介助者を悩ませることも多いと考えられます。また、本人もそのような感情に振り回されてしまうことに、いら立ちや違和感を強く感じて涙もろくなったりなどの反動的な感情の変化も出てきてしまいます。
    当院では性格変化の強く出ている認知症の患者様には、認知症のお薬だけではなく、気持ちの調整を目的とした、抗うつ薬や抗精神病薬などの検討もご相談・提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

認知症について詳しく見る

食事をしたことを忘れたり、物忘れが最近多くなって困っている

女性

患者様情報:女性 病名 : 認知症

認知症について詳しく見る

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。