クリニックブログ

クリニックブログ

2019.10.19

家族が共倒れをしてしまわないためにも、うつ病治療で大切な事

家族が共倒れをしてしまわないために、うつ病治療で大切な事

うつ病治療では、時として自宅療養を必要とするだけではなく、うつ病治療が長期にわたることにより、家族の長期的なサポートが大切となることがあります。

何とか家族が良くなってほしいと思うがために、頑張りすぎてしまったり、逆にそのような言葉が、うつ病の患者様にとって負担となりすぎてしまう事で、お互いにストレスを感じて、ぶつかることや、上手くいかずに一人で悩むことが大きくなってしまう事もあるのです。

家族を含めた周囲の方達の、うつ病の治療のサポートや気配りが長期になることで、周囲の方たちの疲労感が大きくなったり、家族の心身的負担が大きくなってしまい疲れ果ててしまう事もあります。

そうならない為にも、うつ病の症状やどのようなサポートが重要であるのかを知っていることはとても重要と考えられます

うつ病の症状は常に一定ではないために、時には「待つ」といった対応が有効であることもあります

うつ病の症状は毎日変動する症状でもあります。それだけではなく、一日を通して時間ごとに症状が大きく変動する方も見えるために、周囲の方たちは大きく動揺をすることもあるかもしれません。

ですが、うつ病は少しづつではあるが良くなる病気であるという事です

うつ病の患者様が、体調不良である時には「しっかり休むようにそっと声をかけること」も大切です。

また体調が良い時や、体を動かしたり、取り組むことができた時には、ほめてあげることや良い点を見つけてあげることも大切です。ここで大切なのは、「比較をすることで常に改善をするように促してはいけない点には重要です」

うつ病の治療では「病気が良くなるまで待とうと考えること」も大切なのです

うつ病で辛いがために、極端な考え方を持ってしまう事があります

うつ病の症状が継続したり、落ち込んだり不安な感情が強くなることで、物事を極端な面でとらえてしまう事があり、周囲を困らせてしまうことがあります。

ご家族の方たちは、このような考えに大きく巻き込まれずに、本人の想いに一定の理解を示しながら、それでも良くなろうとしている事、治療を継続している事へのねぎらい、患者さんの良い点を見つけてあげるなどの対応も、患者さんのサポートにはとても大切なことなのです。

もしも、患者―家族間で煮詰まってしまったことがあれば、ご本人にうつ病の治療としてカウンセリングが効果的な場合も

抑うつやうつ病の為に、癖となってしまった考え方や見直しなどを心理士と一緒に患者が治療に取り組むことで、うつ病の症状が安定して、結果として家族との関係も落ち着くこともあります。

心理療法やカウンセリングをご希望の方は、心療内科・精神科までお気軽にご相談くださいませ。ひだまりこころクリニックは、常勤心理士が複数名所属している心療内科・精神科・メンタルクリニックです

うつ病の詳しい説明はこちらから

うつ病の治療例はこちら

ひだまりこころクリニック 金山院

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間