あま市、清須市、津島市、稲沢市、愛西市から通える心療内科・精神科。うつ、パニック、不眠治療なら専門医へ。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-321-0300タップで電話をかける

心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
クリニックブログ

クリニックブログ

2020.02.23

治ったり悪くなったりを繰り返す自律神経失調症!特に女性に多く我慢過ぎて悪化してしまう事も!

検査や内科等の診察で体にどこにも異常はないのに、何だが熱っぽく、下痢や便秘、更にはイライラや落ち込み、めまいや耳鳴りなどの不快な症状が出てしまう事はありませんか?

自律神経失調症の治療ならひだまりこころクリニック金山院へ

もしかしたらそれは自律神経失調症の症状かもしれません。

しかし、「症状がなく、調子がいい時もあるし、症状が辛くてもしばらく我慢したらちょっと良くなるから…今は耐えるしかない」と、つい我慢しすぎてしまったり医療機関への適宜の相談・受診を渋ってしまったりしていませんか?この記事では、自律神経失調症の症状や原因、更には女性にどうして自律神経失調症が多いのかなどについて説明をしております。

自律神経失調症の症状でお困りの方はひだまりこころクリニック金山院へ

自律神経失調症とは何ですか?

心臓や肺・胃腸・脳などの各種臓器は、手・足と異なり、私たちが意識的にコントロールをしなくても働いてくれており、それは私たちが眠っている間であっても同様です。

理由は、私たちが生きていくためのカラダの生理面を自律神経が調整してくれるからです。自律神経失調症はこの自律神経のバランスが崩れることで、生活に不適な症状が出てしまったり、あるいは必要なタイミングで症状が出てくれないといったことが起きてしまうのです。

自律神経失調症でお困りの方はカウンセリングも行えるひだまりこころクリニック金山院へご相談ください

そもそも自律神経とは何でしょうか?

自律神経とは、心臓や胃腸・肺や皮膚、骨などのほぼすべての臓器に存在している神経です。

交感神経と副交感神経の2つがあり、この神経が働き合う事により、体の臓器の調子を切り替えているのです。交感神経は特に活動や緊張をしているときに働く神経であり、脈や呼吸・体温などを調整します。一方で、副交感神経は休む時やリラックスしているときに働く神経であり、消化や体温などの調整をしています。

交感神経も副交感神経もどちらも大切な役割があり、体の状態や周りの状況に応じて、どちらかを強く働かせたり、働きを弱めたり等、バランスを取りながら作用をしている神経なのです

自律神経失調症の診断についてご相談ください

自律神経失調症の症状とは

自律神経が全身の臓器に分布している神経であるために、自律神経失調症の症状には非常に多くの種類の症状があります。ここでは、症状の一例をあげています。

  • 頭…頭重感、頭痛
  • 目…目の痛みや、目の疲れ・渇きなど
  • 耳…めまい、耳閉感、耳鳴りなど
  • 口…口臭、唾液が少なくなる、口が乾くなど
  • のど…引っかかる感じ、食べ物を飲みこみづらいなど
  • 心臓…動悸を感じる、脈が速い、胸が痛いなど
  • 肺…息が吸いづらい、咳が出る、息苦しいなど
  • 胃…吐気、胃痛、むかむか、食欲低下、胃もたれ
  • 腸…腹鳴、お腹のはり、おならが良く出る、下痢、便秘、腹痛など
  • 膀胱…残尿感、違和感、痛み、頻尿
  • 手足…ほてり、むずむず感、冷え、しびれ、震え
  • 皮膚…かゆみ、痛み、ほてりなど
  • 筋肉・関節…ほてり、関節痛、肩こり、筋肉痛、筋肉の張りなど
  • 全身…発汗、微熱、ほてり、だるい、倦怠感など
  • 精神…落ち込み、不安、イライラ、焦り、不眠、集中力が下がるなど

辛い症状でお困りの方はひだまりこころクリニック金山院までご相談ください

自律神経失調症の原因とは

自律神経失調症の主な原因には4つ考えられます

全てが当てはまるわけではなく、一部該当の方や、以下の内容以外の原因もあります。

  • 肉体的な慢性疲労など、体調の不調や自律神経の乱れ
  • ストレス過多
  • 性格(完璧主義や細かいことを気にしだすと止まらない、我慢強い性格など)
  • 睡眠不足や昼夜逆転などの生活リズムの崩れ

精神科と心療内科へ自律神経失調症もご相談ください

どうして女性に自律神経失調症が多いのでしょうか?

特に女性は、自律神経の乱れの原因と関係が深く、多くの女性が原因としても当てはまることが多いのです。

特に女性ホルモンは自律神経の調整にも関与しています。女性ホルモンは月経や妊娠・出産、閉経など変化する機会が非常に多いために、自律神経系のバランスに非常に影響を及ぼしているのです。

自律神経失調症の原因と症状とは

自律神経失調症はどうして病院にかかる必要があるのか?

女性は生理や妊娠・出産などで女性ホルモンが変化するために、自律神経失調症の症状も出やすい時、比較的に落ち着いている状態の時があります。「なんだか最近症状もなくて調子がいい。ちょうど仕事もはかどって忙しいから病院の受診は今度でいいか」と考えてしまう事もあるかもしれません。

しかし、自律神経失調症の症状は変動が大きく、特にホルモンの影響を受けているとなると、再度辛い症状で悩んだり苦しんだりすることも多いのです。いくら体に異常はないと言っても、自律神経失調症のつらい症状が繰り返したり継続してしまう事で、うつ病不安障害パニック障害などのメンタルの不調をさらに併発したりしてしまう事も考えられます。

心療内科 ひだまりこころクリニック栄院へ自律神経失調症も相談ください

症状が出ている場合には、心や体のSOSのサインです。生活や体調面の見直しのきっかけにもなります。心療内科などの医療機関まで一度ご相談されてはいかがでしょうか?

 

自律神経の乱れを整えるセルフケアとは

自律神経失調症ではクリニックの受診や体調管理と合わせて、セルフケアも大切です

セルフケアとして以下を挙げました

心療内科 ひだまりこころクリニックは自律神経失調症の診断と治療も行っております

ご自身の月経周期や周期に関連した症状を知る

ご自身の月経周期のパターンや、その月経周期に合わせた症状について把握してみましょう。月経の初めに症状が強く出やすい方や、月経始まる1週間~2週間前から出やすい方など、個人差はありますが、ご自身の傾向を知ることで、「体調がもうそろそろ辛くなる時期に入るから、無理をしないようにしなくては」等、前もって判断をすることが可能となります、

心療内科と精神科のひだまりこころクリニック金山院です

食事

自律神経失調症に対するビタミンの有効性などの報告も散見されますが、その効果についてはまだしっかりと確立されていないものが実情です。ですが、体調や体力を維持する上で、大切なことはバランスの取れた食事をとることです。偏った食事ではなく、バランスの取れた食事をとることにより、体力や疲労の回復を促すだけではなく、糖尿病などのその他の疾病を避けることが可能となります。

自律神経失調症は治療が必要な疾患です

十分な睡眠をとる事

十分な睡眠をとることは、体力の回復を促すだけではく、体内の時計や生活リズムを整えるきっかけになります。特に昼夜逆転している方には、夜十分な睡眠を確保するために、朝日の活用や、日中の活動などを取り入れることも大切です。

自律神経失調症の原因やセルフケアについての解説

まとめ

自律神経失調症は、内科などでなかなか異常が見つからないために、放っておいたり我慢しすぎてしまう事が多く、結果として、日常生活に大きく支障を来したり、うつ病不安障害を合併してしまうことにもつながてしまうのです。

 

特に、自律神経失調症は女性ホルモンの変動を受けやすいために、症状で困っている女性も多いのです。また、ホルモンの変化に応じて、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返してしまうために、受診が遅くなってしまう事も多いのです。つらい症状が繰り返される時には、体からのSOSのサインなので、いちど心療内科などの医療機関まで相談されてはいかがでしょうか?

名古屋金山の心療内科・メンタルクリニック

自律神経失調症の詳しい説明はこちらから

「栄院」の自律神経失調症の詳しい説明はこちらから

「あま市」の自律神経失調症の詳しい説明はこちらから

名古屋市金山の心療内科ひだまりこころクリニック金山院栄の心療内科・メンタルクリニックのひだまりこころクリニック栄院あま市の心療内科メンタルクリニックひだまりこころクリニック

 

  • 野村紀夫 監修
  • ひだまりこころクリニック 理事長 / 名古屋大学医学部卒業
  • 保有資格 / 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医、日本精神神経学会 指導医、認知症サポート医など
  • 所属学会 / 日本精神神経学会、日本心療内科学会、日本うつ病学会、日本認知症学会など

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-321-0300

お電話でのご相談は18時まで来院予約は24時間受付

WEB予約(24時間受付)

診療時間