クリニックブログ

心療内科に関する症例(自律神経失調症、うつ病、強迫性障害、睡眠障害など)の関する情報を発信していきます。

クリニックブログ

2015.10.31

自律神経のバランスが崩れると

自律神経失調症は老若男女誰でも発症する病気の1つです。自律神経は体の全器官をコントロールするので、バランスが崩れると日常生活のあらゆる面で支障や症状が出ます。例...

2015.10.24

自分を責めないでください

社交不安障害は人前に出ることに強い不安や緊張を感じてしまいます。それによって人前に出るのを避けるようになります。わがままな性格に問題があると判断されることがある...

2015.10.23

社会生活からのストレスにご注意を

2008年に改名されるまでは「社会不安」と呼ばれていた「社交不安障害」は、社会に溶け込めず、社交面で否定的な評価を受けたり、他人に褒められることに強い不安感を感...

2015.10.22

自分の考え方の癖を知ること

社交不安障害とは、社会的な場面において極度に不安感や恐怖感を抱いてしまうという症状のことです。例えば、多くの人の前で発表をしなければならないときに、緊張して動悸...

2015.10.21

人前で冷や汗や震えるのは、病気の信号かも?

人前で話すのが苦手で冷や汗をかいてしまったり、震えてしまったり、赤面したり、そうした体の異常を発してしまうのは社交不安障害の可能性があります。個々の性格の問題と...

2015.10.20

人前で極度の緊張や不安があるとき

社交不安障害とは、以前は「社会不安障害」とも呼ばれていた精神障害の一つです。人前で話したり、人の視線が集まる場面などの対人場面において、極度の緊張や不安、恐怖を...

2015.10.17

交感神経と副交感神経

自律神経失調症とは、「交感神経」と「副交感神経」という2つの神経からなる自律神経の、バランスが崩れることによって起こる症状です。この相反する2つの神経は、健康な...

2015.10.16

生活リズムを正し、ストレスをため込まない生活を

自律神経失調症とは、自律神経が上手く機能しないことにより体に何らかの不具合が生じてしまう病気です。症状は様々であり、疲労感や偏頭痛、不眠、便秘、下痢、イライラ、...

2015.10.15

体の器官をコントロールするのは自律神経です

自律神経失調症は、特に原因が思い当たらないのに色々と不快な症状がでる病気のことです。体に現れるのは、慢性的な倦怠感、めまい、頭痛、ほてり、不眠、排便障害、継続し...

2015.10.14

自律神経の乱れとこころの乱れ

自律神経失調症とは、ストレスなどの刺激が長時間続いた場合に、それを排除しようと、自律神経が機能しすぎるあまり、体内のバランスが崩れてしまい起こる病気です。そもそ...

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。