クリニックブログ

心療内科に関する症例(自律神経失調症、うつ病、強迫性障害、睡眠障害など)に関する情報を発信していきます。

クリニックブログ

2017.08.16

社会不安症に罹っている人はどれくらいいるのですか?

⇒さまざまなデータがありますが、世界精神保健(WMH)調査におけるDSM-IV診断の12ヶ月有病率を見ると、米国や欧州では7~8%なのに対し、日本は0.7%とい...

2017.08.15

社交不安症とは何ですか?

 社交不安症は、パニック障害・強迫性障害などと同じく不安障害といわれるものの中の一つです。以前は社会恐怖(Social Phobia)や社会不安障害、社交不安障...

2017.08.12

励ましと気晴らしは逆効果?

励ましと気晴らしは逆効果 うつ病で元気のない患者さんに「頑張って」と声をかけたい気持ちは、ご家族なら当然です。しかし、うつ病の急性期では、休息によって心と体をし...

2017.08.11

薬の飲みはじめに気をつけることとは?

薬ののみ始めの変化に注意しましょう 抗うつ薬ののみ始めに、まれに患者さんが普段以上に元気になり、夜眠らなくても調子が良く、いつもと違った様子が認められることがあ...

2017.08.10

うつ病の急性期にできることは?

うつ病の急性期にできること~ご家族のサポート~ うつ病の急性期とは、気分の落ちこみ、不安、イライラ、不眠、食欲の低下などのうつ病のつらい症状を改善していくため...

2017.08.09

物事のとらえ方を調整することの大切さとは?

物事のとらえ方を調整する うつ病の再発予防のためには、うつ病を招きやすくしている思考パターンを少しずつ変えていくことも重要です。人はある状況に遭遇したときにその...

2017.08.07

睡眠のリズムを整えることの大切さとは?

睡眠のリズムを整える うつ病の症状として「眠れない・・」という睡眠障害はよく現れます。急性期には特に強く現れ、寝つくことはできても、夜中に目が覚め、一度目覚めて...

2017.08.06

薬による治療を維持することの大切さとは?

「症状も良くなってきたので、仕事や家庭生活に復帰する準備を少しずつ始めましょう」と担当の医師に言われると、うつ病が治ったと思い、それまで続けていた治療をやめよう...

2017.08.05

うつ病の回復期とは?

うつ病の回復期とは、急性期の治療によって最もつらい症状が和らぎ、症状が安定してくる時期です。心と脳の休息が重要であった急性期から、社会復帰に向けたリハビリに移り...

2017.08.04

SSRIの等価換算って何ですか?

現在、うつ病の薬には、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)など、多種が存在しています。 ...

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。