クリニックブログ

クリニックブログ

2015.06.23

早期治療が効果的です「うつ病の症状が軽くなるとどうなるの?」

お早めに受診していただくと、うつ症状が早期に改善しやすくなります

うつ病については、出来るだけ早く治療を開始することにより、状態を改善しやすくなってきます。

 

うつ病になると、悲観的な考えだけではなく、集中力の低下などを招いてしまいます

うつ病になると、いつもとは違い悲観的に考えてしまったり、だるさを感じ仕事の能率も低下するようになります。

これらの症状については、疲れを感じたときにも現れやすくなってくるのですが、2週間以上この状態が続く場合には専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

心療内科・精神科などの医療機関にて、症状の判断をしていただくことをお勧めいたします

医療機関での医師の診察を受けることにより、うつ病を発症しているのか、さらにはお困りの症状や、お一人おひとりの状況に応じて、どういうことが治療に大切なのか判断して、提案してもらうことができます。

 

うつ病と診断された場合

万が一うつ病と診断された場合、抗鬱剤や安定剤を飲むことにより、脳内のストレスホルモンのバランスを整えることが出来ます。もちろん状況に応じて、カウンセリング・心理療法や、適切な休息などもうつ病の治療には効果的です。

うつ病の病状の程度や、体調に応じて、お一人お一人に合わせた治療方法をご提案させていただいております。

 

うつ病は、気持ちの症状だけではなく、ミスや人間関係への影響も起こしやすい

うつ病になって暗い気持ちが継続しすぎてしまうと、身の回りの事や出来事の多くを悲観的に感じてしまったり、嫌だな・憂鬱だなと感じてしまう事が一層多くなってしまうのです。

このような状態では、更に集中力が低下してミスを起こしてしまったり、人間関係でぎくしゃくしてしまったりなど、より一層落ち込む状況を招いてしまい悪循環に陥ってしまいます。

 

うつ病に対する薬物治療での効果

抗うつ薬や精神安定剤を飲むことにより、脳内の神経伝達物質のバランスも改善できるようになり、暗い気分を少しづつ解消しやすくなるのです。

その結果、ずっと悩み続けてきた悲観的な気持ちや体のだるさも少しづつ解消することが出来るようにもなります。

 

お薬でうつ症状が緩和した結果、うつ病はどうなるのか

お薬の効果によりうつ病によって特に強く出すぎていた、憂鬱な気持ちや抑うつ気分が少し軽快していきます。

その結果、気分が落ち着いて冷静に判断できる余裕が頭の中に出てきたり(結果としてミスが少なくなることも)、睡眠が取れるようになったり、食事や外出ができるようになるといった、心理面の余裕と生活リズムの回復による身体的な負担の軽減を目指すことができます。

うつ病治療の経過と共に、体力と精神的な余裕が出てくる頃には、強い倦怠感が軽快したり、少しづつ意欲がわいてきたり、自分の考えや意思が自ずと出てくる方も多くみえるのです。

 

うつ病の症状が軽快し始めたら

生活のリズムを整えるために、睡眠が昼夜逆転していないか、食事はきちんと摂っているかなどを見直しながら取り組んでみましょう。また無理のない範囲で、簡単な運動や、外出なども体調に応じて取り入れることも効果があります。

 

体調によっては仕事を想定した、外出やトレーニングも適切と考えます

例えば、午前中から図書館に行って、何時間か本を読んでみる。カフェに行って雑誌を読んでみる。電車やバスに乗ってみるなどの行動も有効です。

このような治療の行動や取り組みも、うつ症状に対して無理しすぎないためにも、医師と共に相談しながら進めていく事をお勧めいたします。

 

うつ病は適切な治療を行えば、軽快・改善する疾患です

辛いと感じたときには、早めに心療内科・メンタルクリニックなどの医療機関へご相談ください。

 

ひだまりこころクリニックは土曜日・日曜日も診療している心療内科・メンタルクリニックです

平日夜6時半まで診療しています。また、土曜日・日曜日も午後17時まで診療を行っております心療内科・メンタルクリニック・精神科ですので、お気軽にご相談くださいませ。

 

ひだまりこころクリニック

 

==うつ病に関するその他のブログはこちらから==

 

うつ病の発症原因とは「気づかないうちにストレスと感じていることも」

うつ病は身近な病気です「どうしてうつ病を抱えやすくなったのか」

うつ病は気持ちの問題ではありません「つらい時こそ頼れる心療内科」

気になる症状がある時は「うつ病かもとお悩みの方へ」

辛い悩みを相談してみませんか?”うつ病について”

うつ病の初期症状を見逃さないようにしましょう

うつ病の症状「疲れているのに休めない貴方へ」

うつ病の特徴「うつ病にかかりやすい人たちの傾向」

うつ病の人に接する際に”心がけること”「焦る気持ちは禁物です」

無理せず早めに相談することが大切です「うつ病治療で医療機関を探すポイント」

環境の変化や仕事のストレスに要注意「うつ病になりやすい人の傾向」

 

うつ病の詳しい説明についてはこちらから

トップページ

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。