クリニックブログ

クリニックブログ

2017.05.19

レクサプロは他のお薬と何が違う?

レクサプロと、他のうつ病の薬と、何が違うのでしょうか?薬なんて、ただ眠くなるような薬しかないんじゃないの?と思っていませんか?

うつ病の薬(抗うつ薬)で求められるものとして多いのは、より高い効果・より速い効果・より高い安全性です。レクサプロはこの3つをバランスよく併せ持っていることが大きな特徴となっています。

例えば、海外で様々な抗うつ薬の臨床試験16個の成績を解析した結果では、他の抗うつ薬より高い効果(反応率、寛解率)が示され、同時に有害事象の発現率も低頻度であると安全性についても示されています。

また、12種類の新規抗うつ薬の有効性、受容性(薬剤を継続して服用し続けられるかどうか)をメタ解析でランキングしたMANGA研究において、レクサプロは有効性が2番、受容性が1番であることが示され、優れた有効性と高い忍容性を併せ持つ薬剤であると世界的に報告されています。

またレクサプロは他のSSRIと比べて、セロトニンへの選択性が高いため、セロトニンによって影響を受けやすい不安感や焦燥感の改善が特に得意であると考えられています。

その他にも血中半減期が長いことや肝代謝酵素への影響が少ないことなども他の抗うつ薬よりも良い点です。

※セロトニンについて

セロトニンはノルアドレナリンやドパミンなどと同じく神経伝達物質の1つであり、ドパミンやノルアドレナリンのバランスを整えて、精神面においては安定をもたらす物質です。そのため、セロトニンが神経系において不足した場合には、不安感や焦燥感が現れやすくなり、うつ病や不安障害の患者さんの症状を悪化させる要因となります。

主に精神面でのセロトニンの働きをお話しましたが、人間の体内においては消化管粘膜に全体のセロトニン量の9割ほどが存在し、脳内の中枢神経系には2%ほど存在すると考えられています。それほど多彩に体内の多くの場所で働いている物質でなのです。

 

ひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。