あま市,清須市,津島市,稲沢市,愛西市,蟹江町から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
クリニックブログ

クリニックブログ

2016.06.13

ひきこもりの定義

ひきこもりとはどんなことを指すのでしょうか

2010年に厚生労働省が出した「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」によると、

ひきこもりとは様々な要因の結果として社会的参加(義務教育を含む就学、非常勤職を含む就労、家庭外での交遊など)を回避し、原則的には6か月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態(他者と交わらない形での外出をしていてもよい)

という状況を指す現象であり、精神疾患や障害に特定できない場合や、周囲からも受容されている環境である為に支援などを要しない状態も含めて、家庭にとどまり続けている現象を「ひきこもり」と表現して指します。

しかし、統合失調症の陽性症状や陰性症状に基づくひきこもり状態とは一線を引いた現象です。

そして、ガイドラインでは、特に医療や支援・福祉サービスの要する「ひきこもり」について特に対応の必要性を訴えています。

引きこもりでお困りなら心療内科ひだまりこころクリニックへ

引きこもりを生み出す背景とは

引きこもりを生み出す背景としては、精神障害だったり発達障害や、社会的な理由など様々です。

ですので、支援策や対応策は、精神障害だったり、発達障害だったり、はたまた社会的な理由だったり、ひきこもりを生み出す背景によって、それぞれに変わります。

もちろん、支援機関としても、ひきこもり地域支援センター、地域若者サポートステーション、子ども・若年支援地域協議会、といったものが、支援機関としてあります。これらの詳細についてはそれぞれの自治体にお問い合わせください。

そのような支援に加えて、精神的な症状や発達障害の症状のために、引きこもりを呈してしまっている方は、心療内科・精神科・メンタルクリニックなどの医療機関でのケアも大切になります。病状やご自身の認知の面からどうしても引き込まらざるを得ない場合もある状況を治療により軽快したり改善して、社会復帰への支援をサポートできることも多いからです。

また、受診をして病状を正しく知ることで、必要とされる支援や協力について理解が深まり、選択ができたり、提供を受けることが可能になるからです。

引きこもりでお悩みの方の相談ならひだまりこころクリニックへ

もし医療機関を受診してみようかなと思った時には

自分の見知らぬ人たちや、自分にとって慣れない環境にいる場所へ、相談したり援助を受けに行く事は、なかなかスムーズに取り掛かれることではないかもしれません。

もし調べたり興味を持つ最中で、ちょっと受診してみようかな、相談をしてみようかなと思った時には、ぜひお問い合わせください。あなたの、心の変化や取り組み、更には悩みや踏み出す一歩を受け止めるために、社会福祉サービスや、支援機関、医療機関はお待ちしております。

あま市の心療内科・精神科・メンタルクリニックのひだまりこころクリニック

あま市の心療内科ひだまりこころクリニックです名古屋市金山の心療内科ひだまりこころクリニック金山院名古屋市栄の心療内科・精神科・メンタルクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。