アルコール依存症について

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

アルコール依存症について

クリニックブログ

2015.09.25

アルコール依存症について

アルコール依存症とは、一般的に正常に飲酒される人は部類に入らず、多量飲酒をされる方がなりやすいとされています。


厚生労働省によると、飲酒には、「節度ある適度な飲酒」と「多量飲酒」を明確にしています。前者は、「1日20g程度の飲酒」で、後者は「1日60gを超える飲酒」を示しています。酒に含まれる純アルコール量が60gに値し、おおよそ、ビール中瓶なら3本、日本酒3合弱、25度焼酎300mlに相当するようです。


このほか、アルコール依存症ではないけれど、グレーゾーンに値する人の懸念がされています。

アルコール依存症をひとことで言うと、飲酒のコントロールができない、離脱症状がみられるなどが挙げられます。
患者数で見ると、依存症の疑いがある方は、440万人、治療の必要がある方は80万人と推計されています。
アルコール依存症は早期発見、治療が必要です。そのためには、家族が本人の症状を理解、確認することが重要です。

 

甚目寺駅・須ヶ口駅・木田駅・勝幡駅・新清洲駅・大里駅・稲沢駅・国府宮駅・一宮駅・西枇杷島駅・栄生駅・名古屋駅から通いやすい
あま市甚目寺のメンタルクリニック

ひだまりこころクリニック

 

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30