クリニックブログ

クリニックブログ

2015.06.25

アルツハイマー型認知症「治療のタイミングを損なわないために早期発見が重要です」

認知症で多いアルツハイマー型認知症とは

高齢化社会が進む現代の日本ですが、それにともない認知症患者の数もどんどん増えてきています。

中でも多いのがアルツハイマー型認知症です。脳に特殊なタンパク質が溜まり、神経細胞の減少と萎縮により発症します。

 

アルツハイマー型認知症の症状について

アルツハイマー型認知症の主な症状は、記憶障害や判断能力の低下などです。男性よりも女性のほうが発症しやすい傾向にあります。

高齢になるにつれて発症のリスクは高まりますが、64歳以下で発症した場合は、若年性アルツハイマーと呼ばれます。

今の段階では特効薬は存在しません。完治することは不可能であるとされていますが、症状の進行を遅らせることができる薬はいくつかあるのです。

 

認知症の治療のタイミングを損なわないために:早期発見が重要です

認知症治療薬で症状の進行を遅らせることができるお薬があります。

認知症治療のタイミングを損なわないために、認知症症状の早期発見がとても重要になってきます。最初は、小さな物忘れから始まることが多く、進行していくと幻覚や妄想などの症状が出てきます。

それによって徘徊が始まったり、家族など周りの人に対して攻撃的になったりするようになります。

 

アルツハイマー型認知症はゆっくり進行するので、日々の変化になかなか気がつきにくいことも

アルツハイマー型認知症の初期症状の進行はとてもゆっくりとしたペースで徐々に進んでいく特徴があるため、家族でもなかなか気がつかないことが多いのです。

少しでも異変を感じたらなるべくはやく病院に行って医師のアドバイスを受ける必要があるのです。

認知症かもとお困りの方は、心療内科・精神科までお気軽にご相談くださいませ。

 

ひだまりこころクリニックはあま市の心療内科・精神科です

あま市・大治町・清須市・稲沢市・愛西市・津島市・名古屋市中村区・名古屋市中川区からも通いやすい心療内科・精神科クリニック(メンタルクリニック)ですので、お気軽にご相談くださいませ。

 

ひだまりこころクリニック

 

==アルツハイマー型認知症に関するその他のブログはこちらから==

アルツハイマー型認知症の予防「予防するための生活とは」

アルツハイマー型認知症「介助者との関係とは」

アルツハイマー型認知症は段階的に進行します「認知症の早期診断に役立つ心理検査も実施しております」

生活習慣の見直しも有効です「認知症の予防なら」

急に性格が変わったかな?と感じたら「認知症の初期症状かもしれません」

アルツハイマー型認知症の進行「ゆっくりと進む認知症状について」

アルツハイマー型認知症は早期発見が重要です「認知症の進行を遅らせるために」

認知症の60%がアルツハイマー型認知症と言われています

認知症症状に初めは戸惑うこともあるかもしれません「介助者の心のケアも重要です」

 

認知症についての詳しい説明はこちらから

トップページ

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。