クリニックブログ

クリニックブログ

2015.07.01

アルツハイマー型認知症の進行「ゆっくりと進む認知症状について」

アルツハイマー型認知症はゆっくりと進行します

アルツハイマー型認知症になると病気の経過はすべての人が同じではありませんが、症状は共通の段階を経て現れることが確認されています。

現状の医学では、症状が認められない「早期および初期の認知症段階」と「中期の認知症の段階」、そしての「重度の認知症の段階」という三つの段階があると考えられています。

現状の医学では早期および初期の認知症の状況が、どのくらいの期間をかけて、本格的なアルツハイマー型認知症へと発症するか、という点は予測することがむずかしいとされているのです。

 

早期および初期の認知症段階とは

記憶障害の状況というのはこの病気の初期の兆候の一つであり言葉が出てこなくなったり、判断力が低下したりといったことがまず最初に現れることになるのです。

同じ話を繰り返したり、数時間から数分前までの出来事を忘れてしまったりするのです。

 

中期の認知症とは

さらにアルツハイマー型認知症が進行しますと、記憶障害はさらに悪化していくこととなり、認知能力の変化がはっきりしてくることとなります。この段階では迷子になったり、お金の取り扱いや支払いに問題が起きたりするようになるのです。

 

重度の認知症とは

感情や人格の変化が明確に現れるようになります。認知症がより進行しますと記憶障害や錯乱が悪化し、家族や友人の認識もできなくなってしまうのです。

 

認知症の治療も行っております

 甚目寺駅・須ヶ口駅・木田駅・勝幡駅・新清洲駅・大里駅・稲沢駅・国府宮駅・一宮駅・西枇杷島駅・栄生駅・名古屋駅から通いやすいあま市甚目寺の心療内科・精神科・メンタルクリニックです

社会福祉士も常勤勤務しておりますのでお気軽にご相談くださいませ

 

ひだまりこころクリニック

 

==アルツハイマー型認知症に関するその他のブログはこちらから==

アルツハイマー型認知症「治療のタイミングを損なわないために早期発見が重要です」

アルツハイマー型認知症の予防「予防するための生活とは」

アルツハイマー型認知症「介助者との関係とは」

アルツハイマー型認知症は段階的に進行します「認知症の早期診断に役立つ心理検査も実施しております」

生活習慣の見直しも有効です「認知症の予防なら」

急に性格が変わったかな?と感じたら「認知症の初期症状かもしれません」

アルツハイマー型認知症は早期発見が重要です「認知症の進行を遅らせるために」

認知症の60%がアルツハイマー型認知症と言われています

認知症症状に初めは戸惑うこともあるかもしれません「介助者の心のケアも重要です」

 

認知症についての詳しい説明はこちらから

トップページ

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。