クリニックブログ

クリニックブログ

2015.07.02

アルツハイマー型認知症は早期発見が重要です「認知症の進行を遅らせるために」

認知症でお困りではありませんか?

高齢化社会が問題となっている日本において認知症も注目されており、ニュースなどで大きく取り上げられることも大変多くなってきました。

高齢者に多い認知症ではありますが、若い年齢層にも見られる「若年性アルツハイマー型認知症」もあるという点からも関心があるという人は少なくありません。

 

認知症にはいくつか種類がございます

認知症というとそれが病名だと思われていますが、実は認知症の中にはいくつもの種類があります。「アルツハイマー型認知症」、「脳血管性認知症」、「前頭側頭型認知症」、「レビー小体型認知症」などがあります。

その中でも大きな割合を占めており、世界的に見ても最も患者数が多いのがアルツハイマー型認知症と呼ばれるものです。

アルツハイマー型認知症は脳内のタンパク質に異常が起きてしまい、脳内の神経細胞がどんどん破壊されていってしまう病気です。

脳内の神経細胞が破壊されるということは記憶が無くなってしまうというだけではなく、やがては運動障害が起きたり呼吸器に障害が起きてしまったりして死に至ることも珍しくありません。

アルツハイマー型認知症となってしまう原因については研究が盛んに行われていますが、未だ明確な原因は特定されていません。

 

アルツハイマー型認知症は、進行を遅らせる薬物治療があります

進行はとても遅い病気であるために、現在では早期発見によって薬でその症状を遅らせることもある程度出来るようになっています。

ですので、認知症状が大きく進行してしまう前に、出来るだけ早期に医療機関へ相談し診断をすることが大事です。

 

土曜日(午前・午後)、日曜日(午前・午後)も診療している、精神科・心療内科です

津島市・清須市・愛西市・稲沢市からもアクセス良好で、土日も診療を行っている通院しやすい心療内科・精神科です。社会福祉士や精神保健福祉士なども常勤勤務をしている心療内科ですのでお気軽にご相談くださいませ。

 

ひだまりこころクリニック

 

==アルツハイマー型認知症に関するその他のブログはこちらから==

アルツハイマー型認知症「治療のタイミングを損なわないために早期発見が重要です」

アルツハイマー型認知症の予防「予防するための生活とは」

アルツハイマー型認知症「介助者との関係とは」

アルツハイマー型認知症は段階的に進行します「認知症の早期診断に役立つ心理検査も実施しております」

生活習慣の見直しも有効です「認知症の予防なら」

急に性格が変わったかな?と感じたら「認知症の初期症状かもしれません」

アルツハイマー型認知症の進行「ゆっくりと進む認知症状について」

認知症の60%がアルツハイマー型認知症と言われています

認知症症状に初めは戸惑うこともあるかもしれません「介助者の心のケアも重要です」

 

認知症についての詳しい説明はこちらから

トップページ

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。