クリニックブログ

クリニックブログ

2015.09.24

カフェイン依存症かな、と思ったら

カフェイン依存症といわれるものがあります。いわゆるカフェイン中毒です。

どのような症状かといいますとコーヒーを飲むと落ちつくといったカフェインを摂取することになり精神的におちつくといったタバコのニコチン中毒に似たものがあります。

ただこのカフェインは、摂取の多すぎると夜寝られなくなるような不眠症の症状やうつ病、消化器系の障害などが起こってしまう場合があります。また短時間の間にかなり多くの摂取をしてしまうと痙攣などを起こし最悪な場合死に至る場合があります。また摂取出来ないということでイライラ感などが起こる場合もあるので摂取の量には注意が必要であります。

 

このようなカフェイン依存症になった場合は、医師に診て貰う必要があります。心療内科や精神科、内科といった所で検査をしてもらう必要があります。

 

土曜午後も診療、漢方も得意な精神科専門医

ひだまりこころクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。