世界的にはどんな薬がSADに使われているのですか?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

世界的にはどんな薬がSADに使われているのですか?

クリニックブログ

2017.09.13

世界的にはどんな薬がSADに使われているのですか?

世界的にはどんな薬がSADに使われているのですか?

 基本的にはSADにはエスシタロプラム(レクサプロ)などのSSRIが多く使われています。例えば2008年の世界生物学的精神医学会(WFSBP)の治療ガイドラインの中では、しっかりとしたエビデンス(治療意義があることがデータを通して判明している)がある薬剤としてはSSRIではエスシタロプラム(レクサプロ)・パロキセチン(パキシル)・セルトラリン(ジェイゾロフト)・フルボキサミン(ルボックス/デプロメール)やSNRIのベンラファキシン(イフェクサー)の名前が挙がっており、推奨水準も一番高くなっています。

 その他にはベンゾジアゼピン系薬剤のクロナゼパムや抗けいれん薬のガバペンチンの名前が推奨度やエビデンスの質は落ちますが掲載されています。

 ただ、薬剤選択にはこういった面だけでなく、安全性やその人の生活リズムに合うかなどの色んな側面で決める必要があります。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30