五月病に要注意

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

五月病に要注意

クリニックブログ

2016.04.29

五月病に要注意

4月に進学、就職、部署移動などで環境が大きく変わるなか、新しい環境にうまく適応できず高いストレスを感じてしまい、GW以降「仕事に行きたくないな」とか「学校に行くのが面倒だな」という気持ちからうつ状態になる精神的症状を、俗に「五月病」と言われています。

これは、「適応障害」と言われているものでもあり、5月だけではなく、年中なり得るものです。

例えば、

  • 新しい環境についていけない
  • 新しい人間関係がうまくいかない
  • 入試や入社試験といった大きな目標を達成し、次の目標が見つかっていないことによる燃え尽き感を感じている
  • イメージしていた理想と実際の現実へのギャップに悩んでいる

 

など、上記の理由から気分が落ち込んでいるところに「五月病」という固定概念が入り、うつ状態になってしまう節があります。

「うつ病」と似ているので判断がつきにくく、周囲に心配を掛けてしまったり、自分で「うつ病なのだろうか」と悩むパターンもよく見られます。おおよそ五月病の場合、1~3か月程度で落ち着くことが多いと言われています。

 

甚目寺駅・須ヶ口駅・木田駅・勝幡駅・新清洲駅・大里駅・稲沢駅・国府宮駅・一宮駅・西枇杷島駅・栄生駅・名古屋駅から通いやすいあま市甚目寺のメンタルクリニック  

ひだまりこころクリニック

 

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30