励ましと気晴らしは逆効果?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

励ましと気晴らしは逆効果?

クリニックブログ

2017.08.12

励ましと気晴らしは逆効果?

励ましと気晴らしは逆効果

うつ病で元気のない患者さんに「頑張って」と声をかけたい気持ちは、ご家族なら当然です。しかし、うつ病の急性期では、休息によって心と体をしっかりと休めることが大切となるため、励ましや気晴らしは控える必要があります。その理由は、うつ病の急性期では、不安感や落ち着かない感じ(焦燥感)があり、「今、何をやればよいのか、何をやらずにおけばよいのか」という優先順位がつけられない状態になっているからです。このため、ご家族から「頑張って」と励まされても、何を頑張ればよいのか、自分はどう頑張ればよいのかわかりません。さらに、ものの見方が否定的になっているため、「家族の応援に応えられない自分はダメだ」と自分を責め、さらに状態が悪化してしまうこともあります。また、うつ病の急性期には、物事に対する興味や楽しいと思う気持ちがなくなっているため、気晴らしをしても楽しいとは思えず、気晴らしをすることへの興味や関心が持てません。しかし、ご家族や友人から、気晴らしに「旅行に行こう」「買い物に行こう」と誘われると、断っては悪いと考えたり、「せっかく誘っているのだから一緒に行かなくては」と、「~しなければならない」という考え方が強く出てしまい、気晴らしも楽しめず、疲れるだけという結果になりがちです。急性期のうつ病患者さんには、気晴らしを楽しめるだけのエネルギーがないことも知っておきましょう。

 

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30