双極性障害は周りの人が気付きやすい?

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

双極性障害は周りの人が気付きやすい?

クリニックブログ

2017.05.31

双極性障害は周りの人が気付きやすい?

「躁うつ病」として知られていた、気分障害のひとつが、双極性障害です。

その名の通り、気分が落ち込んでいるうつ状態と、反対に気分が異常に高揚している躁状態が、かわるがわるあらわれます。


双極性障害は、「双極性I型障害」「双極性Ⅱ型障害」「気分循環性障害」の3つに分類されます。

うつ病は、本人が自覚しにくく、また、周囲の人たちも病気だということを見落としがちです。
そのなかで双極性I型障害だけは、周囲の人たちが、「ちょっとおかしいんじゃないか、病気か
もしれない」と気づきやすいのが特徴です。うつから躁へ、躁からうつへと振れるので、前に会っ
たときとは別人のようになっていることもあります。

ということで、双極性障害は、病気である、ということが、一般的にも理解されやすいようです。

ただし、ご本人はと言うと、自分が病気だとはなかなか気づかず、病気だとは認めようとしないのは、他のうつ病と同様です。


躁状態になると、早口でしゃべり続けたり、夜もほとんど寝ずに仕事や遊びを続けたり、大きな
買い物をしたり、異性に積極的になったり、荒唐無稽な計画を語り、新しいことを始めたりします。
しかし、この躁状態がずっと続くことはなく、いつか必ずうつ状態があらわれます。


うつ病が現在のように広く知られる以前は、むしろ双極性障害が「躁うつ病」という病気で一般
によく知られていました。

 

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30