強迫性障害のタイプ分け①

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

強迫性障害のタイプ分け①

クリニックブログ

2016.11.16

強迫性障害のタイプ分け①

 

強迫性障害は様々なタイプがあり、さらに多くの場合、複数の症状が重なって出現します。

ここでは、いくつかのタイプをご紹介します。

 

①不潔恐怖・洗浄強迫

自分や家族、あるいは自分の大切なものがばい菌などに汚染されるように感じて(強迫観念)、手を洗い続けたり、ばい菌がついていると感じるものを避けたりします(強迫行為)。

 

②加害恐怖・確認強迫

ガスコンロの消し忘れや鍵のかけ忘れなど、自分の過失によって万が一起こるかもしれない事故や災害が気になり(強迫観念)、確認を繰り返します(強迫行為)。すれ違った人を傷つけてしまうのではないかと心配するあまり、先のとがったペンなどを持つことを避ける人もいます。

 

続いて、明日にほかのタイプもご紹介します。

 

引用文献:図解やさしくわかる強迫性障害

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30