日常生活とカフェイン依存症

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

日常生活とカフェイン依存症

クリニックブログ

2015.09.19

日常生活とカフェイン依存症

日常生活の中で飲用されるコーヒーやコーラ、栄養ドリンクや紅茶などを好んでいる方に多く見られる症状で、カフェイン依存症があります。

この症状はカフェインの過剰摂取によるものが多く、またカフェインの錠剤を服用している方が、さらにコーヒーなどを多く飲用することで現れます。

1日250mg摂取では神経過敏・不眠・興奮・顔面紅潮・頻脈などの症状がありますが、ほとんどの症状に自覚症状はありません。精神症状が主ですので、自覚するまでに時間がかかります。

しかし、神経質な人やうつ病・パニック障害を患っている方では、カフェイン依存症が重症化しやすく症状の悪化を招きやすくなっています。

重症にかかわらず、症状があるようであれば経過観察と休養を行い、多くの症状の場合精神的・肉体的に過労の状態となっているため、栄養を取り心身を休ませる事が大切です。

 

平日は夜19時まで、土曜日午後も診療しています

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30