あま市,清須市,津島市,稲沢市,愛西市,蟹江町から来れるメンタルクリニック・心療内科。うつ、パニック、ADHD、不眠治療なら専門医へ。日曜も診察。

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック
クリニックブログ

クリニックブログ

2016.08.01

【うつ病のケア】朝食をきちんと摂る大切さとは

朝ごはんを食べることは熱中症の対策にもなる

8月に入り、日中の気温もかなり高くなっています。

こんな時には特に気を付けたいのが、熱中症です。

水分や塩分に気を付けている人は多いかと思いますが、今回見直すべきは朝ご飯です。

朝ごはんとうつ病の関連とは

人は寝ているときに、約700mlもの水分が失われていると言われています。

そのため、起きた時には脱水状態だと言えます。

朝、なんとなく食べる気がしないから、と朝食を抜くことで、体の中のバランスが崩れ、熱中症にもなりやすくなるのです。

水分だけ摂れば良いと思うかもしれませんが、それは間違いです。

水分と塩分のほかに、鉄分も大量に失われ、電解質が崩れてしまっていますので、食事を摂ることでバランスの良い栄養をからだに入れましょう。

また、午前10時~12時までの間に、熱中症が死亡事故が一番多いとも言われていますので、朝食は大切です。

バランスの取れた食事とうつ病治療との関連について説明をしております

メンタルヘルスの観点からも朝ごはんは大切

うつ病などのメンタル疾患では、適切な休養の他に、バランスの取れた食事や栄養、更には日中の生活リズムの調整が非常に大切です。

特に朝ごはんを含めて、毎日3食食べることは生活のリズム作りにも欠かせませんし、体調が回復してきて日中の体力を更につけたい方には大変重要な食事です

また、昼夜逆転を防ぐ意味でも、朝は時間を決めて起きて、食事を食べ、歯を磨く、このような一連の生活サイクルが、うつ病からの復帰へも大きな影響を与えてくれるので、まずは少量からも良いので朝食を食べて、1日のスタートをつけていきましょう。

うつ病の症状の経過と再発予防とは

ひだまりこころクリニックは、愛知県あま市の心療内科・精神科・メンタルクリニックです。うつ病などの診断治療も行っておりますのでお気軽にご相談くださいませ。症状やご本人さんのご希望に応じてカウンセリングなどの治療もご提案させていただいております。

ひだまりこころクリニック

あま市の心療内科ひだまりこころクリニックです名古屋市金山の心療内科ひだまりこころクリニック金山院名古屋市栄の心療内科・精神科・メンタルクリニック

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。