クリニックブログ

クリニックブログ

2015.06.22

環境の変化や仕事のストレスに要注意「うつ病になりやすい人の傾向」

うつ病になりやすい人はどのような傾向があるでしょうか??

うつ病になる人は、人に頼まれるとイヤといえずに多くの仕事を抱え込んでしまうことが多いようです。

また、他人に頼み事をするのが下手・周りに相談したりするのが苦手という傾向が、周囲からのサポートを得られにくい状況を引き起こしやすくしてしまう場合もあります。

頑張りすぎてしまうことがあります

こうした回りから力を借りにくい状況でも、徹底的に頑張ろうとしてしまうため、無理がかかって次第に心のエネルギーが不足し、ものの見方にゆがみが生じがちです。

頑張っているが為に、失敗などの結果が引き金となって、さらに強く落ち込んでしまいまいがちです

またそのものの味方のゆがみのために、失敗を受け入れることができにくくなったり、できなかったことに対してひどく落ち込んでしまったりするなどの、心の反動も大きくなってしまっています。

 

うつ病のきっかけには環境の変化があります

職場では昇進や転勤、配置換えなどで、それまでとは違う環境を割り当てられてストレスが高まったことが、発症のきっかけになるケースも多いようです。

また、女性の場合は引っ越しで環境が変わったり、出産や閉経で女性ホルモンが減少することもきっかけになります。

もちろん、結婚や出産などの喜ばしい環境の変化ですら、うつ病のきっかけとなります。

 

女性は、環境だけではなく、ホルモン変動による体調の変化へも影響が大きいのです

人が一生のうちにかかるうつ病の割合は男性に比べて女性の方が約2倍高いことがわかっています。この理由の一つとして女性ホルモンの変化が影響すると考えられています。

月経前症候群(PMS)もホルモンの影響を大きく受けるために、ご自身の心身の面の負担だけではなく、仕事や家庭での周りの人たちとのぎくしゃくなどの関係も生んでしまう事があり、より辛く、悩んでしまう事が多くなってしまうのです。

産後うつ・周産期うつ病とは

女性のうつ病で、特に社会的な影響が大きいのは出産前後に発症する周産期うつ病です。というのも、うつ病の発見が遅れると、母親の状態が子供の発達にまで影響を及ぼす恐れがあるからです。

出産後、気分が不安定になったり、落ち込んだりする、いわゆるマタニティーブルーを経験する人は少なくありませんが、通常は1週間~数週間程度で良くなります。この状態がもし、長引くようならうつ病(産後うつ)に進展している可能性があります。

 

お早めの心療内科・メンタルクリニックへのご相談をお勧めいたします

少しでも調子が悪いと思ったり、またご家族のことがご心配なときは、一度心療内科・メンタルクリニックまで受診ください。

ひだまりこころクリニックは最小限のお薬と最大限の効果を目指した治療方法をご提案させていただいております。

うつ症状に応じて、漢方治療やカウンセリングや心理療法などもご提案させていただいており、常勤の女性医師も複数名勤務しております心療内科・メンタルクリニックですので、お気軽にご相談くださいませ。

 

ひだまりこころクリニック

==うつ病に関するその他のブログはこちらから==

うつ病の発症原因とは「気づかないうちにストレスと感じていることも」

うつ病は身近な病気です「どうしてうつ病を抱えやすくなったのか」

うつ病は気持ちの問題ではありません「つらい時こそ頼れる心療内科」

気になる症状がある時は「うつ病かもとお悩みの方へ」

辛い悩みを相談してみませんか?”うつ病について”

うつ病の初期症状を見逃さないようにしましょう

うつ病の症状「疲れているのに休めない貴方へ」

うつ病の特徴「うつ病にかかりやすい人たちの傾向」

早期治療が効果的です「うつ病の症状が軽くなるとどうなるの?」

うつ病の人に接する際に”心がけること”「焦る気持ちは禁物です」

無理せず早めに相談することが大切です「うつ病治療で医療機関を探すポイント」

 

うつ病に関しての詳しい説明はこちらから

トップページ

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。