甚目寺といえば甚目寺観音

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

甚目寺といえば甚目寺観音

クリニックブログ

2015.06.03

甚目寺といえば甚目寺観音

甚目寺は、愛知県あま市にある真言宗智山派の寺院です。甚目寺観音は、通称で正式名よりも通称で呼ばれることが多いです。そんな甚目寺観音の歴史はとても古いです。597年に伊勢国の漁師である甚目龍麿が漁をしていたところ、当時海であった甚目寺観音のある付近で観音像が網にかかってしまい、その観音像を近くの砂浜にお堂を建てて安置したのが甚目寺観音の始まりといわれています。その観音像は、釈尊の授記を受けて作られたもので信州の善光寺の本尊とともに百済を経て日本へ渡り、585年に海中に投じられた三像物の一つと言われています。
法隆寺や四天王寺に次ぐ日本有数の古い寺院です。重要文化財として、1196年に再建された木造金剛力士像を安置している南大門、1634年に再建された東門、1627年に再建された三重塔があります。
今では、毎月12日に朝市が開催され新鮮な野菜や骨董品、手作りの作品、パンなどが販売されています。また、節分も毎年盛り上がっています。

 

名鉄津島線甚目寺駅から徒歩2分

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30