社交不安障害には、早めの治療を

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

社交不安障害には、早めの治療を

クリニックブログ

2015.07.28

社交不安障害には、早めの治療を

社交不安障害とは、日常生活とは異なるシチュエーションに置かれた際、強い緊張や不安に襲われてしまい、日常生活にも支障をきたしてしまう病気です。

著物によっては社会不安障害と紹介されていますが、これは2008年以前までの呼称で、より実態に近い名称に変更しようという活動があり社交不安障害と改称されました。

具体的な症状としては、大勢の人の前や目上の人と話す際に緊張や不安に襲われてしまい、手のふるえや目まい、赤面してしまうなどの対人恐怖や赤面恐怖があります。

また人前での食事や筆記に緊張や不安を覚える会食恐怖や書痙恐怖といった症状もあります。

これらの治療法には薬物療法や認知行動療法があげられます。

薬物療法にはSSRIや抗不安薬が使われます。これは脳内物質のバランスを整え、緊張や不安を感じにくくしたり、気分を落ち着かせて緊張を和らげる効果があります。

認知療法はどういったシチュエーションで症状がでるのかを調べ、そのシチュエーションに徐々に慣れさせていくという方法です。

社交不安障害は社会での影響や、合併症を起こすこともある病気なので、早期の治療が望ましいです。

 

 

甚目寺駅・七宝駅・木田駅・勝幡駅・津島駅・須ヶ口駅・新清洲駅・国府宮駅・西春駅・栄生駅・名古屋駅からもアクセス便利です

ひだまりこころクリニック

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30