社交不安障害は不安障害の一種です

ひだまりこころクリニック

WEB予約はこちらから(24時間受付)

tel:052-441-0800タップで電話をかける

心療内科・老年心療内科・精神科ひだまりこころクリニック

社交不安障害は不安障害の一種です

クリニックブログ

2015.07.28

社交不安障害は不安障害の一種です

社交不安障害は、大勢の人の前に出たり、よく知らない人と関わるときに緊張してしまい強い不安を感じてしまう不安障害の一種です。

症状は、大量に汗をかく、手が震える、赤面する、トイレに行きたくなるなどがあります。

生活に支障きたすこともあります。社交不安障害に陥る感情としては、自分に自信がない、人前で失敗してしまったらどうしよう、恥をかくのが怖い、他人の自分に対する評価が気になり自意識過剰になるなどの特徴があります。

このような不安は、誰にでも経験があるものですが、社交不安障害の場合はそのレベルがさらに強いものとなり、生活が苦痛になり自分の本来のスキルを発揮できずに不登校やひきこもりにつながってしまうケースも多いため、治療が必要になります。

しかし自分がこの病気だということを自覚していない人も多く、治療のきっかけを逃してしまっている場合が多いのです。主な治療法としては、薬物療法、不安を感じたときの対処法を身に付ける訓練など様々です。まずは医療機関に相談することが大切です。

 

土曜午後も診療、漢方も得意な精神科専門医

ひだまりこころクリニック

 

 

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

ひだまりこころクリニックスタッフクリニックでお待ちしています

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

ひだまりこころクリニック診療時間

休診日:祝日 / ◎の診療時間は9:00-16:30