クリニックブログ

クリニックブログ

2016.11.10

社会不安障害のタイプ分け

社会不安障害の症状や程度は人によって異なります。

 

例えば同じスピーチ恐怖でも

「人前で話そうとすると頭が真っ白になる」

「声が震えてしまう」

「めまいがして立っていられない」など…

恐怖の対象が同じであっても症状は様々です。

 

 

また、社会不安障害は2つのタイプに分けられます

「全般性社会不安障害」と「非全般性社会不安障害」です  

 

「全般性社会不安障害」は、特定の状況だけでなく、他人と接するあらゆる場面に強い不安や恐怖を感じるタイプです。

これに対して、特定の状況だけが苦手なタイプを「非全般性社会不安障害」と言います。

 

傾向として、

「全般性社会不安障害」の患者さまは、比較的若く、独身の方が多く、うつ病やアルコール依存症など併発が多いと言われています。

 

対して、「非全般性社会不安障害」の患者さまは、比較的高齢で、既婚者が多く、併発は少ないと言われています。

 

引用文献:図解やさしくわかる社会不安障害

CATEGORY

ARCHIVE

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

たくさんの方が、同じ様な症状で来院されています。
ご紹介している症状以外でも、「こんなことで受診していいのかな...」
と迷ったらまずは一度お電話ください。

一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください

tel:052-441-0800

お電話でのご相談は診療時間内
電話予約は朝7時から22時まで

WEB予約(24時間受付)

診療時間

※担当医師によっては上記診療時間内であってもご予約がお受けできない場合がございます。ご予約時間についてはスタッフにお尋ねくださいませ。
何卒ご理解のほど頂きまして今後ともよろしくお願いいたします。